5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

グローリー【南北戦争】

1 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/10(月) 22:12:00 ID:octYWYnO
戦争映画の隠れた名作

監督:エドワード・ズウィック
出演:デンゼル・ワシントン、マシュー・ブロデリック、モーガン・フリーマン

2 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/10(月) 22:36:50 ID:JPayeb0l
副官の人、ロビンフッド・キングオブタイツに出てたね。
知的なワシントンがニガーの連発をしていたのが印象的だった。

3 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/10(月) 22:49:27 ID:lyNOLBXN
最後の戦闘シーンはネ申

4 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/10(月) 23:37:15 ID:qJB9zC4n
前夜の魂から迸り出る歌と告白
白人連隊から送られる声援
海風にはためく連隊旗
送り返されて走り去る馬
抜刀と共に突撃する黒人連隊
・・・
涙無しでは観られぬ、戦争映画で心底感動した稀有の傑作

5 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/11(火) 17:22:33 ID:ks5VX+or
普段DVD買わない自分が唯一買った作品。
格調ある戦記ドラマ。

6 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/14(金) 23:41:29 ID:Q5iyJLK5
これ、凄くいい映画なんだけど、見た人少ないんだろうな
残念だよ


7 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/15(土) 00:02:23 ID:jEFiCVxs
首に受けた傷の手当をしてもらっているブロデリックが奥で「足を切らないでくれー」と悲鳴をあげる兵士をカーテン越しにじっと見つめるところ。戦争の悲惨さが伝わってきてよかった。
冒頭の「スキャナーズ」シーンといい、話自体は優等生的でもこういうところはエゲつなくやるのがズウィックのいいところ。

8 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/15(土) 00:07:19 ID:7GN8QuYR
>>2
ソウに出てるよ。

ラストサムライが結構ツボだったから観たけどこれいい。
突撃シーンめちゃくちゃ感動した。

9 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/15(土) 10:49:53 ID:JExyD41D
時代考証がかなりしっかりしている。
特に北軍の軍服の再現度がすばらしい

10 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/15(土) 18:31:33 ID:dp6TeAfH
>優等生的でも

ブロデリックの配役といい、ストーリーの「優等生的」構成といい
黒人俳優との絡ませ方といい、確信犯
アメリカは好きじゃないんだけど、その圧倒的底力に瞠目せざるを得ない
力技で感情移入させられる逸品、ラストはどうしても目が潤む

11 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/15(土) 18:51:44 ID:vLg7iLPY
アメリカ人はがさつだ、と言うイメージがあったが、実は緻密に考えているということをハリウッド映画で学んだ。
もちろんくだらないB級映画も多く存在するが。

12 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/15(土) 23:24:00 ID:lliciHMz
やっぱり、知ってる人は知ってるんだ
少し安心した

13 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/15(土) 23:24:59 ID:lliciHMz
ちなみに>>6です

14 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/16(日) 01:49:19 ID:Hn5wSa7W
差別を跳ね退けるためには自らの血をもって証明するしかなかった黒人達…
人間の誇りを賭けて戦う彼等に涙が止まらなかった。

15 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/16(日) 12:42:05 ID:TOXoMPH3
戦闘の始まる前、北軍の兵士達が現在の野球に繋がるゲームをしていたり、
封鎖で、物資が欠乏気味の南軍兵士のズボンがツギハギだらけなど、細かい
描写には感心した覚えがある。
しかし、銃列の前で隊伍を組みながら行進してたら、戦死者も多いだろうなぁ
散開して伏せろよと何度思ったことか。


16 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/16(日) 14:20:26 ID://kJI1/B
大規模なロシアン・ルーレット状態だもんな

17 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/16(日) 16:37:14 ID:wdGEnSxO
>15
実際に南北戦争当時の再現をしてる団体が検証を行ったそうで、エキストラの殆ども彼らだったそうだ。(しかも無給)






18 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/16(日) 18:34:44 ID:62fhItsV
>>17
へー(・∀・)

19 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/16(日) 18:53:19 ID:Hn5wSa7W
>>17

「ダンス・ウィズ・ウルブス」にも彼らが協力している。

20 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/16(日) 19:44:20 ID:zFHGP5y+
同じ団体が協力してても、断然「グローリー」がいいと思う

21 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/16(日) 20:08:55 ID:C87dF9Ga
再演者をほめるその口で、「パンツァー鋼鉄師団」を貶す
おまえたちの二枚舌を僕は絶対に許さない

(エマソン)

22 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/16(日) 23:43:05 ID:Hq2qPBKj
ブロデリックの起用に関して、いろいろ論評する向きもあるようだが、
彼の存在がこの映画を名作にした遠因だと思う。
連隊長が倒された時、残った将兵が一斉に立ち上がるシーンは、
442連隊戦闘団のエピソードをもろに連想させて、そう来るだろうと
判っていても、胸が熱くなるのを禁じ得なかった。
「ライト・スタッフ」や「暴力脱獄」のように、女には見せても
判らんだろうし、見せたくもない映画の一本だ。
Go For Broke!

23 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/16(日) 23:50:03 ID:8KFG8tKC
ハーバードを出て、こんなナイーブにしてガッチリした男映画を作るズイック。
三島ファンなんだろな、と勝手に思っている。


24 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/17(月) 00:11:40 ID:ZeJBX74o
>>22
童貞乙

25 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/17(月) 17:43:10 ID:+OY4vJ1t

真性春厨、懐かし映画のこんなスレにまで現るw

26 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/17(月) 19:49:52 ID:eI2ERqaD
reenactors(再演者)+civil war(南北戦争)とか+Gettysburg(ゲティスバーグ)とか
Antietam(アンティータム)でイメージ検索すると、この服装倒錯者もとい
歴史服飾研究家たちが、どれほどこの映画を支えているか判るというもの。

正直、彼らの年次総会をクライマックスの大戦闘シーンに、ちょこちょこドラマをつければ
一大南北戦争巨編が作成可能(べつにグローリーが、ってことじゃないよ)


27 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/17(月) 20:44:59 ID:p0TD3KiG
ズウィックが重大犯罪を起こしたあげく、チンポおったてながら自殺した真性マゾの仮性ホモ野郎に影響を受けているとはとても思えない。
突き抜けた変態性のなさがズウィックを二流のレベルに押し留めているとも思える。

28 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/18(火) 02:21:03 ID:S5L03V++
>>26
>正直、彼らの年次総会をクライマックスの大戦闘シーンに、ちょこちょこドラマをつければ
一大南北戦争巨編が作成可能


「ゲティスバーグ」や「ゴッズアンドジェネラルズ」はまさにそんな映画だな。
彼等の協力なしには成り立たない。

29 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/18(火) 12:14:25 ID:StmeBebv
>>22
ライトスタッフは女にもわかるだろ。
眼下の敵は女には絶対わからない映画。

30 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/18(火) 14:25:53 ID:S5L03V++
何でそう決めつけたがるんだ

31 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/18(火) 19:18:16 ID:FRT7AiAi
>>22だが、「ライトスタッフ」を結婚する前の嫁と観に行って
興奮してた私の横で爆睡された。
子供が2人いてどちらも女だが、そのどちらもこれを観ると、
揃って「またこれ〜?」と言う。「グローリー」への反応もほぼ同じ。
ソースとしては信憑性が若干乏しいので、一応「判らんだろうし、
見せたくもない」とした。 
確かに不倫は童貞だ。 それは認める。

32 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/18(火) 20:58:32 ID:kAnLMj/I
そういう環境で「グローリー」を見ると、また一味違うんだろな
倒れたブロデリックを自らに仮託してない?・・・・w

33 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/19(水) 13:26:47 ID:gG1Dlzk9
ワグナー砦は、あの戦いのあと、南軍が放棄したので、
いとも簡単に手に入れることができた・・・という事実が悲しい。

34 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/20(木) 06:13:19 ID:5RMSpzyR
この映画良かったなーと思ってスレを見に来ましたが
女の悪口大会になりそうなので帰ります

35 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/20(木) 09:41:21 ID:J/MdN5UZ
Fix Bayonets!!!

36 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/20(木) 10:15:07 ID:x9WYpTvc
>>34
女は判らんと言ってるは、自分の身近にいた女性のみの反応からだろw
ちなみにうちのカミさんは、この映画俺以上に感動してたし、眼下の敵も大好き
なんだが…

37 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/20(木) 10:46:24 ID:MitfVz72
>>36
マジすか?良い女性を見つけましたな。

38 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/20(木) 11:00:18 ID:x9WYpTvc
うん、ワグナー砦のシーンはぼろ泣きしてたな、良い女性かどうかは別としてw

この手の映画としては、第二次世界大戦ものに「ブラインド・ヒル」というのが
あるね。黒人戦闘機隊の実話でグローリーには及ばないけど。

39 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/20(木) 11:04:47 ID:VfQAJwHb
OPのアンティータムの方が好きだな。
確かワグナー要塞への攻略方法、史実と左右逆、乃至南北逆だったような

40 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/20(木) 11:22:48 ID:PZo1fyHJ
ラップのPVにこの映画の映像使用したのがあるけど(タイトルはGlory)、誰の曲だったっけ?

41 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/20(木) 11:24:09 ID:MitfVz72
テーマ曲はジェームズ・ホーナー。


42 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/21(金) 19:47:13 ID:JyOe4eZD
>>41
ワグナー砦の死闘の音楽は鳥肌
元ネタがあるらしいが

43 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/25(火) 01:03:35 ID:qADFPQN9
料理の鉄人

44 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/26(水) 00:34:26 ID:jASFTwLq
最後の突撃の夜に歌っていた歌って
CD化されていないんですかね。
コールドアンドレスポンスがある辺り霊歌の一種だと思うんですが。

45 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/27(木) 15:19:55 ID:xT6nCTfD
チャーーーージ!!!

46 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/23(火) 20:17:30 ID:sCRi1q8S
決してハッピーエンドとは言えない終り方だが、不思議と後味が悪くない。
デンゼルの突撃前夜のスピーチは泣けたなあ。

47 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/24(水) 01:12:09 ID:3xHWxqFj
>>42
俺も、俺も!
んで、ギャングオブニューヨークのCMでこの曲が流れてて
この曲を期待して行ったんだが、結局この曲流れねぇんだよな。

48 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/24(水) 19:22:18 ID:bviX/s8o
行進教えてた曹長どう思う?

49 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/24(水) 19:34:23 ID:fxq8pS2v
すごく・・・小さいです

50 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/24(水) 19:45:40 ID:ZEEGZvS3
ハートマン先任軍曹の祖先か?って感じ。
でも黒人連隊が出陣する時に敬礼して送り出してたのが印象的だった


51 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/24(水) 19:51:07 ID:ScVhNRuN
この映画は良い

52 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/25(木) 00:06:08 ID:3X/5AiAu
ズゥイックは正しい映画を作る。
普通あんまり正しいと、面白みがないが、グローリーはとても正しいのにとても感動する

53 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/25(木) 00:52:11 ID:XaFaSZZD
ラスト侍なんかで泣いたとかほざく奴に観せてやりたい

54 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/25(木) 11:33:02 ID:87oe6yuH
ショーが死んだ時のトリップの行動は白人に先を越されて悔しいって態度の表れですよね。

55 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/25(木) 16:33:42 ID:drN0W7Zt
耳元で銃撃ちながら撃たせる訓練のシーンは好きだな。
いかにも実戦知ってる将校らしい方法だと思った。

56 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/25(木) 19:31:13 ID:87oe6yuH
グローリー並みにおもしろい映画他にない?

57 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/26(金) 14:03:26 ID:lUbpTAlm
ミッションなんていかが?

58 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/26(金) 14:09:54 ID:5Mnp08Qx
>>54
人種を越えて一つになった瞬間だと思った。
>>55
ラストサムライでも似たようなシーンあったな。

59 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/26(金) 20:38:49 ID:uXE4A5iH
メガネ紳士が立派に戦えるようになったのは曹長のおかげ

60 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/28(日) 18:17:23 ID:YHxML/X5
Mulcahy曹長age

61 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/28(日) 18:26:18 ID:Ufiehovp
この映画を好きな人のうち、8割くらいは
スターシップ・トゥルーパーズも好きだと思う…。

62 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/28(日) 19:14:55 ID:auI3++cT
何故に?

63 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/28(日) 19:49:11 ID:fXHd+sFD
眼下の敵見ろ

64 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/28(日) 20:00:27 ID:YHxML/X5
最後の突撃は何度見てもいい。

65 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/29(月) 00:44:35 ID:mNhcUq3A
ズウィックって特攻とか玉砕する話が好きなのかなぁ

66 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/29(月) 01:21:55 ID:uofue1IH
>>62
えっとね、主な戦法「突撃!」&勝ち目のない戦いに挑むから。

67 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/29(月) 17:38:58 ID:o2F+4mX+
マルケイ曹長age

68 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/29(月) 22:37:58 ID:52X/GUdT
>>65
人間が信念を貫く姿が好きなんだろう。
マーシャル・ローも民主主義への信念への賛歌だったし。

69 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/30(火) 20:34:01 ID:A9ILMIwN
この作品好きな人は成長物とかが好きそう。
マルケイ曹長の下、成長していく黒人達というのがいい。

70 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/30(火) 20:44:35 ID:fRQp+oVd
マルケイ曹長の「もっと成長が必要です」っていうセリフが好き
あれはショー大佐の甘さも暗に指摘してるんだろうな

71 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/31(水) 00:09:40 ID:vV/hSisf
軟弱なメガネ紳士をマスケット銃で容赦なくシバキ倒すマルケイ曹長が最高です

72 :無名画座@リバイバル上映中:2006/05/31(水) 23:40:42 ID:K40jzTo7
フォーブスはかっこいい

73 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/01(木) 00:11:54 ID:W53iG+2H
マシュー・ブロデリックとケイリー・エルウェスは撮影中あまり仲が良くなかったらしい。
DVDの音声解説でズウィックが言ってた。

74 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/01(木) 01:42:55 ID:wuAeGWUw
間違いなく歴史映画の最高傑作だなこれは
フォート・ワグナーのときの音楽はネ甲降臨だね
何回も見たくなる

75 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/01(木) 19:38:26 ID:B7tk6FR5
ジュピターとか他の脇役も個性が充分に発揮できてていい。

76 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/02(金) 20:50:38 ID:p0Tdo2Hg
>>68
>人間が信念を貫く姿が好きなんだろう。

素晴らしすぎるぜズウィック。

77 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/03(土) 12:23:07 ID:COkl68mM
フォーブス

78 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/05(月) 21:04:28 ID:vf7jFP4+
ラストサムライよりいいな。最初の戦い(ジェームズ島)で超至近距離で撃ち合うところが胸を締め付けられた。戦争映画はイーストウッドの「硫黄島」に期待。

79 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/06(火) 11:13:25 ID:0Ki1kflq
けっこうでかいレンタル屋行ったらプラトーンっていう戦争映画が一番数が多く
おいてあってパッケージの裏を見ても絶賛されてたから見てみたら全然グローリーの
方がおもしろかった。

80 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/06(火) 11:48:18 ID:llSaoTS1
射撃の上手い黒人兵士に隊長が「私より早く撃ってみろ」みたいな感じで
リボルバー連発で空に向けて撃つシーン。もちろんマスケットなんかで
早く撃つ事なんか無理なわけで。

そのシーンでなぜか泣けた。自分でも分からんが号泣してた なんでだろ?




81 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/06(火) 12:47:47 ID:5KTZ1Mzu
>>80が「射撃の上手い黒人兵士」の煽り立てられた気持ちと傷つけられた
誇り(初心者の思い上がり)にシンクロしたからでは?
中学の時、初めて部活動をやって、負け残り競争をやらされた時、
仕事で絶対必要な資格を取る為に、同僚と一緒に試験を受けなければ
ならない時、その時の気分をまざまざと思い出して、私は暗い同情と
ともにあのシーンを観た。

82 :オルグレン:2006/06/06(火) 17:08:31 ID:a/NTmLq+
ウテッ!

83 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/07(水) 14:34:46 ID:053GOR01
マシューが主演男優賞に選ばれなかったってことは
他の映画にもっといい演技をしたのがいたってことですよね?
どの映画の誰ですか?

84 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/07(水) 16:59:39 ID:WjsHVoZM
ジュピター・シャーツ?だったっけ?いいよね、あの人。
デンゼルやモーガンに負けず劣らず印象に残ってる。

85 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/09(金) 22:18:47 ID:n1He0Tth
リスを撃っていたので…

86 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/23(金) 23:55:13 ID:z72wcWnN
age

87 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/24(土) 17:16:45 ID:hvoo1Y1Z
>>83
『マイ・レフトフット』のダニエル・デイ・ルイス。
『父の祈りを』での演技も『フィラデルフィア』のトム・ハンクスよりずっとよかった。

88 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/28(水) 16:13:07 ID:LrJq/lWR
評判いいけど俺は微妙だな。

典型的な、黒人受難映画。特典解説映像によると
「デンゼルワシントンに鞭打ちをやらせたのは失敗だった」
とブロデリックが解説していたが、個人的感情じゃなく、映画設定でも
あれは「マズー」な行為だったらしいね。

果たしてそうかね?軍隊だろ?ハートマン軍曹じゃねーけど、そこらへん
軍隊は平等だろ?交渉的にも鞭打ち刑は白人兵士にも普通に行ってたポピ
ュラーな罰だろ。あそこでデンゼルワシントンが涙を流したシーン・・・
あれなんかすげーキモカッタ。

89 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/28(水) 21:08:00 ID:gEJ+jJwh
へぇそうなんだ。
俺はあの鞭打ちシーン感動しちゃったけど。

90 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/29(木) 01:12:55 ID:0VUFslfq
>>88
最低。

91 :88:2006/06/29(木) 13:44:27 ID:b5Ggnoa/
デンゼルの背中の鞭の跡に、教官や指揮官が考慮する必要があると思う?

白人兵士にも普通に行われていた罰だよ。もっともここは軍隊。
特別扱いする必要あるかね?もちろん刑は執行されるけど、悩んだ感情が余計。

インテリ黒人(シャバの友人)がタメ口聞くのをショー大佐が止めさせたのは良かったけど、
この鞭シーンで一気に萎えた。

92 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/29(木) 14:05:56 ID:1qF2nWgV
グローリー

93 :88:2006/06/29(木) 19:32:02 ID:+LRqhURj
まずショー大佐と、黒人達の心情を平行して描いたから ちょっと映画的にストーリーが弱くなってしまったきがする。

いい人ぽい童顔ブロデリックを採用した点、制作サイドははじめからそんな気はないんだろうけどね。

黒人キャストが優秀すぎるので、ばっきりいってブロデリックが霞んだのは事実。

指揮官として映画上でも感情を一切ださず ⇒ 最期の戦死シーン だったらこの映画は深まったと思うんだが・・・。



94 :無名画座@リバイバル上映中:2006/06/30(金) 02:11:09 ID:XACVG7DQ
>黒人キャストが優秀すぎるので、ばっきりいってブロデリックが霞んだのは事実。

部下達の方がよほど人格者に見えるもんねぇ(w
こういうバランスのキャスティングになってしまうのは仕方ない事かも知れんが。
部下の黒人達がいかにも「無学無教養な黒人」って感じだったら
ここまで共感を得るのは難しかったんじゃないかと思う。

95 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/03(月) 00:52:29 ID:GXivi6bk
インテリ黒人が最後の戦いで銃剣の格闘ができるようになるんだよな、成長したなぁと思った

96 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/03(月) 05:38:03 ID:dZxKuUKu
メガネ紳士といえ

97 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/03(月) 12:17:51 ID:Gxi+2A9+
DVDの吹き替えは駄目
ブロデリックの声がオッサンだし、
最後のフォートワーグナーの死闘のシーンに要らん声入れてるから荘厳な雰囲気が台無し。

98 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/05(水) 01:37:54 ID:iaS+hR7t
デンゼルの背中の跡は奴隷時代のもんだからブロデリックが驚いてもおかしくはないと思うよ。
民間で勝手に鞭打ちの刑やってりゃ、ぼんぼんの彼なら驚くだろう。
でも副官が軍隊での刑罰である鞭打ちに反対したのは確かに違和感を感じたな。
脱走なんだから、刑としては軽いぐらいだからね。
副官のざっくばらんな態度は必要なキャラクターだけど、少しやり過ぎ。

でも、映画は大好きです。

99 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/05(水) 22:39:08 ID:/O5l6NbY
南北戦争ってアメリカが経験した戦争の中で最も多くの死者を出した戦争らしいが、
この映画の戦闘シーン観てさもありなんと思った。

100 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/05(水) 22:41:01 ID:Ix96rLSP
100げっと?
ジーな・ローランズ最高!

101 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/13(木) 19:11:44 ID:PtC9gXra
この映画のウリの一つの「ワグナー砦に突撃」の歌詞をしらべてみた。

Quantus tremor est futurus,
Quando judex est venturus,
Cuncta stricte discussurus!

(What trembling there will be
When the judge shall come
to weigh everything strictly!)

Tuba mirum spargens sonum
Per sepulcra regionum,
Coget omnes ante thronum.

(The trumpet, scattering its awful sound
Across the graves of all lands
Summons all before the throne.)

Liber scriptus proferetur,
In quo totum continetur,
Unde mundus judicetur.

(The written book shall be brought
In which all is contained
Whereby the world shall be judged)

Quid sum miser tunc dicturus?
Quem patronum rogaturus,
Cum vix justus sit securus?

(What shall I, a wretch, say then?
To which protector shall I appeal
When even the just man is barely safe?)

レクイエムの歌詞そのまんまらしい
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%A0

102 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/13(木) 20:17:25 ID:qc7L2TvK
指揮官死んで、塹壕みたいなとこに埋められるけど
あれも演技かな

103 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/13(木) 20:45:44 ID:4KbOiJ+E
ホントに死んでるとでも?

104 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/20(木) 17:31:35 ID:HQLJ1Hhh
>>102
1作品終えたら役者埋め殺すのは
いくらヤンキーの国でも浪費以外の何ものでもないぞ。


105 :無名画座@リバイバル上映中:2006/07/30(日) 21:21:56 ID:ooMy4KlD
>>102
本当にショー大佐は黒人と一緒に埋められたらしい。解説してた。

106 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/05(土) 00:54:18 ID:F/BOfFbt
ちなみにショー大佐は5フィート5インチでかなり小柄だったらしい。大学に行き欧行し軍務についてほんの数年で戦死。やりにくかったろうなぁ。

107 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/07(月) 23:46:17 ID:FkHN4E42
>>106
マシュー・ブロデリックはホントはまり役だったよな。

108 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/08(火) 00:06:14 ID:LNUzEvxw
全く同意なんだけど、ミスキャストだって五月蝿い外野も結構いる
何を考えてこの映画観てるんだろって思うのだが・・

109 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/08(火) 01:40:17 ID:O+2H/RF/
俺は、いかにも世間知らずのボンって感じがハマってると思うがなぁ。

後ろでコルトぶっ放しながら撃たせるのは自衛隊以外の軍隊なら今でも同じような訓練やってるな。
鉄条網の下をホフクさせてその上を機関銃で実弾撃ちまくるとかな・・・

110 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/08(火) 19:39:25 ID:u5MXWEXJ
>>108
良くも悪くもいい人感が前面に出すぎ。ナに考えてるか人目でわかる、顔に出やすいタイプ。
ROTC出身のボンボン将校ならありえるかもしれんが。

>>109
高負荷訓練は自衛隊でもやる。詳細は忘れた。

111 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/08(火) 19:49:35 ID:ZyaeC4cW
ttp://www.civil-war.nu/civilwar/biography/us/show.html

顔も映画のブロデリックと結構似てると思う。

112 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/09(水) 05:24:09 ID:nn5CtXn/
>>111
そこのサイトスペルまちがってるね。

ttp://www.bigcountry.de/Shaw,%20Robert%20Gould.jpg
にてるっちゃーにてるが、ブロデリックは童顔すぎるとおもう。

113 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/11(金) 19:44:17 ID:wLh1pV0Y
何で童顔童顔って、みんな貶すんだろね? 
あれがあの映画のスパイスだと思うんだが・・

114 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/11(金) 21:13:36 ID:mcPT42Cn
>あれがあの映画のスパイスだと思うんだが・・

詳しく

115 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/11(金) 22:39:14 ID:x/1x5Dgq
>>114
113がホモでブロデリックがツボなだけ

116 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/11(金) 23:47:17 ID:b5S0X+No
流れが夏だなぁ

117 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/22(火) 22:14:51 ID:MvzV/fv5

                    __         進め!!第54連隊ィィィィ!!!! .___    /
                   /_ |__ ウオォォオォォォォ!!!!!            __/ _ヾ  /
        wWmmw     /_了#゚Д゚)                       (゚Д゚ 了 〆
                 / つ≠∩ヨ===┯                  く/ _/う
    WwMw         /~'/_,,つ      ̄ ̄ ̄     wWmM    //~'/_,,つ
                (ミ/'                          (ミ/'


118 :無名画座@リバイバル上映中:2006/08/29(火) 02:20:58 ID:G3rTk/9V
グローリーのスレ有ったんだ!好きだったこの映画!
要塞への突撃は勿論だけど、そこに至るまでにも好きなシーンある。
要塞攻撃前の海浜へ向け行進している場面で、以前喧嘩している
白人部隊の兵達が「やっつけちまえ!」とかって応援する所とか…


119 :無名画座@リバイバル上映中:2006/09/02(土) 12:11:42 ID:TWnK464o
この映画は音楽がネ申すぎる。

120 :無名画座@リバイバル上映中:2006/09/02(土) 13:32:57 ID:N7fQbryB
>>119
つジェームズ・ホーナ

121 :無名画座@リバイバル上映中:2006/09/12(火) 22:11:17 ID:MQ+llLJp
>>15
先込め式の銃だから、伏せながら繰り返し撃つのは困難だろうし、
この当時は連射性能が低く、命中率も高くないから伏せて撃ち合う戦術も少なかったのでは?

>>118
自分はテレビのカット版で初めて見て、後からDVD版も買ったんだけど、
テレビ放映版でのそのシーンは「目にもの見せてやれ!」って翻訳になってて、
さらに格好よかったよ。
隊長も江原正士が声をやってて、俺は気に入った。

122 :無名画座@リバイバル上映中:2006/09/13(水) 01:23:52 ID:jgux2uSH
それ以前の問題として、この時代はそれまでの4倍近く有効射程距離が伸びたのに、それ以前の感覚の距離で撃ち合ってるから命中率がえらい事になってるよ。
(滑腔銃は装填が早くて発射速度が高いが命中率が低い、ライフル銃は命中精度が高いが装填が遅くて発射速度が低い、だったのが、
 タマの改良でライフル銃の装填速度がそれまでの滑降銃並みになっちまって、しかも兵士がその意味を理解していなかった)

123 :無名画座@リバイバル上映中:2006/09/14(木) 00:16:34 ID:KL62t4JW
アカデミー音楽賞とったんだったっけ

124 :無名画座@リバイバル上映中:2006/09/18(月) 20:07:36 ID:LixITQUG
>>122
遅レスだけど、どうも。
結局それまでの習慣をやっていたってことなんだね。
勉強になりました。

125 :無名画座@リバイバル上映中:2006/10/12(木) 22:03:58 ID:LSbCqoyA
保守age

126 :無名画座@リバイバル上映中:2006/10/13(金) 00:56:45 ID:iWgBCKm9
仲の悪かった白人兵士たちが、出撃していく第54連隊に向かって
「頑張れよ!」と見送りの声を変える場面が大好きなんだ。

127 :無名画座@リバイバル上映中:2006/10/13(金) 20:27:31 ID:a0gDy6oc
Oh My Lord〜 Mn〜

128 :無名画座@リバイバル上映中:2006/10/15(日) 15:09:59 ID:X8/Gi77l
Mn〜♪

129 :無名画座@リバイバル上映中:2006/11/01(水) 00:38:08 ID:93MM2d/J
Amen!

130 :無名画座@リバイバル上映中:2006/11/02(木) 03:59:36 ID:lP8FyaTg
あえて上げ
 
疑問だが
なぜショーは初の黒人連隊指揮官を承諾したんだ?

131 :無名画座@リバイバル上映中:2006/11/02(木) 13:57:27 ID:IylIVyHG
>>130
> ショウ家は奴隷制廃止主義者として有名だったが、

>1861年5月には故郷のマサチューセッツ第2志願兵連隊に中尉として転籍した。

>マサチューセッツ第54志願兵連隊を率いてワグナー要塞で戦死するまでの経緯は
>「映画グローリー」の通りである。

奴隷制廃止派の家で育ち、
故郷で黒人部隊が創設されたってのが大きいんでない?

132 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/02(土) 01:35:06 ID:xnuFWMQP
こんなの、みっけた

http://www.civil-war.nu/civilwar/biography/cb-f.html

実物のショウは、マシュー・ブロデリックに似てるな

133 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/09(土) 22:03:41 ID:bDMaThXw
マシューとケアリーは何故仲が悪かったの?

134 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/12(火) 05:42:46 ID:d8uNIw1f
>>78
硫黄島からの手紙すごくよかった。
俺もそうだがグローリーが好きな人なら良さがわかる映画。

135 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/18(月) 23:14:42 ID:tHMJTCRG
ラストサムライも同じ監督なんだっけ?
あっちは人気の割には…な作品でガッカリした。
部分では感心したけど、戦争を描いた作品としては酷かった。

136 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/20(水) 10:29:09 ID:yOElebdx
と思うのは日本人だからで、グローリーも南北戦争を「知っている」人からするとナンジャコリャだったりして。

137 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/20(水) 23:21:47 ID:ji+Xx6Rc
>>136
なんか当時の服装とかまで再現してる集団が協力してるから、
下手な描写やったら叩かれてるんじゃね?

138 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/21(木) 15:26:26 ID:ALnQacWO
グローリーは、服装の歴史考証が非常に正確というのが評価されいたような>海の向こう

139 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/21(木) 19:47:59 ID:/U0b1r3m
マルケイ曹長がトマスに俺を刺してみろっていうシーンは
七人の侍で久蔵が農民鍛えるシーンから取ったと勝手に推測。

140 :無名画座@リバイバル上映中:2006/12/21(木) 21:49:38 ID:No4fPIVa
>>135 切り取るべき時間の幅が桁違いなんだから仕方ない。
こっちは一年弱の一部隊史、向こうは十年の国史を同じ尺でやってるんだぞ。
その分、幕末から西南戦争に詳しいほど、圧縮された元ネタ探しで楽しめる。

141 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/06(火) 10:48:31 ID:200LmS1S
BSオンライン
http://www.nhk.or.jp/bs/navi/movie_fw.html#200702262100

衛星映画劇場 アカデミー受賞作品特集 グローリー GLORY 1989年・アメリカ
2月26日(月) 後9:00〜11:03


142 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/08(木) 03:38:52 ID:qcTJsBOI
正月、たまたま昔録ったビデオに料鉄があって見てた。
で鉄人登場のところまで見ててBGMを聞いたらとっさに手を伸ばして
「ロバーーーートッ」
ってやってしまった。

減額された給与の受取を拒否する場面、周りに受取拒否を煽るデンゼルが、
大佐の目をじっと見るところなんかも好き。

143 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/16(金) 03:45:37 ID:GTUgE4k0
age

144 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/16(金) 13:51:42 ID:PBJqg9Or
大好きだ。最近見てないけど。
この年のキネマ旬報ベストテンでは、ランク外どころか
1点すら入ってなかった。俺はあれでキネ旬購読をやめた。

確か元執事の黒人兵が訓練中にやられたワザを、ラストの戦闘で南軍兵士にやるんだよな。
リス撃ち兵士のてきぱきとした弾込めにしても、
「ああ、訓練したんだなぁ」ってところがツボったなぁ。
ベトナム戦争映画の大ブームのさなかに南北戦争映画作るのも無謀だと思ったが。

145 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/16(金) 14:41:14 ID:GTUgE4k0
てめえの国の歴史映画作るときは徹底して時代考証するくせに
他の国の歴史映画作るときは考証そっちのけで見映え重視の映画を作るハリウッド。
やれやれだぜ…。

146 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/26(月) 01:11:58 ID:TQbfIx08
2月26日(月) 21:00〜23:05 NHK衛星第二
デンゼル・ワシントンは神の域

147 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/26(月) 04:32:26 ID:91l+R/x6
この映画、エンディングの音楽いいぞ〜
すばらしく(・∀・)イイ !!

148 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/26(月) 10:43:34 ID:gZefjRK7
グローリーと、時代は古くなるけど「バリー・リンドン」で、昔の戦争で兵が横一列に並んだ撃ち合いは酷いもんだと思った。
射程距離が短いから恐ろしく至近距離だし。
とても生き残る自信が持てない。

149 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/26(月) 18:16:30 ID:cjLqtykp
何年か前に読んで印象に残り、最近軍板にも貼られていたんだが、
デーヴ グロスマン著「戦争における“人殺し”の心理学」によると、

戦場で敵に出くわせば、誰でもすぐに殺せる、というわけではないらしい。
なぜなら、人間は本来同種を殺すことにものすごい抵抗感を持っているから。
南北戦争のゲティスバーグの戦いの後、戦場でマスケット銃が多数回収されたが、
そのうちほとんどに、弾丸が三発以上込められていたという。
当時の銃は、一発詰めて、打って、また詰めなければならない。なのに、
23発詰められていた銃もあったらしい。これがどういうことを意味するのか??
当時の兵士のほとんどは、敵(自分を殺そうとしている敵!!)に向かって、
引き金を引くことができなかったのである。
第二次大戦においても、発砲率は15%。 朝鮮戦争では55%に上がり、
ベトナム戦争では90%に上がる。

だそうである。 ベトナム戦争で遂に米さんは人間凶器の作り方を会得した
訳だが、それ以前は恐怖と罪悪感でまともな撃ち合いが成立しなかったと言える。
そういう意味では生き残る自信を持って欲しいw
但し、負傷すればまず一巻の終わりだし、負け戦で背中を見せれば容赦無いのは
カンネーのいにしえから同じ。

150 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/27(火) 00:56:25 ID:HVo2B0zz
感動した
DVD買おうかな

151 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/27(火) 13:18:34 ID:dJGbUzwL
>23発詰められていた銃もあったらしい

・・・ほんまですかw
まあ先込め単発銃や砲があんな頻度でぶっ放されるわけはないですけどね

152 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/27(火) 15:35:29 ID:eTgJzxzA
恐怖を紛らわす為に無理矢理装填し続けたからだよ。
「おい、早く撃て」「玉込め中です」言い訳にもなった訳だし。
ちなみにそれでも戦死者が多いのは、大砲による砲撃の為。
そして、その犠牲者の少なからずが、こういう兵士だったという記録もある。


153 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/27(火) 21:50:45 ID:iWRjrz2u
>152 そうでもないぞ。南北戦争の少し前まで歩兵銃は滑腔銃だったんで有効射程距離が50mほどだったが、
ミニエー弾やプリチェット弾の発明でライフル銃が歩兵銃になり、有効射程が200mほどになった。
その状態で、有効射程50mの感覚で隊列組んで撃ち合ったら、命中率と死傷率は普通に激増する。

154 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/27(火) 22:20:27 ID:UeH4IoCI
ゲッチスバーグで南軍の「ピケットの突撃」が失敗したのも、有効射程の
延伸が大きいというな。

 去年のイスラエル軍のレバノン侵攻作戦で、グロスマンの子息が戦死して
いる。

155 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/27(火) 23:30:27 ID:VUcJCGke
凄く勉強になる。

156 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/28(水) 00:09:59 ID:OsQscWL8
射程が短いとはいえ、銃を構えている敵の前に
防御もなしに歩いて行くのは、あまり賢いとは言えないなぁ。
デンゼル・ワシントンの驚異の演技で感動したのだが。

157 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/28(水) 00:27:17 ID:bjCBvdjU
動員された人員の膨大さとその人員を食わせなければならない
事を考えると、賢くないというより仕方が無いという側面を
考慮してあげねばならないと思う。
損害限定云々よりも双方の防衛的対峙が持続困難だったのでは?
実際そういう兵站的要因が発起点となって、南北戦争が史上初の
総力戦となったわけだから。

158 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/28(水) 03:11:04 ID:tjSofWgs
>>157
ワーグナー砦じゃないけど
立てこもったもん勝ちじゃん それじゃ

159 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/28(水) 13:11:47 ID:GIa05hog
立て篭もって専守防衛になったら、手間と物(金)はかかるけど正攻法で
順次撃破されてお終いでしょ。攻撃側がイニシアティヴ持ってるんだから。
要するに攻撃(又はそれを受けての迎撃)に動員できる予備兵力があれば
双方ともに短期決戦を企図せざるを得ない事情があったという事。
ワグナー砦の1000人じゃなく、数万十数万の会戦に動員される兵員への
兵站はとんでもない負担だし、中世みたいに現地徹底搾取が出来ない事情も
あったし。 「弾の数だけ兵よ死ね、その代わり早く凱旋できるぞ」
陰の声「お前等の食い扶持も浮くしな」という世界ではなかったかと思う。

160 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/28(水) 15:22:36 ID:tjSofWgs
>>159
そら別の黒人部隊に略奪行為やらせるよな

161 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/28(水) 22:05:15 ID:OsQscWL8
>>159
>双方ともに短期決戦を企図せざるを得ない事情があったという事。
この部分に同意。短期決戦→突撃やむなしって事ですな。

だた、砦は落ちないように作っている訳で、
あのような万歳突撃は兵卒に「逝け!」と言うようなもの。
防弾チョッキは無いにしても、弾除けの盾くらいは持たせても良さそう。
木の板でも随分違ったと思う。

162 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/28(水) 22:06:49 ID:oH7xI5GB
>>158
ヒント、アナコンダプラン

163 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/01(木) 02:57:20 ID:EhP0kio1
昔の艦砲射撃って射程距離短いんだな

164 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/01(木) 06:52:30 ID:Gg4RbgXy
だから、陸上砲台と打ち合うのはタブーとされていたのさ。大砲も小さいし、
揺れる海としっかりした陸上では狙いも違うし、防御力も違うからな。

165 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/01(木) 10:30:59 ID:9C495UtK
>>123
遅レスだけど、そうなんだ!
音楽よかったもんな。サントラ迷わず買ったし。

166 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/01(木) 22:25:10 ID:9pC7Xbik
ttp://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=en&u=http://
www.sciway.net/hist/maps/mapscw.html&sa=X&oi=translate&resnum
=2&ct=result&prev=/search%3Fq%3D%25EF%25BD%2586%25EF%25BD%258
F%25EF%25BD%2592%25EF%25BD%2594%25E3%2580%2580%25EF%25BD%2597
%25EF%25BD%2581%25EF%25BD%2587%25EF%25BD%258E%25EF%25BD%2585%
25EF%25BD%2592%25E3%2580%2580%25E3%2580%2580%25EF%25BD%258D%
25EF%25BD%2581%25EF%25BD%2590%26hl%3Dja%26lr%3D

このサイト(長いので表示の仕方が判らんw)にワグナー要塞の地図がある。
サイト中の「城砦Sumterと城砦Wagner間の包囲操作」がそれ。
ワグナー要塞は海とVINCENT’S CREEKと言う河に挟まれた細長い陸地を
横断するように建築され、接近路は北からか南からしかない。
映画は3〜4回観たのだが、どうしてあんな正面攻撃したのだろうと言う
疑問がこれで氷解した。 
前進塹壕を長時間掘り進む正面攻撃を採用しない場合、あの方向以外の
突撃しか方法が無かった訳だ。
ところでつまんない疑問だが、あの黒人連隊は一体何人編成なんだろう?
ワグナー要塞が1000人なら、攻者三倍原則に従うと3000人は
必要だと思うが、映画を何回観ても500人くらいにしか思えない。
本当に500人くらいなら、やっぱり黒人連隊は史実においても使い捨て
にされたという事だな。 


167 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/01(木) 22:34:36 ID:SUKBcYrp
劇中で64連隊は600名と言ってなかった?
(戦死者 負傷者もいるかもしれんが)
前衛ががんばってたら 後続が援護に来ると言ってなかった?
(結局後続が来ても要塞落ちなかったけどね)

168 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/01(木) 22:48:17 ID:9pC7Xbik
>>167 ありがとう! 私の無知でした。
600人で1000人の要塞攻めさせるって、なんか大戦中の
バターン半島攻略戦みたいですな・・

169 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/02(金) 01:15:36 ID:R4GPnTsj
>>168
いや 全軍では数千人はいるんじゃないの?
黒人部隊が出陣するときに 手を振って見送った海兵隊の人達とか全部含めて

ただ先陣部隊は彼らだけだった ってだけで

170 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/02(金) 02:15:53 ID:jND30bil
南北戦争50周年記念として1912年に刊行された本がある。

 それによると、「ワグナー砲台(要塞ではない)」の攻防戦は1863年
7月10日から始まり、同年9月6日に終わった。この間の戦闘での両軍の
損害は北軍(連邦軍)が1751人、南軍(南部連合)が561人となって
いる。戦死、負傷、行方不明・捕虜を含めた数だ。

 肝腎の7月18日の戦闘では北軍は約1600人、南軍は約200人とな
っている。砲台の一角を占拠したが2時間ほどで撤退を止むを得なくなった。
この際第54連隊がどの程度の損害を出したのか、はっきりした資料は見つ
けていない。映画では半数以上となっているが、文献的な資料では4分の1
を超えたとある。600人として、その半数超えでも350人くらいだ。
1600人の損害のうち5分の1を超える程度だ。映画のそれは誇張といえ
そうだ。

171 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/02(金) 16:57:16 ID:EWnbv9d9
Fort Wagner - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Fort_Wagner


172 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/02(金) 18:39:43 ID:i1QRv5MY
>>170 >>171
という事は、7月18日の戦闘で北軍は参加兵力約5000名の内、
三分の一に相当する死傷者を出し、なおかつ当日の損害がワグナー砲台
キャンペーン全期間中の殆ど全ての損害に匹敵したわけだ・・
先陣の54連隊は壊滅し、部隊としては全滅したという認定だね
包囲殲滅戦でも追撃掃討戦でもなく、映画を見る限り、ガトリング銃や
アームストロング砲がスウィープしたわけでもないのに、たった1日で
その損害ってのはやはり悲壮の感が強い
そういう意味ではこのスレじゃ容姿で叩かれ気味のブロデリックだけど、
その悲壮感は胸打たれるほど印象的だったと思う  

一つ納得できないのは、苦節の末に華々しい初陣を飾った第54連隊が
そのたった2日後に判っていて壊滅の運命に向かった事だ
映画では志願だが、本当に大佐は先駆けを望んだのだろうか?
それとも情勢も読めないあほだったのだろうか?
どなたか良い解釈(介錯)を頼む

173 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/02(金) 19:55:39 ID:IT5OXMAW
飯が食いたくて 給料が欲しくて 軍隊に志願したんじゃない
命懸けでこの国を守りたくて 軍隊に志願したんだ
というのを証明するためだからね
最前線の一番大変な戦場に飛ばされるのは当然

そこで拒否すれば 宣言した信念は嘘だったことになる
(そして 黒人達はやっぱり臆病者だなw と白人たちに嘲笑されることになる)

結果的に
このワグナー玉砕の報道のおかげで
黒人たち10万人が北軍志願して北軍が戦争に勝利したからいいじゃん

174 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/02(金) 21:29:37 ID:DIseErsU
グラントが行ったコールドハーバーでの敵陣地への突撃などは、
8分間の突撃で8000人の死傷者が出たと言われてるからな

ゲティスバーグでのピケットチャージ
コールドハーバーでの突撃
フッドのナッシュビルでの突撃

突撃する必要のない場所での無益な突撃での損害
ワグナー砦での損害は、まだマシなほうか?


175 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/02(金) 22:08:46 ID:+pEWzleP
>8分間の突撃で8000人の死傷者

・・・本当??? それじゃソンムの英軍も顔色無しですよ。

むか〜しコロネル柴の伝記を「丸」で読んだんだが、イエローペーパー
が煽った米西戦争でも、観戦武官として観察していた柴の言によると
米軍は無茶で想像力の欠如した攻撃を仕掛けがちだったらしい。
南北戦争期だったらもっと酷かったのかも知れないね。

176 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/02(金) 22:13:16 ID:dou5JCjE
使えるかどうか判らない連中をいきなり激戦区には送れない。いきなり崩れられでもしたら逆に迷惑だ。
しかし使える事を証明し、なおかつ他に証明すべきものがある志願兵なら、誰もやりたがらない戦場へ投入するのが一番だ。
少なくとも崩れる事はないし、普通に結果に期待できる。

・・・第442連隊戦闘団…監督は日本史通だし、これの撮影中ずっと頭にあったんだろうな

177 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/02(金) 23:46:20 ID:+pEWzleP
>第442連隊戦闘団

う〜ん、説得力あるな
それ自分で思いつかれたんですか?
それとも私が世間を知らないのかw

178 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/03(土) 00:05:59 ID:zVx015XI
Battle of Cold Harbor - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Cold_Harbor#_note-8


179 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/03(土) 01:06:43 ID:Eei4aaVz
>>174
日露戦争の 二〇三高地 とかあったね

180 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/03(土) 10:49:09 ID:AxzzQC1N
>>176  検索してみたらこんな文章ありました。

著者による注では、
「おもに日系アメリカ人によって編成された第442連隊戦闘団は、
アメリカ史上、もっとも多くの勲章を受けた部隊のひとつだ」という文章を読み、
ふと映画『グローリー』を思い出した。南北戦争当時、リンカンにより黒人部隊は
認められなかったにも関わらず、北軍兵士として第54連隊を結成した指揮官
ロバート・ショーと黒人たち。南部のチャールストンへ突撃するのに邪魔だった
ワグナー要塞の陥落に果敢にも先陣をきって、大半が死亡した話で、自分たちの
存在を認めてもらうのに、命を投げ出さなければならなかった無数の無名の人たち。
彼らの存在により国益はそれなりに上がったことだろう。

それから、このスレにもあった
>>22
連隊長が倒された時、残った将兵が一斉に立ち上がるシーンは、
442連隊戦闘団のエピソードをもろに連想させて、そう来るだろうと
判っていても、胸が熱くなるのを禁じ得なかった。

・・・ありえますな、ズウィックの意図

181 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/03(土) 17:28:27 ID:RDcDe9+x
サムライと硫黄島が商売的に成功したし
ズーイック監督に映画化して欲しいね

182 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/03(土) 19:32:22 ID:g1kJwdKi
南北戦争後のアプレ・ゲールを描いた「ロングライダーズ」も良かったが
これも素晴らしい作品だ。 ところで・・
「442」はぜひ映画化して欲しいが、ズウイックには日系元兵士の重鎮が
アドバイザー兼ご意見番として必要だな。
明治初期は我慢するが、昭和でまた変な描写が来ると辛いものがあるし。
題名は「続・日本人の勲章」あたりw

183 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/03(土) 22:06:26 ID:RDcDe9+x
硫黄島が成功したから
今度は 精密描写で3時間くらいの大長編になるかもね

サムライのときは ある程度は商売的に考慮しないといけなかったから

184 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/03(土) 23:42:15 ID:cf+bgXqf
「グローリー」はある意味色物的作品だと思うのだが、素晴らしい
出来だ。
同じ色物で「ムルデカ」があるが、本当に酷いww 
題材をこれほど滅茶苦茶にする力量に心底感嘆するほど酷い。
日本人が変わらないと、やっぱり442連隊戦闘団を描く映画も
ズウィックに期待せざるを得ないですな。

185 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/04(日) 12:25:12 ID:bUqVjjda
ムルデカは・・・あれは「ローレライ」と同じくらいの国辱的噴飯物だよ
そもそも「グローリー」と比較することがおかしいと懐かし邦画でも
徹底的に解剖されてた
まぁあれに感動したとか言う厨もいたが、そんな奴に限って「グローリー」
をくさしたりする(笑 

186 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/04(日) 16:09:28 ID:cBo9XCQD
昔、バンジョンスンの「二世部隊」を見たが、同じ原作で同じ時期に松竹で作った杉浦直樹主演の「パイナップル部隊」に
比べて、バン以外は全員244か100大隊の生き残り(ヘンリーオヤサト、ハリーハマダケンオカモト等)の方が日系が
背が低くてハンサムで無いにも係らず、松竹の美男俳優達より、ずっと自然な演技で安心して観れた。
松竹の方はまず二世の概念を根本的に間違えていて英語も日本語も両方片言、兵士の動きが日本兵そのもので堅苦しくしゃちこばっている。
銃器の取り扱い方が、道具並みの感覚に比べ、松竹の方はなにか悲壮感があって大げさ。ようするに日本の戦争映画を想像して貰えばよい。
要するに松竹は二世を、日本語も解らないアメリカ人とは見ていないで限りなく日本人に近い兵士として描いている。
例えば小さなエピソードの中で激戦に次ぐ激戦の中、二世部隊が失われたテキサス大隊を救いに行く場面で激戦のさなか、ハワイ出身の兵士が
「どうして俺達がテキサス人を助けに行かなくちゃいけないんだ?」とぼやくとササキという軍曹がキッと振り返って「この野郎、もう一度言って
みろ、俺もテキサス人だぞ!」と怒鳴り返すところなどいかにもアメリカ映画でなければ気がつかない微妙なシーンだと思った。
実際ホノルルの二世記念館の写真やニュースロールを見ても、激戦のイタリヤ戦線にギブソンのギターやウクレレを持ち込んだり白人兵と共にフラダンス
をやったり、くわえ煙草でカービンを撃っている姿をみると、こういう二世や三世の映画は、アメリカ人が撮らないと絶対に間違えるだろうなと思った。

187 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/04(日) 18:12:20 ID:ab5dbKUh
日本の戦争映画は結構辛いよね、小粋なアクションとして観ると・・
だけど内務班のいじめ描写ならまかしといてくれ!
「グローリー」や「フルメタル」のしごきなんざぁ歯牙にもかけない
「真空地帯」みたいな凄い作品が目白押しだよw

188 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/04(日) 20:37:15 ID:cBo9XCQD
>>187
そうだよねw
俺も西村晃が木村功をいじめる、蝉の真似のミーンミーンてのを微かにおぼえているな。

189 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/04(日) 23:07:41 ID:s5TB1fMy
歴史映画でもあり戦争映画でもあるので当然といえば当然だが、
軍板、世界史板テイストが濃くなってきた
それと微妙に年代層が高くなっているような気も・・ww


190 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/04(日) 23:24:38 ID:s5TB1fMy
それと>>171の絵
The_Storming_of_Ft._Wagner-lithograph_by_Kurz_and_Allison,_1890.jpeg?
を見てたら気付いたんだが、沖に浮かぶ軍艦がみんなモニター似では?
映画では帆走艦だったように思うんだが・・
1890年に書かれた絵らしいが、30年経つと「日軍百万上陸杭州湾北岸」
みたいになるのかね、なんだか笑えた

191 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/05(月) 05:18:35 ID:PJGQXq2b
ほんとだ。モニターがいっぱいw

192 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/05(月) 17:13:53 ID:iVv4tMCl
素人向けなら、絵の中の船を全部メリマックにしても通用しそうだな
つか、当時のアメリカ人の多くにはモニターでもメリマックでも通用するだろう
ふと、大量破壊兵器の存在云々という話を思い出してしまった
情報というのは面白いけど怖くもある・・その一例かな

193 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/05(月) 22:06:49 ID:h427P5+7
この映画のスレは、やたらその方面にやたら詳しい人ばっかりで、
自分は全然話についていけない。

モーガン・フリーマンもデンゼル・ワシントンも良いなあ、
ワシントンはこの映画で助演男優賞を獲ったんだけど、
鞭を打たれるシーンで頬を一筋の涙がつたうあの顔は高にカッコいい、
最後の夜で自分の思いを不器用ながら語るところもいい。



194 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/06(火) 00:09:15 ID:zt0YjYxM
>>その方面

妻帯した上、子持ちでその方面に詳しいとなかなか大変ですから
話しについていかないほうがいいと思いますw
まっとうな仕事人としても気苦労多いですしww

195 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/09(金) 21:15:20 ID:8OdWwnaS
主人公役の人が何も賞をもらえなかったのは何故?

196 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/09(金) 21:21:36 ID:le/CnGBd
童顔だから








・・・って言わせたいのか?

197 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/09(金) 21:23:18 ID:8OdWwnaS
>>196
いや、ガチで。今からこの映画を見るところなので

198 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/09(金) 22:48:25 ID:78GmZ7Sq
白人だから

ある意味正解

199 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/10(土) 19:51:07 ID:ZEp5Kktu
見終わった  良かった
トマス役の人、K−1のレミーボンヤスキーにそっくりだね
個人的にはデンゼルよりも彼のほうが断然印象に残った

200 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/11(日) 18:04:33 ID:p8E90Lif
ズーイック監督は涙腺攻撃の反則野郎だと言うことが判明しました

172 名前: 名無シネマ@上映中 [sage] 投稿日: 2007/03/11(日) 03:05:26 ID:QYoE+PTC
グローリー

黒人兵たち「隊長 我々も雑用ではなく前線で戦いたいです」
隊長「前線で戦うということは銃で撃たれるんだぞ 死ぬんだぞ」
黒人兵たち「わかってます 戦わせてください!」
隊長「わかった 訴えてくる」

上官「黒人は臆病でバカだから 足手まといの邪魔になるだけだろ 雑用のままのほうが彼らも喜ぶだろ?」
隊長「飯が食いたいから 給料が欲しいから軍隊に志願したのではありません 黒人の名誉のために戦いたいためです」
上官「ならばチャールストンのワーグナー砦に行け」
隊長「それは死ねと言ってるのと!」
上官「今言ったことは嘘か!? 嫌ならやらなくて 」
隊長「やらせてください!」
___________

ワタナベケン「それで その部隊はどうなった?」
トムクルーズ「300人全滅」

(この)演出 絶対にズーウィク監督狙っただろ! 畜生
ここで絶対に泣く 泣かないわけにいかないくらい泣く


201 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/13(火) 21:28:34 ID:ylMTdyPm
デンゼルとモーガンの黒人大スターを出しちゃったから、白人の主人公と副主人公の
存在感が薄くなってる希ガス。

202 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/14(水) 01:27:44 ID:F87cN1Gt
いい映画だったけど、もうちょっと主人公が評価されていいと思う

203 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/14(水) 19:45:24 ID:w47PXeE7
>>52
いいこと言うなあ

204 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/16(金) 14:11:48 ID:MVJ35yNT
デンゼルって俳優の何がいいのか分からん 主人公のほうがいいじゃん

205 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/16(金) 14:28:27 ID:vbqC7ViJ
>>204
ハリケーンとかフィラデルフィアとか観ると良さがわかるかも。

206 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/17(土) 08:28:58 ID:6J8uhD9F
優等生過ぎるとは、思われてるだろう。オイラはジェイミー・フォックスのがいい。

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)