5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

       【バス・鉄道事故】       

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 04:09:49 ID:SqV5khQt

  ATS 確認




2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 10:08:04 ID:fHK5uQCY
1000

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 11:01:43 ID:FAGFsZbb
>>2は日勤教育

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 19:34:14 ID:HNqEqDKh
バス、ガス爆発…原発、核爆発。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 01:10:32 ID:WQdYNJjf
東中野

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 01:30:36 ID:???
age

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 10:51:45 ID:KkRs0cd/
上海列車事故

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 01:43:14 ID:???
三河島事故ですね。思い出すのは。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 20:26:29 ID:toE88a+n
飛騨川の転落事故ひどかった

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 00:25:51 ID:Z/Wf8YFu
日本福祉大のスキーバス転落事故

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:54:53 ID:tsP3QPw8
信楽高原鉄道事故

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 02:05:26 ID:XDAxSiN3
桜木町の列車火災 1951年04月24日
京浜東北線桜木町駅で、垂れた架線にモハ63が接触、
ショートしたことから火災が発生し、
逃げ場を失った乗客106名が焼死、92名が重軽傷。
架線工事のミス、運転士が事故発生と同時にパンタグラフ
を下ろしてしまったため、自動扉が開かず、
また窓が中段の開かない3段窓で乗客が脱出できなかったため

出典 失敗知識データベース
ttp://shippai.jst.go.jp/fkd/Search

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 06:56:54 ID:yGI2upU6
1993年頃 新幹線内で乗客が意味不明の発言を繰り返し、乗客をシサツする事件。新幹線内は飛行機ハイジャクより怖いとセキュリティ強化策もでたが 人の噂も75日で終わった事件

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 06:58:56 ID:yGI2upU6
「新幹線妄想乗客通り魔事件 1993」

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 09:22:30 ID:BEtA6FI8
キンタマ丸出し事件

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 07:22:08 ID:zVeLAz0F
>10
犀川スキーバス転落事故
1985年1月28日、国道19号を走行していたバスが犀川に転落した事故である。
1985年1月28日、日本福祉大学の学生ら総勢46名を乗せた三重交通バスは、志賀高原の竜王スキー場へ向かっていた。同校では1月28日から1月30日まで、体育科の授業の一貫としてスキー教室を実施する予定であった。
事故発生時刻は午前5時45分。犀川に架けられた大安寺橋にさしかかる手前の左カーブで、バスはガードレールを破り水深4メートル、水温4度という極寒の犀川に転落。
転落地点は下流に建設された笹平ダムのダム湖にあたる。乗客46名のうち、乗客の大学生22名、教員1名、運転手ら2名、合計25名の命が失われた。助かった21人も重軽傷を負った。
現場は雪が積もり路面が滑りやすくなっており、バスのスピードの出し過ぎが直接の原因であった。しかし、死亡した運転手は事故当日までの二週間を連続して勤務に当たっており、バスの運行を担当する三重交通の責任が問われた。
事故を悼み、事故現場には慰霊碑が建立された。生徒たちが渡るはずだった大安寺橋は撤去されたが、橋にさしかかる直前の道路はいまも残されている。現在ある大安寺橋は新しく架けられたもので、事故後に完成したものである。
日本福祉大学では、事故のあった1月28日を「安全の日」と定め慰霊行事を行ってきたが、2005年より不定日開催に変更された。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 02:01:05 ID:hG6Q+Yp7
>>9
1968年8月17日に起きた飛騨川のバス転落事故は、乗員乗客107名中、運転手二人、少年一人を除く104名が死亡した、
バスの事故としては最大の規模のものです。
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11117/saigai_siryo/1968hidagawbasu/saigai1.htm
旅行会社の企画で「乗鞍岳雲上ファミリーパーティー」が名古屋市内の団地住民を中心に募集された。
岡崎交通バス10数台に分乗、車中泊で乗鞍岳スカイラインでご来光を拝み、夕方に帰着の予定だったが、
折悪しく台風からの湿舌と寒冷前線がぶつかりあい、岐阜県中部は記録的豪雨となった。
道路が寸断され、主催者側判断により途中で中止となったが、立ち往生しているところにダンプ250台分の土砂が崩れ落ち、
5号車と6号車が濁流うずまく飛騨川に一気に押し流された。
夏休み中の企画とあって家族連れの参加者が多く、一家全滅が多数生じている。
遺体は伊勢湾まで流されたものもあり、自衛隊を動員しての捜索は困難をきわめた。
旅行会社、バス会社、国がそれぞれ遺族から訴えられたが、最終的には国の道路管理の責任が問われ、豪雨時の交通規制の契機となる。
現場付近には1年後に「天心白菊の塔」が建てられたが、その日にも遺体が発見された。
今日も見つからない遺体が多数あり、「天心白菊の塔」は怪奇スポットとしても知られている。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 02:39:17 ID:hG6Q+Yp7
厄年を過ぎたあたりの世代だと、この事故の記憶は子供心に鮮明らしい。
http://twopees.seesaa.net/article/539759.html
ニュースで無残なバスの姿や遺体収容の様子が流され、観光バスに乗るのが恐くなった。
まだ上がってないので、ほかに思い出すのは、
近鉄特急トンネル内衝突事故、北陸トンネル急行「ゆきぐに」火災事故、京阪電車枚方駅付近置石事件かな。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 03:11:56 ID:cPpCOFpZ
>>9>>17
この事故のあった当時の事は生まれてないからは知らないんだけど
昔、岐阜に赴任してて、下呂方面に仕事で行くと、帰りは深夜。
国道41号線の天心白菊の塔の付近はドライバーの眠気覚ましの為か
ダムの為か分からないけど不気味なサイレンが鳴り響く。
街灯?代わりにフクロウの不気味な目だけ灯りの付く看板。
(結構たくさんあった。今もあるのかな?)
気持ち悪い…怖い…とビクビクしながら運転してたな。
赴任が終わる頃、そういう事故があったんだよ、って聞かされた。
たくさんの人が亡くなってるんだね。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 16:08:07 ID:HETwvI9E
>>18

つ「きたぐに」

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 20:00:31 ID:YE8LKjQ0
餘部鉄橋から列車転落

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 00:35:10 ID:Jb72i0fn
俺所有のNゲージ脱線

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 04:49:57 ID:fbzMsi0s
北陸トンネル火災事故

1972年(昭和47年)11月6日福井県敦賀市の北陸本線敦賀駅?南今庄駅間にある北陸トンネル(総延長13,870m)で
午前1時9分頃、北陸トンネル内を走行中の大阪発青森行き客車急行列車「きたぐに」の11号車食堂車喫煙室椅子下から火災が発生。
それに気付いた乗客からの通報により、列車は規定に基づいて直ちに停車した(敦賀側入口から5.3km地点)。車掌が車掌弁を引いたという説もある。
乗務員は列車防護の手配(対向の上り線に軌道短絡器を設置し、信号を赤にする)を行った上で消火器等で消火作業を開始したが、鎮火は不可能と判断したため、1時28分頃から車両の切り離し作業に取り掛かった。
しかし火勢の激しさとトンネル内の暗闇で作業は難航。火災車両より後部を切り離した後、火災車両より前部を切り離し作業中に熱でトンネル天井に設置されていた漏水誘導用樋が溶け落ち、
架線に触れて停電したため、列車は身動きが取れない状態に陥った。
深夜帯に発生した事故で列車前部の寝台では多くの乗客が就寝中であったこと、煙が酷かったことなども影響し、避難救助は難航した。
列車の停止した個所がトンネルのほぼ中央で乗客が徒歩で脱出するにはあまりにも遠かったこと、消火器以外に消火設備が全くなく、当時の消防は排煙車もなく、
また消火の為のホースをトンネル内に延展することもできず消防ができる消火作業は何もなく、救助に行くことしかできなかったとされる。
当時、国鉄は電化のトンネル内で火災は発生しないという立場からも排煙設備や消火設備を一切設置せず、またトンネル照明も労働組合から「運転の妨げになる」という反対があったため消灯していた。
火災が無人の食堂車で発生したため発見・通報が遅れたこと、火災車両から発生した猛烈な煙と有毒ガスが排煙装置の無いトンネル内に充満したこと等の悪条件が重なり、
事故の通報を受け、トンネル両側より救援列車が運転されるなどしたが、結果、30名(内、1名は指導機関士)が死亡し、714名にものぼる負傷者を出す事態となった。死者は全員が一酸化炭素中毒死と断定された。
後日談。事故から数十年後タレント久本雅美が列車で北陸トンネルを通過中トイレにたった所、列車外から女性の悲鳴やうめき声を聞いたという話しをテレビで話していた。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 04:55:17 ID:fbzMsi0s
>21
山陰線余部鉄橋列車転落事故

1986年(昭和61年)12月28日午後1時25分頃、香住駅より浜坂駅へ回送中のお座敷列車「みやび」が日本海からの突風にあおられて鉄橋中央部付近より機関車と客車の台車の一部を残して7両が転落した。
転落した客車は橋の真下にあった水産加工工場を直撃し、従業員であった主婦5名と乗務中の車掌1名の計6名が死亡、客車内にいた日本食堂の従業員1名と加工場の従業員5名の計6名が重傷を負った。
この鉄橋からの列車の転落は橋の完成以来初めての惨事であり、原因としては風速25m以上を示す警報装置が作動していたにもかかわらず列車を停止させなかった人為的ミスと見られている。
この事故後、当時の国鉄は運行基準を見直し、風速20m以上で香住駅?浜坂駅間の列車運行を停止し、バス代行(全但バスが担当)とするよう規制を強化することとなった。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 01:08:13 ID:irzF48gS
濁流にのまれた観光バス
バスのワイパーは激しく動いていたが、フロントガラスにあたる雨はぬぐいきれない。
まるで竹を束ねて投げつけるような豪雨であった。そして生きた心地もしないほどの凄い雷の音。
昭和43年8月18日午前1時半。その時刻、名古屋からやってきた15台の観光バスは、ここ岐阜県飛騨川沿いの国道41号線で立ち往生していた。
台風7号の、所によって1時間100ミリを越す豪雨で、41号線の崖がゆるみ土砂崩れで不通になった。引き返そうとしたところへ、また前方で土砂崩れだ。
7号車に乗っていた名古屋市内の団地の人々は不安をおしゃべりでまぎらわせていた。
「乗鞍岳登りもあかんきゃあも・・。」
「あきらめにゃあかんなあ。前夜7時頃の気象台の話じゃあ、この辺は晴れると言うとったになあ・・。」
耳をつんざく雷とともに、右の崖から岩石と土砂が突っ走ったのはその時だ。
7号車に土砂がかぶさり、車体は川ぶちのガードレールにガン!と押し付けられた。
乗客は色を失い、総立ちになった。
そして乗客の目前で、前の6号車と5号車の尾灯が血のような赤い線を引いて、スーッと飛騨川の濁流へ落ちていった。
豪雨の中を、嘘のようにゆっくりと。
呆然とした車内の人々は、次に胸の凍るような恐怖を覚えた。
「落ちた!、15メートル下へ消えた。」
「6号車にゃ、同じ団地の家族が・・・。」
長い魔の一夜が明けた。空は次第に晴れ上がり、渓谷の緑が目に眩しかった。
暑い一日になりそうであった。
道路から見る飛騨川は一昨夜からの雨で普段の数倍にも増水し、赤茶けてわき返る流水にはバスの車体の一部すら見えない。
「あそこへ104人もの人が沈んだ。」
「一歩間違えれば私らだって・・・。」
乗客は身震いしつつ、手を合わせた。
岐阜県警と自衛隊救助班の懸命の捜索で、19日午前1時までに23名の遺体が上がったが、残りは見当もつかない。
1台のバスが見つかったのは、同日午前10時半。転落現場から300メートル下流だった。
午後3時半、上流のダムの水をいったん放水。再び水を入れると、川水は見る間に減り、屋根だけ見えていたクリーム地に赤と白の模様のバスが姿を現したのだ。
巨大なハンマーで押しひしがれたようなスクラップに等しい車体。
それは、この世界でもまれなバス事故の恐ろしさをまざまざと人々に見せつけたのだった。
(飛騨川バス転落事故:『あの事件を追え』より)

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 09:59:36 ID:irzF48gS
昭和43年8/18午前1時20分、北アルプスの乗鞍岳に向かう予定だった岡崎観光の観光バス2台が、岐阜の加茂郡白川町河岐下山の国道41号で、折からの豪雨を避けるために他のバス13台と退避していたところ、
幅30メートルにわたるがけ崩れが起き、15メートル下の飛騨川に転落した。
遭難したバスは5号車と6号車で、名古屋の団地新聞「奥様ジャーナル」社と名鉄観光共催で募集した乗鞍雲上大パーティの参加者が乗っており、
15台で現地へ向かっていたが飛騨高山へ向かう途中で雨がすごくなり引き返していた途中であった。
1号車を先頭に現場に停車していたが、前後でがけ崩れがあったため、1号車から4号車までが後方へバックして、5号車、6号車が先頭車両となっていた。
ほとんどの乗客はこの時、寝ていたという。2台のバスには107人が乗っていたが、バスから投げ出されて木にしがみついて助かったのは3人、
後の104人はたまたま事故当時に5号車にいた3号車の運転手を含め全員、飛騨川の濁流の中に消えたのだった。
遭難したバスの乗客は団地の大幸住宅、仲田住宅、千種東住宅、若水住宅、引山住宅、天神下住宅の住民で、乗客の中で助かったのは14歳の少年だけ、他の2人は運転手と添乗員であった。
少年の証言。「落ちたバスから、どうやってはい出したか覚えがなく、気がついたら川岸の木の枝にしがみついていた。
くらがりの中に見える光をたよりに、約30メートルはいあがって助けを求めたが、みんな水にのまれたのでしょうか」。
運転手の証言。「目の前に大きな石が落ちてきた。あっと思ったら、もう身体が浮きあがり、バスは一回転して水中に落ちた。
フロントガラスが割れているのがわかったので、そこから夢中で逃げ出した。
濁流と戦ってがけまでたどりついたが、それ以上ははいあがる気力もなかった」。
添乗員の証言。「スリップしたときのようにスースーと足から落ちた。どこから逃げ出したか、突然のことで思い出せない。
夢中でたどりついた岸に木が生えていたので、しがみついて助けてもらいました。木がなければどうなっていたか…」。
引山住宅こと千種区の市営猪子石原住宅では3家族が一家全滅、いずれも満州などからの引き揚げ後、同住宅に居住していたという。
引き揚げ以来、行動を一緒にして、ようやく旅行なども楽しむ余裕が生まれた時の事故だった。
千種区の仲田住宅でも中日新聞社員の一家が全滅、旅行に出かけていなかった家族も自分以外の家族ほとんどを失ってしまったり、違うバスに乗っていて自分だけ助かったが残りの家族が犠牲になったという悲劇もあった。
目撃者によれば、事故はあっという間の出来事だったという。
7号車の運転手は語る。「気象状況が悪くなり、乗鞍登山が中止になってバス10台は益田郡金山町のモーテルで小休止したあと、名古屋に引き返す事になった。
午前1時を過ぎ、乗客のほとんどはシートにうずくまって眠っていた。危険を避けながら注意深く進んでいたが、現場付近で1号車から9号車までが鉄砲水を警戒してストップ。
各車からは予備運転手が車外へ出て、車のヘッドライトをはずし、山くずれと鉄砲水を警戒した。突然ドーッドーッという音。5、6号車の赤いテールランプに土砂が当たったかと思うとスーッと川の方へ流れた。
“落ちた”と思わず叫んだが、落ちたところは真っ暗で、何もかも濁流の中に消えてしまった」。
8/19、下流300メートルの左岸から水没したバス1台が発見され、飛騨川や木曽川などで犠牲者も次々に発見された。
その後もバスの引き上げ、犠牲者の発見は難航を極めたという。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 10:08:53 ID:irzF48gS
横須賀トレーラーバス炎上事故
昭和25(1950)年4月14日午前11時半ごろ横須賀駅発三崎行き京浜急行大型トレーラーバス =運転手三崎町日出 富田又吉(37)車掌大関のぶ代(19)同 鳥井はつ子(19)= が横須賀市林1800地先進駐軍武山部隊南門前県道にさしかかった際、
突然後部客車内に持ち込みのガソリンに引火して忽ち燃えひろがり乗客中焼死者16名、重軽傷者31名を出した。急報により武山署並に地元消防団、進駐軍武山の将兵がかけつけ、負傷者は直ちに進駐軍部隊で応急手当を加えたうえ、横須賀共済病院に収容、
また軽傷者は付近の交番および民家に収容した。
惨! 目を覆う現場 客車内のガソリンに引火
急報に接し記者(山口横須賀支局長)が現場にかけつけると定員54名の大型トレーラーバスが車内全部焼けただれ、
道路側には焼死者の死体がおかれ全く大震災のころを想わせるに悲惨な光景で死体は衣類、頭髪などが全部燃えただれたため全く男女の性別を見分けることが出来ないくらいであったが、
記者に、軽傷者のうち付近の交番に収容された三浦郡初声町下宮田 小田けいさん(42)、三崎町城ケ島 漁師浜名一郎さん(21)、東京都台東区根岸 自転車業石井辰之助さん(22)、三崎町原 無職奥田てい子さん(38)がこもごも語るところによると、
客席の真中か少し前の方にこもをかぶったガソリン缶らしいものがおいてあり、車内は何となくガソリン臭かったが誰も気にとめなかった。
ところが現場10メートル位手前で突然火を発し、あっと言う間に車内が火につつまれてしまった。それからは全く夢中でした。
といっており、全く瞬間の出来事だったらしい。
●ガソリンの突然発火は偶然か?●
三浦半島最大のバス事故だ。
記事中には焼死者16名とあるが、『横須賀市史』には焼死者19名とあり、その後に死者が増えたということだろう。
ヘンなにおいに満員の乗客たちはうすうす気付きながらも気にしていなかったところに突然の発火・・・。
しかもモノがガソリンで当時のバス内部は木造だったから、本当にあっという間に地獄と化したのだろう。
当時は車両不足の中で旅客輸送を増やそうと大型のバスが各地で導入された時期で、上の画像(日野製)にあるような最大96人が乗れるようなバスも登場していた。
扉は2つで、車掌が2人乗車するタイプだ。京急の当時のバスもおそらくこの型だろう。
しかしこのような火災の中で、しかも前の方でガソリンが発火したとすればもうこの中はただの”燃える箱”だ。
出口は後にしかなく、窓からは逃げにくいのだ。満員の乗客たちが大パニックを起こしたことは容易に想像できる。
しかし、何でガソリンが突然発火したのだろうか?しかも”現場10メートル位手前で突然”である。
現場は林ロータリー(現林交差点)を超えて三崎方面に少し行った、現在自衛隊少年工科学校前・・・
そう、『三浦半島最大の謎を訪ねる〜林・お化けマンションの怪』で紹介した場所なのだ。
工事途中のマンション廃墟が横たわるこの地は本当に怖い噂が絶えないが、そんな中でこれだけの大事故が、しかも現場直前でのガソリン発火である。
何か深い因果を感じざるを得ない。
現在、バスや電車にガソリンなどの危険物の持ち込みは法律で禁止され、さらにトレーラーバスはその操作性から1950年頃を境に急速になくなっていき、バスの非常口の整備は進んだ。
これらの改善は19名の尊い犠牲の上に成り立っているのだろうが、そもそもガソリンを発火させたのがこの地に潜む”得体の知れない何か”だったら、それは時代を越えて、やっぱり怖い。
http://miurahanto.net/20th/19500415.html


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:26:22 ID:LaUISwdE
>>26
伊勢湾で発見された遺体もあったらしいね。

>>27
ガソリンと言えば安治川口駅のガソリンカー事故。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 21:22:10 ID:mmV4Kkl7
東名のトンネルでも事故があったよね。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 20:09:50 ID:sGWdnWr4
>>29
1979年(昭和54年)7月11日に下り(現在は上り右ルート)日本坂トンネル内で173台の自動車の玉突き事故が起こり、消火設備も役に立たず、7人が死亡し65時間燃えつづけるという未曾有の事故となった。
この事故によりトンネル内での防災設備の重要性が再認識された。東海道の大動脈である東名高速道路が1週間ほど通行止めになり、7月18日に上り線を利用した対面通行で仮開通したものの、完全な復旧は事故から60日後の9月9日となった。
この影響で静岡県内の国道1号などの並行道路や当時全通していなかった中央自動車道の未通区間並行道路では大渋滞が発生した。

過疎ってるけど専用スレ立ってるよ

http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/archives/1155876319/



31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 22:39:54 ID:???
>>30
詳しく有難う。
日本坂トンネルって言葉が出てこなかった…。
173台も玉突きで7人の死亡で済んだんだと思ったら、
実際事故に絡んだ車は少ないんだね。



32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 23:08:12 ID:/gXqVR61
俺の友人が、修学旅行で新幹線に乗ろうとして、乗車駅の新横浜駅で足止めを食った。
2006年10月25日、JR東海の社員が静岡駅で飛び込んだ、あの人身事故。

目的地を書くと、学校が特定されてしまうかな。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 02:27:36 ID:xzFB39un
俺が小学6年の昭和50年に住んでいた長野の青木湖でスキーバス転落事故があった。
元旦早々からテレビはそのニュース一色だったと覚えている。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 01:31:28 ID:obkX4NI0
最新の「新潮45」に交通の怪事件が特集されています。

驚いたのは、飛騨川のバス転落事故で、乗客として唯一助かった、当時中学生だった男性が、
その後自殺したということ。
また、>>25にあるように夕方の天気予報では天気は好転し、翌朝は晴れと出ていたのが、
局地的な低気圧の発生で数時間後には大雨警報となったこと、
遭難した車両は地元の人の制止を振り切ったことなど、いくつか新事実が出ています。

35 :名無しの車庫前:2007/01/19(金) 02:19:58 ID:/h56VVGG
 

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 21:03:32 ID:???
印象深いのは豊浜トンネルの事故かな
事故の翌日ぐらいにバスの救出に一週間くらいかかると
発表があって、マスコミがえらく開発庁?を叩いてた。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 20:48:19 ID:eu3tdMQg
2002年11月6日、東海道本線塚本〜尼崎間で起きた人身事故。
「探偵ごっこ」と称して線路に侵入した厨房を、新快速がはねる。
救助作業中に今度は特急が来て、はねられた2人の消防隊員のうち1人が死亡。

1つのスレとして独立させたい話題だな。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 21:05:03 ID:YW1xVPak
やっぱりみやび転落でしょう
で、そのときのDD51の番号誰かわかる人いる?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 13:01:02 ID:wsxIb5b4
今日は何の日 フッフ〜ゥ♪

釈迦岳トンネル落盤事故

おもっ糞テレヴィでキタ-----(゚∀゚)----!!

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 01:45:48 ID:nb1c+w8N
やっぱり地下鉄サリン事件ですよね


21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)