5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サスペンス大傑作 黒澤明「天国と地獄」

1 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/22(日) 14:46:36 ID:2sfxJS9L
エド・マクベイン原作“キングの身代金"を小国英雄、
菊島隆三、久板栄二郎、黒澤明が共同で脚色、黒澤明
が監督した刑事もの。黒澤明監督の現代劇では最高傑作
と思われる。前半の権藤邸で繰り広げられる密室劇から
後半のジェットコースタームービーのような展開への巧妙
な転換が素晴らしい。内容的にも怨恨が目的でなく羨望、
嫉妬が直接の犯行原因になっている点が普通の誘拐事件
よりも一層恐ろしい感じがすると同時に事件に複雑さを
加味している。また、犯人、被害者、警察関係者のみなら
ずナショナルシューズの経営陣や債権者、捜査協力者達の
ディティールまでもが着実に描写されている事が超一流の
サスペンスドラマへと昇華した理由ではないかと考えさ
せられる。更に映像面でも疾走する急行列車の窓からの
鞄の投下、煙突の煙のパートカラー、伊勢佐木町根岸屋
の麻薬受渡し、黄金町の魔窟、靴屋のウィンドウ前での
権藤と竹内の邂逅、腰越の待伏せ等、非情に印象的な場
面を幾つも挿入している。これほど歴史的名シーンの多
い映画も珍しい。
この大傑作について語り合おうぜ。


740 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 06:04:19 ID:PYXZEYd5
セットだからな

741 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 14:41:39 ID:WcWp4owA
前から思っているのだが、山崎努を極刑にするために
泳がせた揚げ句、ヤクチュウとはいえ無関係の人間を
死なせてしまった警察、特に仲代達矢は責任を問われな
いのだろうか?

742 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 14:50:01 ID:4qtnH14C
あのね、それは散々既出。
なにをいまさら。

743 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 14:59:39 ID:WcWp4owA
>>742
ごめんね。
で、今更で恐縮なんだけど、どういう結論になったのここでは

744 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 15:17:58 ID:kSquXdL0
仲代は元々、極刑を望んでいたわけだから、一人被害者が増えた事は
ウェルカム。責任問題はと云うと"すいません、そこまで読めませんでした"
勿論上司は"ゴミが一人排除できたし、まあ良いか"ってマスコミには口外せず。

745 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 15:25:51 ID:nFeOqU9x
戸倉警部、竹内の最高裁判決確定後に権藤と共に面会に出かけた時には、既にいくつか他の部署へ移動していた鴨な。

746 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 17:39:14 ID:PYXZEYd5
>>741
二人も殺した殺人犯を死刑に追い込むのは当然だろ

747 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 17:53:52 ID:WcWp4owA
>>746
それは悪くはない。
しかし、それによって無関係の人間を死なせたのは
大失態だって言ってるの。

748 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 19:15:57 ID:4qtnH14C
結論は

























これは映画。

749 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 20:26:32 ID:PYXZEYd5
>>747
どの辺が失態だったのか教えてもらおうか
具体的にどうすればよかったのか書いてみな。

750 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 20:40:44 ID:J9jfctYQ
まぁ戸倉警部の責任問題にはならないにしても失態は失態だな。薬中とは言え事件に無
関係な人間を死なせてしまった。しかしまさか竹内が人体実験するとは思ってなかった
んだろう。現に尾行中も薬を入手した竹内がドヤ街に入っていった理由が最初わからな
いでいた。気付くのが遅かったがな。子供は無事に帰っているし、身代金の大半も取り
返しているからよしとしよう。

751 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/16(金) 00:07:01 ID:Izanejng
何事も全部上手く行くものではないってことで、いいっすね。

752 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/16(金) 06:27:44 ID:/qfFYTbE
週刊文春の書評日記レギュラーの山崎努、今回初めて「キングの身代金」を読んでみた。
アプローチは違うが、映画も原作もどちらも古くなっていない、と。

753 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/16(金) 07:35:35 ID:ydSqic0u
>>750
>まさか竹内が人体実験するとは思ってなかった

じゃあ、失態じゃないだろう。
不可抗力というのだ。



754 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/16(金) 09:05:14 ID:ImLneB03
「まさか、ちょっと飲酒したくらいで人を轢くとは思ってなかったんです」
「じゃあ、失態じゃなく不可抗力だな。無罪!」

755 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/16(金) 09:27:59 ID:PpgxBDrM
>>750
敏腕警部なのに"まさか竹内が人体実験するとは思ってなかった"という事が失態。
"不可抗力だから失態ではない"とは云い切れない。

756 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/16(金) 10:30:40 ID:ydSqic0u
>>754
例えがアホ杉

>>755
敏腕だから失態って、個人の能力で判断される話ではない

失態というのは、刑事が尾行中に犯人に逃げられたといったときに使う言葉だ。


757 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 03:27:36 ID:9PyQtj4h
捜査ミスだとか、あるいは物語上のミスだとか考えるよりは、
竹内に対する憎悪が暴走したものだと考える方が面白いと思うんだけどね。
ヤク中の末路なんて闇から闇へだろうし、「こいつらならまあ死んでもいいか」
みたいな消極的な悪意があったんだと思うよ。

警察はあくまで竹内の敵として出てくるだけで、別に正義の味方として描かれてる
わけじゃないだろう。そこに失態だとか言い出すのがそもそもズレてんじゃないか?

758 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 03:56:29 ID:aOmf/JLf
>消極的な悪意
その解釈はいくらなんでも無理やりすぎ
暗黒街に入っていったとき、警察はあいつ何をする気だとずっといぶかしがってたじゃん
竹内の意図を予想していたとは思えない

759 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 11:25:03 ID:2GeKCrle
確たる証拠が欲しいことで、竹内を泳がせてもう一度共犯者を殺させようとしたことは確
かだ。しかも使われてもいない身代金の一部が使われたと新聞記事の捏造までしている。
ここまでは映画の世界でもまぁ良いが、余計な殺人が行われたことに違和感は感じるな。
人体実験のシーンは無くても良かったか? 結果的に警察のやり過ぎと竹内の更なる残虐性
を感じてしまうよな・・・そしてあのクライマックス・・・

天国と地獄と言うタイトルからすると、やはりこの方が良いのかな? どうなんだろう・・




760 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 13:24:37 ID:acrEhiyU
戸倉は確かに権藤に肩入れしすぎだ。逮捕寸前に記事を捏造までさせて
竹内を泳がせる奇策を上層部がよく許したもんだと思う。万が一感づかれて
逃げられてたらそれこそ戸倉の大失態になってた。

761 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 15:22:05 ID:ie0ciDxf
>竹内を泳がせてもう一度共犯者を殺させようとしたことは確
かだ

すでに死んでる人間はどうやっても殺せませんw


762 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 15:30:39 ID:2GeKCrle
>>761
おまえあほやろ。共犯者を竹内に殺しに行かせる行為のことを言ってるんだよ。
竹内は生きてると思って殺しに行くんだよ。このスレ見てる連中は知ってることだろ?
この程度理解出来んのか?

763 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/17(土) 16:41:48 ID:ie0ciDxf
おまえだよ。

死んでる人間はどうやっても殺せないから
戸倉の作戦はこの点では非難される筋合いはない。
普通に考えれば、誰も危険にさらされる事はないはずだから。

お前はこの策略自体をけしからんと非難してるんだろう?

764 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/18(日) 00:00:54 ID:N8GD+k7z
>>763  つかれるわ・・・
誰が死人を殺させることを非難してるんだよ。無関係の人間が殺されたことに違和感を
感じると言ってるんだ。ひっかけ作戦そのものはオレは「まぁ良い」と書いてるだろが。
余計な殺人が行われたことによる戸倉警部の失態はあるが、人質を無事に取り返したこ
とでよしとしようとカキコしたのもオレだよ。
「人体実験のシーンは無くても良かったか?」と問いかけてるんだよ。オレは違和感を
感じるが皆はどうだと聞いているのだがな。誰もけしからんとは言ってない。

わからんのか? だとしたらオレがあほなんだろう。すまんこってすわ。



765 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/18(日) 07:35:05 ID:5hJ+phRB
>>764
失態とは言えないだろう。
あの状況では竹内が人体実験をすることなんて誰も予想してないんだから。

俺は戸倉警部の「しまった!奴は女をモルモットにする気だ!」って台詞さえ余計だった気がするがね。
いくらなんでも推理が当たり過ぎだよ。

766 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/18(日) 11:32:27 ID:hIe+1b8/
現代でこれと同じ事件が起こったらどうだろうな。マスコミが協力するとは思えないが、
もし協力したとして、結果的に犯人逮捕に繋がってもひっかけ捜査や余計な殺人は警察
も非難されるだろうな。記者会見で捜査責任者が「やむを得ない」とか言って、マスコ
ミが「最後の殺人は想定出来なかったのか?」とか「捜査に行き過ぎはないのか」とか
言われそうだな。当時ならわからんが・・・

767 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/19(月) 08:45:36 ID:IeuskN5J
>>竹内が管理人殺しの犯人だということは明白。
もう一度、犯行に向かわせるよう仕向けなくても取調べでゲロさせられなかったのかなあ?
所詮、竹内は一寸頭が働く程度で根っからの犯罪者でもないし、強烈に脅せばすぐゲロしたと思う。

768 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/19(月) 16:44:23 ID:S/kcjfU2
>竹内は一寸頭が働く程度で根っからの犯罪者でもないし

むしろ単純な根っからの犯罪者の方が簡単にゲロするよ。

オウムの神様先生とか呼ばれてた人の例見てみればわかるけど

頭の良いプライドの高い人に強圧的な脅しとかは
かえって逆効果だよ。

769 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/19(月) 17:59:00 ID:w48aCi7i
竹内はあの時点では誘拐犯としても逮捕できるかどうか疑問だよ。

物的証拠は何もないし、
子どもの証言なんて裁判では証拠にならない。

770 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/20(火) 08:37:54 ID:WdIP2032
>>頭の良いプライドの高い人に強圧的な脅しとかは かえって逆効果だよ。

は暴力を伴わない脅しの場合。

>>竹内はあの時点では誘拐犯としても逮捕できるかどうか疑問だよ。

は麻薬取引の現行犯で別件逮捕して吐かせる。

と思う。



771 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/20(火) 08:59:39 ID:PEm2Hukv
http://www.watchme.tv/v/?mid=66e8ba8216a1e152d72653d99a4f03ab

怪獣映画復活演説

772 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/20(火) 20:58:37 ID:2D/Ix4oT
>>770
別件じゃ無理

773 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/23(金) 05:58:27 ID:oHJMQPGr
冒頭ナショナルシューズの重役紹介の説明セリフで激しく萎えた
とにかく臭い
こういうのに違和感感じない人しか黒澤映画って楽しめないよなw

774 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/23(金) 08:17:10 ID:vAzYmLPD
昔はあれでよかったんだよ。
時代劇として見れない人はこの映画は無理。


775 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/23(金) 15:54:31 ID:Q9vCHaBw
「・・・ぜ。」とかいうセリフが多いよね。
いい年したオヤジたちが使ってて、やっぱり違和感は感じるけど
昔はみんなあんなしゃべりかただったのかね。
それとも黒澤映画の特徴なんだろうか?

776 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/23(金) 15:59:35 ID:15/Am6bb
俺は酒呑んだ方が頭よくなるんだぜ(用心棒)

というのもあったね。あとなんだっけ?

777 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/23(金) 17:05:00 ID:7AChL1+w
どのへんなんだぜ

778 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/23(金) 19:19:07 ID:vAzYmLPD
>>775
「・・・ね」というセリフがこのスレでは多いぜ。
いい歳をした子どもが使ってて、違和感、感じるぜ。


779 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/23(金) 19:35:05 ID:Ly51a/7j
ところで、「違和感を感じる」と「違和感をおぼえる」ってどっちが文章として正しいの?

780 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/23(金) 20:14:29 ID:oJfs3WpF
冒頭の説明セリフというのには、悪い印象は持たなかったな。
最初の場面(のセリフだけ)で一挙に、スピーディに状況説明してしまうというのは大変な技術だよ。
そして、これは、黒澤のお得意のテクニックでもある。
「白痴」「わが青春に悔いなし」の冒頭の字幕、「生きる」の冒頭のナレーションが代表的。
「七人の侍」もファースト・シーンの野武士と百姓たちのセリフで一挙に状況説明をしてしまっているし、
「隠し砦の三悪人」でも冒頭の凸凹コンビのセリフの応酬の中である程度の状況説明を済ませてしまっている。
「影武者」のファースト・シーンもそう。
>>774「昔はあれで良かった」ということはない。いまでもあれで良いんだよ。
ドラマの進行に折り混ぜる形で人物描写をしていったら、それだけで時間をとられてしまう。
そういう脚本だったら、それはそれで>>773は「テンポがのろい」と文句を言うんだろう。

(「スターウォーズ」の冒頭の字幕は、黒澤の影響かも)

781 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/23(金) 22:18:03 ID:vAzYmLPD
「赤ひげ」も「椿三十郎」もそうだろう。
ってか、ほとんどの映画はそうでもしなきゃスタートラインには立てない。
773はそんなことをいってるんじゃないだろ。



782 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/24(土) 03:41:42 ID:q0zkDlF2
小津は粋、黒澤は野暮
だけど、黒澤には誰にも負けない「思い」が有った
「思い」だけでいろんな壁を越えていった



783 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/28(水) 13:57:09 ID:mIqGbKKV
>>780
「トラ・トラ・トラ!」の冒頭の会話もそうだぜ
黒澤が書いた脚本だってのがあの会話で歴然としてるぜ

784 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/16(金) 08:41:57 ID:I3jnZ1Lf
『椿三十郎』もリメイクしたんだから『天国と地獄』もリメイクして欲しいな。
列車のシーンは無理だろうけど・・・・・・

785 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/17(土) 04:43:04 ID:iFjI9SKc
リメイクは無理。
誘拐されて破産した富豪のために、犯人の罪を重くするために泳がせて、
結果よけいな殺人をさせるなんていうのは今は無理。
設定を変えるとぐだぐだになるし。
あんまり放送されないのも、倫理の問題だろうね。

786 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/17(土) 07:45:25 ID:FDD7PxFy
>>785
CSで年に1ヶ月は定期的に放送されてるよ。
こういうバカ相手じゃリメイクは無駄だろ。




787 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/17(土) 18:03:50 ID:DZ3gqy1x
黒澤が一気に冒頭で設定を説明するのは、能やシェイクスピアなど、舞台劇の影響だと思う

能だと、まず最初に登場人物が「これは○○にて候。さても〜」と、ナレーション代わりに
観客に向かって自己紹介と設定の説明をする。シェイクスピアも(観客に話しかけはしないが)
大体最初の1、2シーンの登場人物の会話で、設定が理解できるようになっている

昔ながらの舞台劇はみんなそんな感じだけど、それらを好み脚本を研究していた黒澤は
映画でもそういう古典的な出だしを採用するのだろう

788 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/20(火) 21:48:17 ID:jwygFwfi
お客のことすごく意識してんだよね、あのひとは。
お客が混乱しないか、話にちゃんとついていけるか、いつも気にしてる。
「これはお客にわかるかな」っての、撮影中にもよく言ってたそうだし。

789 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/22(木) 00:48:25 ID:jdwhXGsN
単純に傑作だよこれは
前半の密室劇と特急内撮影、ラストの重厚感が実に素晴らしいな
とにかく三船がいいんだ

213 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)