5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【映画極道】五社英雄【十三回忌】

1 :この子の名無しのお祝いに:04/09/04 00:45 ID:JX9bM5XY
昭和4年、東京浅草生まれ。
明大商学部卒業後、ニッポン放送に入社。
昭和34年、フジテレビに出向。プロデューサー兼ディレクターとして活躍。
昭和37年、連続時代劇『三匹の侍』で脚光を浴び、翌年松竹で映画化。映画監督デビュー。
昭和44年、フジテレビ製作の『御用金』勝プロと提携した『人斬り』を監督。
以後も東宝初のヤクザ映画『出所祝い』、大作時代劇『雲霧仁左衛門』『闇の狩人』。
昭和55年、短銃不法所持事件でフジテレビを退職。
昭和57年、東映で宮尾登美子原作の『鬼龍院花子の生涯』が大ヒット。
以後東映で宮尾原作を映画化。
昭和61年、『極道の妻たち』を監督。
平成4年、8月30日、没。

2 :この子の名無しのお祝いに:04/09/04 00:52 ID:Cl4Ve2up
意欲はあるのに才能がない。可哀想な監督でした。

3 :この子の名無しのお祝いに :04/09/04 01:33 ID:60gWAtOB
ちがうだろ、才能はあった

4 :この子の名無しのお祝いに:04/09/04 01:39 ID:RPx2m+z2
おおぜいはだかにしたのがこうせきです

5 :この子の名無しのお祝いに:04/09/04 02:30 ID:nr0eQsjZ
これが五社ダンのフィルモグラフィー。
ttp://www.jmdb.ne.jp/person/p0101420.htm
ttp://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=123383

派手な通俗性をためらわない作風は大胆だが、一時期の邦画の悪弊(企画の大
味さ、女優を脱がせればいい、という勘違い)の元になった監督でもある。

でも言われているほど悪い監督ではないよ。「三匹の侍」のラストもあざといが、
「農民など卑屈で立ち上がりはしない」とはっきり言い切る勇気は凄い。

CSなどで時々放映される「ジキルとハイド」も、五社が撮った第1話・2話がいちばん面白い。
最悪なのが今野勉の撮ったエピソードだった(村木良彦は可もなく不可もなかった印象)

渋い撮影所系監督でも、映画史を踏まえたインテリでもないから、シネフィル
には受けないのはわかるし、そんなに後世に残るような人でもないけれど・・・。

6 :この子の名無しのお祝いに:04/09/04 03:01 ID:AFZ4MnoQ
全身紋々の監督ってこの人以外、誰かいますかね

7 :この子の名無しのお祝いに:04/09/04 13:50 ID:xHeGSLbt
馬力だけはあったよな。
「人斬り」はかなり好き、黒木の「浪人街」は五社が撮るべきだった。

8 :この子の名無しのお祝いに:04/09/04 15:04 ID:422B2o4U
>>7
黒木和雄はウジウジ悩んじゃったからね。たしかに五社なら・・・。ちなみに五社
の本業のTVはこれだけ(不完全なリストではないかと思うが、実際、スタジオドラ
マ時代の作品など調べようもないだろう)

ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood/7675/tv.gosya-hideo.html

9 :この子の名無しのお祝いに:04/09/05 01:48 ID:o2Ec5bQs
『御用金』『人斬り』『出所祝い』『雲霧仁左衛門』『闇の狩人』
この辺りの一本立て大作の作品は傑作。
仲代、丹波、勝、錦之助、裕次郎、安藤らの大スター顔合わせを見事に捌いている。
同世代の撮影所出身の監督がプログラムピクチャアから一本立て大作への
製作体制変更で精彩を欠いた中、奮闘していた。
時代劇では、同世代の監督ナンバーワン候補ではないかな?
東映−−沢島、長谷川、倉田、工藤、山下、深作、中島
大映−−三隅、田中、安田、池広
東宝−−岡本
松竹−−篠田
日活−−舛田


10 :この子の名無しのお祝いに:04/09/06 02:59 ID:HVZZsgeV
東映チャンネルで特集してるね。

11 :この子の名無しのお祝いに:04/09/06 09:14 ID:bL4OMWBo
「御用金」観ました。思ったよりはずっと良い出来でした。しかし……
五社英雄と佐藤勝の相性って最悪ですね。音楽が入ってくるたびに映画が
壊れてるって気がしました。「吉原炎上」の時も、そんな感じあったし。
あと仲代のキャラ、露骨に三十郎の変形って感じですね。

12 :この子の名無しのお祝いに:04/09/07 00:40 ID:85a80YM7
>>5
> 女優を脱がせればいい、という勘違い)

そりゃもっともっと前でしょ。
松竹、東映、大映が専属俳優脱がせてたじゃない。

13 :この子の名無しのお祝いに:04/09/17 21:49:55 ID:T4+ZcroO
仲代達矢出演作は『北の蛍』以外はどれも傑作。

14 :この子の名無しのお祝いに:04/09/18 03:31:09 ID:hb9X0NFH
遠い親戚が五社英雄監督。会ったことなし。

15 :この子の名無しのお祝いに:04/09/18 10:10:27 ID:0A8mHvyn
>13

ハチ公物語や豪姫やトリナクリアポルシェや白い犬とワルツをが傑作か。

16 :この子の名無しのお祝いに:04/09/18 13:55:56 ID:KUiSn+8D
>>15
五社英雄の監督作品の話題だよ。スレタイをよく読め!

17 :この子の名無しのお祝いに:04/09/19 01:43:23 ID:JfDScLwl
吉原炎上
中学生ぐらいのときに見たが、ショッキングなシーンばかりでした。


18 :この子の名無しのお祝いに:04/09/19 06:31:19 ID:WsQ3ZWb7
単なるエピゴーネンだろ

19 :この子の名無しのお祝いに:04/09/20 02:08:22 ID:vpbnd3L+
時代劇は好きだけど、東映で遊郭が舞台の作品群は嫌い。
フジ退社後、作品の品位が落ちた。

20 :この子の名無しのお祝いに:04/09/20 02:15:35 ID:h6aWZYOw
十手舞の撮影中、良くよそ見して、撮影所に放置されてた大魔神の足にブツカリまくってたって竹中直人が言ってたな。
その後、長い付き合いになるんだが、大物監督って肩書きより、大魔神にブツカッてたオッサンって印象の方が強いって…

21 :この子の名無しのお祝いに:04/09/20 19:21:47 ID:SS86Y11R
子供の頃、角刈り、サングラスで梶原一騎と区別がつかなかった。

22 :この子の名無しのお祝いに:04/09/24 01:09:07 ID:xhRFAv/r
黒澤の亜流ぐらいにしか思えない。面白くないし。

23 :この子の名無しのお祝いに:04/09/24 15:56:53 ID:mHkcTfyG
ラブシーン
女同士の喧嘩
ヤクザに殴りこみに行った男主人公が返り討ち

この3つで作品が構成されていた印象

24 :この子の名無しのお祝いに:04/09/24 18:43:04 ID:/8DmPlPY
それは東映時代になってからだろうね。
『御用金』『人斬り』は娯楽映画として傑作だよ。


25 :この子の名無しのお祝いに:04/09/25 00:00:04 ID:I3xFMiRX
『御用金』で三船と仲代の喧嘩で三船降板というのは有名なエピソード?
三船の役は丹波?それとも錦之助?

26 :この子の名無しのお祝いに:04/09/25 00:08:44 ID:qcBuoH57
三船は錦之助の役。藤本真澄から「まあ馴染みの仲代君の主演だから助けてやってくれよ」と言われて友情出演。
下北半島などのロケ部分から撮り始めたが、ある時ロケ先の宿で仲代と喧嘩になり、そのまま降板。


27 :この子の名無しのお祝いに:04/09/25 00:11:11 ID:DaN7UNb3
「唖侍」は原作だけで監督はしてないんだっけ?

28 :この子の名無しのお祝いに:04/09/28 20:59:42 ID:ZKmK2nBT
五社の遺作「女殺油地獄」は私は好きだ 溝口ワールドだがよく撮ったと思う
藤谷美和子に草履で脚を思いっきり踏まれ「あの男が好きなんやろ」と言われ
てむくむくと対抗心が沸く樋口加奈子とか。中年女の情念爆発だ!

29 :この子の名無しのお祝いに:04/09/29 10:45:35 ID:1Zutgsmw
>>25-26
五社監督との喧嘩って話も聞くけど?

30 :この子の名無しのお祝いに:04/09/29 23:06:45 ID:SqW7KnPf
>>26
三船が黒沢の悪口を言った。そしたら仲代が殺さんばかりに怒った。
三船は無茶苦茶びびって、傍らにいた丹波哲郎が止めたそうだ。

31 :この子の名無しのお祝いに:04/10/03 17:12:26 ID:En9M6d6R
>30 それほんまの話?
三船と黒澤って二人がいたからあの時期素晴らしい映画ができたんだし、三船が
大根だと言う人は多いけど世界で名前の知られた俳優って現在過去を見てもさ、
三船敏郎くらいしかいないでしょ?
けんか別れの真の原因はわからんが不幸なことだ、仲代も大人げないなー。
男同士は永い間にはけんかもするわい まして頑固者二人やから。

32 :この子の名無しのお祝いに:04/11/30 15:58:52 ID:MV5z7hU8
五社さんのヤクザ的体質と映画評論家気質は水と油だ。
故に評論家から不当に扱いが低いといえるのかな。
娯楽作家としての馬力は凄いよ。

33 :この子の名無しのお祝いに:04/11/30 16:59:48 ID:ZLiZQUOL
黒澤より小林正樹の悪口を言ったことに怒ったらしいね。
三船は9割方撮ったところで降りたそうだが、
錦之助には感謝してると仲代も何かのインタビューで言ってた。
もっとも仲代も「三船さんの存在感には誰も勝てない」とも言ってたし、
後で二百三高地とかで競演もしてるよね。なんにしても三船の酒乱は有名。

34 :この子の名無しのお祝いに:04/11/30 18:27:54 ID:DnEyuay0
>>33
岡崎宏三は3割って言ってるよ。

三船が酒を飲むと黒澤の悪口言うのは、
黒澤と一緒にやっていた時からだからねえ。
黒澤は聞こえていてもほおっておいたとか。

>>32
テレビ出身だから本編の人から疎まれている。
映画評論家は基本的に腰巾着だから。嫌われたら仕事出来ない。

35 :この子の名無しのお祝いに:04/11/30 19:29:44 ID:ZLiZQUOL
>>34
なんだ3割だったか…9割の方が話としては面白いのに。
それに9割なら後の1割をCGで作って三船版御用金が見れたのになあw
まぁ仲代も昔のことだし未だ腹に据えかねてるのも手伝って
大袈裟に言ったのかもね。

36 :この子の名無しのお祝いに:04/11/30 19:49:30 ID:DnEyuay0
↓これに書いてあったのね。
ひまわりとカメラ−撮影監督・岡崎宏三一代記
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4380992055/

原因は書いてないんだけど、仲代はなんて言ってんの?

世間では三船が投げ出したことになっているけど、信じられない。
どちらも引かないから、五社が一緒にやったことがある仲代をとって、
三船にお引き取り願ったんじゃないかと思っているんだけど。

本当は仲代が引くべきだと思うんだけどね。年少だし、
三船は黒澤が非常識なくらい強引だって歴史的事実を言っているだけだから(w

37 :この子の名無しのお祝いに:04/12/01 23:34:33 ID:4WEJDfZc
降板の真相は憶測するしかないけど、とにかく三船の酒癖の悪さに少なくとも一因はあると思う。
若い頃は鬱憤晴らしというか、司葉子だったか、ロケで泊まりの時に獣の雄叫びが聞こえて
驚いて外を見たら三船だったという話もしてるほどで。
まあその頃はまだ可愛げもあったんだろうが、御用金の頃はもうプロダクションの社長で
実業家気取りでブイブイいわせてたらしいんだよ。ジャーナリストの竹中労も
レストランで何が気に入らなかったのか酔っ払って大暴れしてる三船のことを書いてる。
おそらく御用金の時もかなりヒドイ状態だったんじゃないかな。
でも仲代も黒澤の悪口は目をつぶったと思う。三船と黒澤は20年来の付き合いだから
七人の侍入れて4本(当時)しか出てない仲代に口を挟む権利はないだろうし。
直接の原因は小林正樹の悪口だと思うよ。小林は三船プロで上意討ちを撮ってるけど
小林は順撮りじゃない。その分だけ金がかかる。社長の三船としてはそれが腹が立って
仕方なかったらしい。それを歯に衣着せずグチったんじゃないかなと思うんだよ。
これでは小林に映画俳優として育ててもらった仲代としては黙ってはおれない。
それでボカーンとw とまあ、そういうことではないかなと思うけどね。

38 :この子の名無しのお祝いに:04/12/02 00:47:42 ID:edHlMPfa
小林正樹は潰し屋だからな。
どっちにしても三船が自分の実体験を背景に愚痴って(悪口を言って)、
それを仲代が聞き流せなくて、ってことなんでしょうねえ。
仲代は熱血馬鹿だからな。

39 :この子の名無しのお祝いに:04/12/11 03:18:35 ID:i61LYGmQ
>>36
状況的には、怒った三船がロケ先の宿を飛び出して帰郷してしまい、現場を放り出した形になったから。
こういう場合だと、現場に残ってる方を降ろすわけには行かないよな。
五社さんとしても三船の行動には腹が立ったみたいで、映画が流れかけても説得に乗り出さなかったってんだから。
映画の完成後、三船は一応「大人気ないことをした」と関係者に詫びを入れたらしい。

40 :この子の名無しのお祝いに:05/01/14 15:53:18 ID:f5nxBfux
東映の俊藤さんと組んで欲しかった


41 :この子の名無しのお祝いに:05/01/19 04:07:43 ID:2A+/iXD5
女優をよく脱がせるから大好き

42 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/13(水) 00:42:51 ID:a6sRYRJE
「御用金」見たけど、おもしろかった〜
いままでは女優脱がせて客呼ぶだけの無能なオッサンとしか思ってなかったけど
食わず嫌いだったわ
これからいろいろ作品見てみようと思う

43 :ラジオ関東:2005/04/14(木) 01:53:26 ID:PAwZ8/lw
ニッポン放送→フジテレビのコワモテ五社が存命だったら、堀江も二の足踏んでたにちがいない。

44 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/15(金) 16:10:58 ID:F3ox+VfA
59 :この子の名無しのお祝いに :2005/04/10(日) 15:42:11 ID:z+twS/dq
三島目当てで人斬りを観たが、仲代がかっこよかった。
今はまだ大学生だが社会人になったらあんな上司の部下になりたい。


45 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/30(土) 05:38:05 ID:KUhW4WNj
MBSの鬼龍院 野球延長で録画失敗orz

46 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

47 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/30(土) 13:11:04 ID:l4t+4RYZ
『鬼龍院花子の生涯』は重厚な仕上がりだと思う。

48 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/30(土) 14:40:16 ID:NpwVaVgn
タイトルと内容が合ってない

49 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 22:00:22 ID:LqnQRtqV
花子が生まれてから死ぬまでに起こった色々だから
タイトルには偽りなし。

50 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/02(月) 00:14:11 ID:sNIBtCig
連想ゲーム

「五社英雄」 「…女優の乳首!」

51 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/02(月) 08:46:51 ID:0xAfSb/V
テレビ局出身ということで、撮影所世代の監督達から
よそ者扱いを受けたらしい。
映画界は閉鎖的な村社会だよね。どんどん衰退していった。

52 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/02(月) 09:00:29 ID:Z2gUX6Uk
13回忌なのか
じゃ、特集で「牙狼ノ介」をどこかで上映してくれんかのう

五社の邦画界へ残した功績は
夏八木勲という素材を発掘したことと思われ。

53 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/02(月) 12:00:11 ID:dSMXJuiN
花子役の人ってその後なんか出てるの?


54 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/02(月) 23:02:43 ID:vB/8rVCS
俺、「御用金」って好きだった。
あと遺作の凄み、若き日の堤はやっぱり只者ではなかったな。
傾向としては、あの手の地獄絵は嫌いだよ

55 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/03(火) 01:07:45 ID:DgzC4zwU
>>48
仙道〜夏目が花子だとずっと思ってたよ。orz

大人になって鬼龍院花子を襲名するのかと・・・。

56 :お父さん?、助けて:2005/05/07(土) 06:10:24 ID:LwyiozGK
>>42
大女優は、五社の他作を見て脱いだら損だと思ったら絶対に脱がないよ。
脱いじゃう大女優が次々に出てくるというのは、
それだけ役者からも評価されているという事。
実際この人は役者に見せ場を作ってやるのが上手い。
映画の流れの中で自然な見せ場でね。


57 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/07(土) 13:51:51 ID:hRVMHURB
夏目雅子と浅野温子はよかったな。

58 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/08(日) 13:34:34 ID:zjSRSic4
今日は揚輝楼やるじゃん。
今月は五社月間か?

59 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/09(月) 15:14:04 ID:GxUYB09n
『御用金』はビデオ化されてないんですよね。
初期のフジテレビ製作作品は『暁の挑戦』(五社監督作品ではないが)も未ビデオ化。
問題のある描写でもあるのかな?

60 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/10(火) 00:25:52 ID:Up3DHyHS
五社、舛田、深作は黒澤以降の娯楽活劇の三大監督。

61 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/10(火) 17:51:04 ID:VLWxS+xi
この人、'89年版「座頭市」の監督する筈だったらしいね。
そのとき、「勝新が演技に専念してカメラの後ろ側に回ってこなければ」
という条件で引き受けたそうだけど、最初の打ち合わせだかなんだかの時に
勝新が「あそこのシーンはここをこうして・・・」とやり出した瞬間に
あえなく決裂したとか。

62 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/10(火) 20:10:59 ID:o8pljMbR
勝新との仕事は難しいよね。
『人斬り』に出演していた倍賞美津子さんもインタビューで
勝新の監督と記憶違いしていた位だから。
勝新自身もインタビューで『人斬り』のエピソードとして
三島由紀夫が台詞を何度も口篭もってやり直しをさせられている時に
勝新が「人を斬って来た後で動揺して口篭もる事もある」といって
監督にOKさせたらしい。

63 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/17(火) 08:53:17 ID:fALl0LHY
78年〜88年位までは深作さんと東映、松竹で交互にヒット作を出して映画界の中心にいた。
78、79年のオールスター時代劇では互角以上の戦いだったと思う。

五社 「雲霧仁左エ門」「闇の狩人」   松竹 仲代主演
深作 「柳生一族の陰謀」「赤穂城断絶」 東映 錦之助主演

全作に出演が丹波と成田。何故か梅宮が松竹作品にのみ二本出演。

64 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/17(火) 09:02:03 ID:aMpI4okj
裸しか思いつかん。

65 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/18(水) 12:31:13 ID:buJqMPpc
五社さんは、舛田、深作両監督と黒澤の四騎の会のようなものを作りたかったみたいだね。
舛田、深作の快諾が得られず頓挫したようだ。

66 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/18(水) 13:21:29 ID:fWcBjP1r
四騎の会が、脚本しか残してないし、
五社、舛田、深作は脚本書けないし。

67 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/15(水) 02:01:13 ID:UrfPIE19
流れを外してすいません。
74年の「暴力街」で、安藤昇と夏樹勲を相手に、養鶏場で死闘を演じた
殺し屋の役者名が分かりませんか?

オウムを肩に乗せている男とカミソリ使いの殺人狂のオカマ
の二人組なんですけど。
JMDB、goo映画、 allcinema全部当たって、ダメでした。

68 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/15(水) 05:40:41 ID:UrfPIE19

男の殺し屋は山本昌平氏と確認。
「探偵物語」で見た記憶をたよりに発見しますた。

ttp://homepage3.nifty.com/yusaku/tantei/19/19.htm

69 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/19(日) 09:58:38 ID:SYqwJwyH
五社さんは一本立て大作で退屈になる撮影所出身監督を尻目に
オールスターの娯楽活劇で奮闘していた。
映画会社出身で無いだけに、切り替えが上手く出来たのか?


70 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/19(日) 11:01:47 ID:7v/6Dwyq
製作会社にどれだけ縛られるかってのもあると思う。

それから、斜陽で締め付けのきつい中で育ってきた撮影所の監督と
昇り調子で自由にできたTVのドラマ部の監督、
勝ち残ってきた環境の違いもあるんじゃないでしょうか?

たとえば、にっかつの監督は撮影所育ちだけど、
エロ入れとけば自由にできたから、神代その他が活躍したし、
にっかつでは助監督止りながら、長谷川、相米も出てきた。

松竹、東宝、東映育ちの監督は、会社に順応できる人だけ生き残ってきたけど、
会社が閨閥経営でちゃんとプロデュースできる人がいないからね。
二世の出世の邪魔になるから切れ者は関連会社に飛ばされちゃう。

撮影所を追い出された清順の方が(やりすぎかもしれないけど)自由にやっている。

71 :クワァルド:2005/06/19(日) 12:48:14 ID:dsRgw8+q
∧_∧
俺の名はクワァルド!≫<  ゚Д゚>
             (〕   ⊂〔)彡
              人  │
              し(_フ

クワァルドはコテハンAAだ!2chの英雄になるため修業中!!
現在”クワァルド突撃部隊”を率いている!!
糞スレには”クワァルド突撃部隊”を率いて攻撃する!!
入隊したい奴はここに来い!!

http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/kao/1115731582/l50

この文章をドンドンコピーしてくれ!!


72 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/15(月) 23:50:35 ID:uL7vUlJe
あげ

73 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 08:13:00 ID:ecpFZj4i
誰が言ったのか忘れたが(大島渚だったかな?)
「そんなもんは五社にでも撮らせておけ」という発言を雑誌で見たことがある。
馬力のある娯楽作家という意味で使われたようだが、この言葉が印象に残ってる。

74 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 10:35:27 ID:cmPe5vFN
>「そんなもんは五社にでも撮らせておけ」

そこで五社の名前が出るしかないほど、
日本の映画人材は貧困だった。
その一人に大島がいたw

75 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 10:39:34 ID:iPVMd7+Q
>>74
ツマンねー、反応。

大島だったかどうだか俺も覚えてないけど、
「それは五社さんが得意な分野ですね」くらいの意味の発言。

76 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 08:59:32 ID:Ycw+guMr
そんなもんってどの作品?

77 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 01:28:39 ID:JbwZ9rlR
「吉原炎上」はストーリーや役者やセットなんか見れば大傑作だと思う。
東映モロ出しのクッサイ音楽以外は。セリフなんかもセンスいいしね。
女の見つめ方が溝口健二監督と似てますね。

78 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 17:36:10 ID:SdV08vFD
あの映画の音楽は確か佐藤勝ではなかったか? 黒澤映画その他数々の映画に曲付けて
た人だが……。確かに、あの映画の音楽は品がなかった。

79 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 19:50:51 ID:01PEbuqZ
>>78 そう、品が無かったですね。

80 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/27(日) 18:26:54 ID:NueNDWaT
二ヶ月止まってるスレに書くのもナニだが・・・「薄化粧」DVDが出た。
藤真利子のファンだったんだが、この頃が一番好かったんで購入。
佐藤勝の音楽もこの映画では「品が無い」なんて事はなかった。



81 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/29(木) 02:00:36 ID:d2VNc6zo
CSで人斬りを放送して欲しいね。

82 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/05(木) 17:12:55 ID:O7P3SRoO
>>55
鬼龍院花子の生涯の封切り当時、花子役の高杉かほりさんが
プロモーションでテレビのバラエティ番組にでて、役名を聞かれて
やや困った顔で答えていたのを思い出す。

番組はテレビジョッキーで聞いたのは土井まさるだっけなー

83 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/10(火) 09:56:26 ID:kpftD6Hy
原作はどうなっているの? > 花子の扱い

84 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/26(日) 22:12:11 ID:kCpPzApe
2・26鑑賞age!

85 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/01(水) 05:00:25 ID:p8E/ShG7
舛田ほどくだらなくはないし、深作ほど大雑把ではないが
舛田ほど作品世界に入れず、深作ほど勢いもなくストーリーが単調

表面なぞってるだけで映画の世界に入れずに置いてきぼりをいつもくう
しかも無駄に長い

金かけたセットと豪華なキャストと女優の乳首が売りなのだけ
別に脱がなくてもいいシーンに執拗に脱がせてるだけ

86 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/01(水) 05:05:17 ID:p8E/ShG7
結局個々のキャラクターに命がないんだよな、人間味というかさ
よって画面が進むだけで話に深みがでないし、観てて感情移入ができんのよね
総じて脚本悪くないのに、やっぱ演出なのかね

87 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/01(水) 05:27:59 ID:p8E/ShG7
↑いや、訂正
個々のキャラはそれぞれ設定されてるんだけど、映画全体でどうでもいいシーンに
時間をかけ過ぎて、描写しなければいけない個々のキャラの背景やいきさつが
が丁寧に描かれないまま話だけが進んでいくからキャラに感情移入できなくなる
観せ方、つまり魅せ方のツボがズレてるんだよな
カットいっぱいできるはずなのにムダにつなげて長いのも勘弁してほしい

88 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/01(水) 20:54:03 ID:FdI+Ej2d
五社、舛田、深作の三人は、昭和四十年代、五十年代の王道路線(男性スターの活劇)の
エース的存在だったと思います。
この三人でこれだけ辛口だと、85さんの
邦画王道路線で支持する監督というと黒澤明ぐらいになるのかなと思います。

89 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/01(水) 21:32:37 ID:p8E/ShG7
邦画を愛するが故に辛口にもなる

黒沢は中では別格では?ことにエンターテーメントとしての質としてね
黒沢にしても初期〜中期の方が好き
いずれにせよ、昭和三十年代〜四十年代前半の全体の質の高さには
残念ながら及びもしないよ 監督個々人のせいだけじゃないけどさ



90 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/10(金) 21:44:37 ID:Q1gDawMK
映画に進出したばかりの頃は五社協定があったんでたいそうな芸名ですなとよく
嫌味を言われてたらしい

91 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/10(金) 22:42:00 ID:YZjP+Asl
そのころは日活も含めて六社協定でした。

92 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/14(火) 04:31:05 ID:Yq2ZbwFd
久々に観たけど、豪華なセットに力入った役者の演技
シーンシーンはカットして観れば実にすばらしい
役者の観せ方は上手いから、さぞかし役者も満足であろう

---が、全体のつながりが悪いからマジでつまらん
しかも長いから余計に苦痛

お約束の乳首が客寄せパンダなのが悲しい‥

結論:音無しで流しておくBGVにはもってこいw

93 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/14(火) 20:26:23 ID:dPRbxekw
>>92
どの映画だ? 吉原炎上?
この人の映画は余り観ていないが、「御用金」だけは例外的に面白かったぞ。多少
難はあったが。

94 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/15(水) 00:32:56 ID:qjRpG/cj
>93
「陽暉楼」「吉原炎上」「鬼龍院花子の生涯」の3本立て
真面目に観ると二時間えらく苦痛な映画集
ここまで充実した題材で、なんで相対的につまんなくできるのかが逆に不思議だ

キモノ好きなオレには唯一視覚的には心地いいから、期待せずあと数本観てみるわ

95 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/15(水) 01:16:17 ID:gOjOeF2G
五社さんは70年代までの娯楽活劇で評価して欲しい。
『三匹の侍』『御用金』『人斬り』『出所祝い』
『雲霧仁左衛門』『闇の狩人』あたりの作品で。

96 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/16(木) 04:31:34 ID:gN2KmK58
>>94
70年代までの作品は知らんがオレもそう思う
近松原作「女殺油地獄」を結構期待して観たんだけど、やっぱこの人の演出ぬるいわな
なんで山場でスローなんて小技使って観る者を興醒めさせるような演出するかね
いい題材&セット&豪華な役者でこれかいな 今回は音も良かったのに台無しやん
お約束かもしれんが、別に樋口の乳首いらんしな
まぁ「吉原炎上」に比べれば最後までは観れるがな

同じ近松なら増村の棒読み&くどい演出の「曾根崎心中」の方がはるかにええで


97 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/22(水) 21:38:21 ID:/mnhFdp/
『人斬り』は三島由紀夫の出演に助けられたのと、勝新太郎が口を出したおかげで面白くなった映画。
『鬼龍院花子』は夏目雅子の流行語大賞のおかげでヒットしただけの映画。
『陽暉楼』と『吉原炎上』はロブ・マーシャルがさゆりのネタ元にしたからDVDが出た愚作。
『三匹の侍』は監督不在で、丹波と長門勇のおかげでやっとこ一本の映画になっただけの鼻糞。
『226』は五社の思想だけはわかったけど、映画にするほどの価値はない凡作。

いやー、鼻糞みたいな監督だったわな。

98 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/27(月) 15:32:59 ID:VyoZxhzC
全然話題に出ていないけど「櫂」はどう?
中学生の時に見て、ラストの暴れる緒形拳など印象に残っているのだけど、
見直すほどの映画かしらと迷っている。
「鬼龍院花子の生涯」は見直したらガックシだったし。

99 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/08(土) 06:36:03 ID:PuHMcSDd
乳首age

100 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/08(土) 07:22:34 ID:f3EiZ6Ep
鬼龍院花子の役者の顔が離れましぇん!

101 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/08(土) 11:23:31 ID:zftfJtwy
昔ピストル密輸でパクられたっけ?

226プレミアの際
勝新が隣の椅子の武に上映中
「・・・違うな・ココはパンだろうよ、なあ武、ああ、間が早いよココ
 駄目だ、間が死んでる・・・なあ武、」
 
だってw前の席に五社座ってるのに。勿論ワザとだろうが。
武も生半可に相槌打てず困ったって。

102 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/08(土) 11:50:24 ID:8WzJp/35
パッとせん作品が多い監督じゃのうー。のう?

103 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/08(土) 18:58:40 ID:VXk6gc+d
『雲霧仁左衛門』大好きなんですが、あまり話題になりませんね〜www

104 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/09(日) 17:37:54 ID:VpReJgDq
一時期、日本映画界を代表する監督の一人だった。

105 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/09(日) 21:23:23 ID:ByBxh9gH
↑この人が日本映画界を代表する監督だったなら、オレ日本映画観るのマジでやめるわ

106 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/10(月) 17:32:47 ID:HYhMWUiA
良く組んでいた森田富士郎さんが撮影の「あの試走車を狙え」(森一生監督)見たけど、
スタイリッシュですなあ。「人斬り」が初顔合わせなのかな? それともTVに行ってたのかなあ?

107 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/21(金) 01:05:08 ID:No+SZmJa
苗字が五社ってところが、日本映画界を代表してたじゃん。

108 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/22(土) 03:21:09 ID:qSRRieJs
>106
絵はまぁいいんだよ 音ナシで観ると結構いけてる映画?って感じに思われる

ただ、壊滅的なのはシーンごとの繋ぎのまずさ
すべてがこうだから途中で観客が取り残される

109 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/22(土) 03:33:43 ID:/5a7Vr3g
>106
悪い意味ですごく代表してた。
日本映画=花魁と女優の裸

110 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 02:55:05 ID:MjY0CAo+
松竹、東宝、東映、フジテレビ、俳優座と
業界の大手での仕事が絶えなかったので、信頼されていたと思うよ。


111 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 03:17:24 ID:8MvkRyi4
この人の映画は"有名女優が乳首出すのが話題"っていうイメージ
そんだけ

112 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 08:20:08 ID:5JsLM5pE
「噛んでぇ〜!ごご噛んでぇ〜〜!!」
いろいろ観たけど、西川峰子だけが離れません


113 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/23(日) 17:17:50 ID:uES2OA8D
80年代の邦画を代表する人物
・角川春樹
・森田芳光
・相米慎二
・深作欣二
・薬師丸ひろ子
・原田知世
・大林宣彦
・五社英雄
                      あたりか??
なんか今の日本映画界がの方が健全な気がする。

114 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/30(日) 13:44:50 ID:ZZfwSjUu
戸籍上の名前はえいゆうだったらしい

115 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/01(月) 02:11:43 ID:bVJtHBii
それじゃ、親が力みすぎのフライングだったなぁ
まぁよくあるパターン


116 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/13(土) 20:12:36 ID:1r4LeOjU
>>113
角川映画の影響が大きかったからね

117 :マイケルスケベ:2006/05/14(日) 08:27:38 ID:la1X8odS
薄化粧の藤真利子の濡れ場の演技は最高に良かった。あの表情を上手くとらえていると思う。

118 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 23:01:48 ID:MV8+yp0u
女の裸だけが売りな印象しかない。映画っていうよりテレビだね。

119 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/21(水) 20:10:37 ID:vOs9X+jt
「北の蛍」を久々に見ての早乙女愛でヌキまくっていた昭和の俺を思い出しましたよ!
今も昔もヒグマに萎えるオレ

120 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/21(金) 11:43:31 ID:9U4wfci/
a

121 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/21(金) 12:05:13 ID:HA1U62kl
226と御用金は密かに好きだったりする

122 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/10(木) 12:51:24 ID:SNC5t58E
キモノの資料と近松モノ観たさに『女殺油地獄』久しぶりにみた。


相変わらず期待を裏切らない五社作品でした。
わかってはいるものの、毎回残るこの後味の悪さは何だろう。

カメラワークがTVドラマみたい。
妖艶でプッツンな藤谷美和子と樋口可南子が綺麗なだけに、
全く無駄な樋口の「お約束」乳首晒し。
キモノと髪の時代設定が元禄期にしては微妙だけど、これは致し方ないか。

いい点って、前半の押さえた進行と音楽と堤抜けたキャストくらいかなぁ。
(途中から総崩れするのが持ち味なのが悔やまれる)

これ、監督と主演の堤変えてたら名作になっていたとマジで思う。
あ、ついでにカメラマンもね。

ダメ出ししたくなくても鬱積するんだもんなぁ。。




123 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/10(木) 13:41:05 ID:SNC5t58E
ついでに、今観てる同じ近松原作でも篠田の『鑓の権三』は
時代考証がしっかりしてて、キモノも髷も見事だ。
おまけにカメラが宮川一夫だ。
こりゃ、かなわんな。

(こんなにいいスタッフなのに、でも監督篠田なんだよなー)
この後『近松物語』と比べるのが楽しみだったりするけど、
順序逆に観るとショックだわな。

連投失礼!

124 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/08(金) 21:25:04 ID:A2S2uUDS
今月、WOWOWで特集があります。

125 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/13(水) 22:16:34 ID:/lGqbsFW
深夜放送を録画して忘れてた薄化粧見た。
放送禁止で消されてる台詞がちょこちょこあって残念だった。

126 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/07(土) 20:36:39 ID:DrWJhPHF
BS2で、丹波追悼として「三匹の侍」放映してたな

127 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/08(金) 10:29:27 ID:dvsO/UJV
五社、石原真理子にセクース強要してたんだな・・・テラウラヤマシス ('Д`;)ハアハア

128 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/11(月) 00:07:28 ID:NujWQFTC
>>103
俺も好きだよ。

仲代のファンにとってはまあまあ良い監督だよ。
闇の狩人と鬼龍院花子も良かった。

129 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/15(金) 16:50:27 ID:0XwkWQDs
この人「八月の狂詩曲」の試写会で
目真っ赤にして泣いてた。
海部総理もだけど、良い人だね。

130 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/13(土) 01:58:19 ID:L1HwOZbe
五社さんが生きてたら「大奥」も撮ったのかなぁ

131 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 01:10:53 ID:IkMpkeH+
今こそ十手舞age

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)