5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【メイン】Wの悲劇【テーマ】

1 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/12(水) 15:35:26 ID:a6hpl4N+
角川アイドル作品の傑作のひとつ。
主演、薬師丸ひろ子
世良公則、三田佳子、高木美保(新人)、仲谷昇など。
ラストの振り返りが印象的。

2 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/12(水) 16:06:00 ID:PiHgivC+
主題歌は名曲!!

3 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/12(水) 16:40:27 ID:ptAmT3jz
ストーリーが盗作なんですか?

4 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/15(土) 04:02:41 ID:Kmck6Jte
Wの悲劇を傑作とか言う奴w
メインテーマの方がよっぽど傑作だよ

5 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/15(土) 22:14:35 ID:yDqUPbWl
映画もいいよ

6 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/15(土) 23:59:37 ID:Ck7T85Yu
スレタイワケワカラン

7 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/16(日) 00:09:06 ID:zeF2eQAd
編集というか撮影が雑なのかしらんが、
薬師丸をホテルの部屋へ招き入れるシーンで
三田佳子がスリッパ履いてなかったりだとか
終盤「殺してやる!」と高木美保がナイフ片手に叫ぶシーンの
前のカットに同じ台詞の音声が収録されてたりとか
大きなポカが目立つ映画だった

8 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/16(日) 00:34:28 ID:94Y+JZ8Z
愛人がいきなりエッチ中に死んでスリッパなんかはくかよ!

9 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/16(日) 01:13:51 ID:rdBRrySA
>>7
>大きなポカが目立つ映画だった

何か瑣末なポカのような気がするが…

10 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/16(日) 18:17:00 ID:QH+RxDM8
アーウィン・ショーの短篇「愁いを含んで、ほのかに甘く」の
盗作ではないか?と騒がれた。
なお、この短篇は
「夏服を着た女たち」(講談社文庫)に
収録されている。


11 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/16(日) 18:37:14 ID:6/wJFX52
世良さんカッコよすぎ

12 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/17(月) 00:59:56 ID:Dxgd+YcO
三田静香はこの後も女優を続けたのだろうか?

13 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/17(月) 01:10:34 ID:H+BbRWg+
この映画は公開当時、バスで2時間かけて駅まで出て特急に50分乗って
島根県出雲駅前の映画館で見たのよ。正月だったなあ。あの頃に戻りたいな。

14 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/17(月) 02:30:13 ID:99hocpMb
「傑作」とか言うけど薬師丸ヲタ以外で話題にする人間は皆無の映画。
周囲は「演技派の本格女優へ脱皮」とか考えていたのだろうが、
冒頭の処女喪失シーンにより、
むしろアイドルとして決定的な打撃を受けてしまったね。
悪い意味での記念作としか言いようがない。
薬師丸は今に至るもキャラ勝負の役者であり決して演技派ではないしな。

処女喪失シーンで三田村邦彦が「初めてだったのか!」と驚くのだが、
あそこは「初めてだったのか、ふ〜ん」くらいに演出すべきだろう。
アイドル薬師丸の処女じゃなく無名の劇団員の処女だぜ。
んなもん百も二百も食ってないのかよ >三田村(名門劇団の看板役者)
もう出だしからしてダメダメ。
その後の薬師丸のガニマタ歩きには「失笑」の一語。

15 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/19(水) 23:53:49 ID:H9b41C+t
ラサール石井による評

「仲谷昇さんがただ死んでる役で出てらっしゃるのが、おかしくて、おかしくて」

16 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/21(金) 00:03:30 ID:2d74hILm
>>8
全然意味が違うよw
三田がドアを開けて薬師丸を呼ぶシーンではスリッパを履いていて、
次に薬師丸が部屋に入ってくるシーンでは三田はスリッパを履いていない


17 :薬締オタ:2006/04/21(金) 01:43:40 ID:HfCheZWG
この映画とレディレディは神!

18 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/22(土) 15:25:55 ID:cBoOajro
元ネタと言われている
「愁いを含んで、ほのかに甘く」を読んでみた。

公演期間中のホテルで、ああゆうことがあった、というのは
共通しているが、まあそれだけのもんだ、と思った。
ただ「それだけ」とはいえ、もしこの小説を読んだ直後に
「Wの悲劇」を観たとしたら、あまり楽しくはなかっただろう。

ところでこの短編小説の結末は、
>>12に対する残酷な回答にもなっている。

19 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/24(月) 22:16:31 ID:f4rYnhbg
この映画の見所は
高木美保の容貌が現在とどれくらい違うかだろ

20 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/28(金) 06:16:09 ID:fzmDOJZ+
澤井信一郎が紫綬褒章を受章!!!
一寸、意外かな。

21 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/28(金) 21:31:41 ID:NBYSxhjh
高木美保、本当に美人だった。

22 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/17(水) 11:58:19 ID:+EZM1Ohn
>>21
過去形ですか?

23 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/18(木) 00:07:48 ID:kNsGMyBc
>>20
「めぞん一刻」が評価されたんだよ、きっと

24 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/18(木) 20:41:27 ID:+P/dxzQt
角川映画の中で最高のデキじゃなかろうか
でも「これが俺たちの千秋楽か?」
このセリフは変な印象を受けた・・・・

25 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/18(木) 22:47:56 ID:U3G/ZChp
>>角川映画の中で最高のデキじゃなかろうか

はぁ???

26 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/23(火) 17:52:52 ID:Sgwyyt2J
高木美保に真相をしゃべったのは三田村かな?
高木・三田村の間に関係があったのか、それとも
三田村が三田の失脚を狙ったのか??

27 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/26(金) 05:21:41 ID:PZw+XImp
あ゛ぁぁ〜 もう私だめだわぁ、ただのオンナになっちゃう・・・

28 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 16:45:43 ID:KVHBVc6F
世良がかっこよかった
どんな状況でも生き残れそうな生命力が感じられた

29 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/28(日) 23:10:56 ID:UdnTIlh6
まじで?
世良がこの映画を一人で20年くらい古くさくしている感じがしたけど。
世良の演技というより世良の役かな。

30 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/30(火) 00:37:12 ID:pw1dWPZl
この映画の20年前といったら
東京オリンピックとか東海道新幹線開通とか

31 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/31(水) 03:03:27 ID:WFeUarDS
>>29
ギガワロスw

32 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/06(火) 09:39:27 ID:L+1f+pNI
あたちおぢいたまをさちころちてちまつた

33 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/08(木) 01:41:52 ID:5TpuVl+u
摩子の家庭教師?役がメチャ綺麗だったのは覚えてる。

34 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/28(水) 14:15:00 ID:MFGl/8n5
世良って必要だったの?

35 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/29(木) 10:13:41 ID:FRvGSSPv
世良は結構好評価なんだが、芝居が臭すぎると思う。
もっと純朴そうな男の方が設定がいきてきたと思う。


36 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/01(土) 23:44:29 ID:2Ec+Ea8n
世良に「好」評価を与えるって・・・おまえ馬鹿?

37 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/05(水) 00:33:10 ID:rijqBCxU
この主題歌って

あ〜時の川を〜渡る船に〜オールはない〜

と、

愛って よく 分か〜ら〜な〜いけど 傷 つく 感じ〜が素敵

のどっちだっけ?

38 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/05(水) 00:53:08 ID:+xc/ex1T
>>37
最初の方。
♪愛って〜は「メイン・テーマ」

39 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/06(木) 13:04:28 ID:BcQXGhJ4
主題歌がユーミンって最近知った。
メインテーマは大瀧詠一だし、角川映画の主題歌は名曲揃いだな。

40 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/06(木) 19:49:58 ID:KBjIRqB/
大瀧詠一が作ったから名曲だと判断するバカはけーん

41 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/29(土) 23:56:46 ID:qsh4IthT
この映画は公開当時、バスで2時間かけて駅まで出て特急に50分乗って
島根県出雲駅前の映画館で見たのよ。正月だったなあ。あの頃に戻りたいな。

で、帰りの出雲市内の茶店の中はガキのカップルばかりで、ひとり
コーヒー飲んでた俺は寂しかった。て、翌年結婚した。急いだ結婚だったので
ブス女だった。「土佐の一本釣り」のヒロインの親友の丸子を想像してくれ。

いまは後悔している。行くんじゃなかった、正月の映画なんかに。

42 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/09(水) 11:18:28 ID:pEFGrteN
>>41の悲劇

43 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/09(水) 14:16:14 ID:/NTbk9yt
>>41
自分の嫁をそんな風に言うなよ
可哀想じゃないか

44 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/09(水) 14:39:33 ID:HeMN94XN
>>39-40

その前に「メイン・テーマ」は「南佳孝」ですから。
「大瀧」は「探偵物語」です。

ちなみに「メイン・テーマ」は確かに名曲だと思う。
南自身で「スロー・バラード」と言うタイトルでカバー(一部歌詞変更)しているから聞いてみて欲しい。

45 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/09(水) 17:46:42 ID:xstjYKyy
とぉぉぉきはしのびあぁしで
こぉぉころオナニーなの〜

46 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/09(水) 22:17:03 ID:PEzl+g7W
薬師丸を大人の女優に脱皮させようとしてるのが
必死で観てる方が痛々しくなってくるよw
自分は探偵物語の方が好きだな。

47 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/10(木) 01:05:48 ID:dwF6UqIL
探偵物語のキスシーン、ラブホテル潜入なんかもそうだろ。

48 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/10(木) 01:07:09 ID:dwF6UqIL
というか、同じ脚本家か…臭いよな

49 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/10(木) 01:47:22 ID:r9z80YnX

ってか、この作品の脚本にも澤井監督は参加しているんだが、確かに「荒い」んだよね。
澤井監督が絡んだ脚本って。
ま、脚本が荒くても力業で観せれば映画として失敗とは言えないんだけど、観賞眼が肥えてくると興冷めしてきて「古典」にも「エバーグリーン」にも成り得ない作品にしかならないよね?
この脚本の荒さについてはガイシュツだし映画に感動している人間に悪いから細かくは書かないけどさ、、、
監督は演出力が有り過ぎるから何か過信しているんだと思う。
今一つ澤井監督が名監督と呼ばれないのも、そこに原因が有ると思われ。

ちなみに次監督作品となった「早春物語」で主演の原田知世は恐ろしい勢いで脚本に異議を申し立て監督と対立した。
脚本どころか演出から撮り方まで(原田がカメラマンと喧嘩したって訳ではないよ)。
あの当時の原田知世だから「何様だよ!」って感じだが、、、澤井がこの作品以後は停滞したのに比して原田が一線をしばらく歩き続けたことを考えれば、、、と。
(あ、でも澤井監督も復活しましたね)

個人的には「Wの悲劇」は「ノリ」で楽しむ映画だと思う。
とくに三田佳子のノリに付いていくのがベスト!
だから脚本に文句言うのは野暮かも知れない。

50 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/10(木) 02:47:02 ID:09PqiDMe
「澤井の『Wの悲劇』にしても、最近の映画ではよう出来てる方なんやろうけど、
何でもっと楽しくやれんのかなあ」byマキノ雅裕

51 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/10(木) 09:59:19 ID:dwF6UqIL
「明かりを消す時に〜」とか言っていたね。

52 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/10(木) 10:31:00 ID:6InKOdS/
14 名前:この子の名無しのお祝いに メェル:sage 投稿日:2006/04/17(月) 02:30:13 ID:99hocpMb
「傑作」とか言うけど薬師丸ヲタ以外で話題にする人間は皆無の映画。
周囲は「演技派の本格女優へ脱皮」とか考えていたのだろうが、
冒頭の処女喪失シーンにより、
むしろアイドルとして決定的な打撃を受けてしまったね。
悪い意味での記念作としか言いようがない。
薬師丸は今に至るもキャラ勝負の役者であり決して演技派ではないしな。

処女喪失シーンで三田村邦彦が「初めてだったのか!」と驚くのだが、
あそこは「初めてだったのか、ふ〜ん」くらいに演出すべきだろう。
アイドル薬師丸の処女じゃなく無名の劇団員の処女だぜ。
んなもん百も二百も食ってないのかよ >三田村(名門劇団の看板役者)
もう出だしからしてダメダメ。
その後の薬師丸のガニマタ歩きには「失笑」の一語。

53 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/11(金) 02:30:59 ID:PW9ynwfw
>>52

出演当時、薬師丸はすでにアイドルでは無かったから。
ま、譲って「アイドルだった」と認めても、この後に「もっと、あなたを知りたくて」で大ヒットを飛ばしたことを考えれば(熱狂的ファン以外の)世間的評価は特段にこの映画に左右はされなかったと考えるのが普通でしょう。
(この曲、最近でもNTTのCMに使われたように凄まじくヒットした曲だからね)

この映画自体では薬師丸の世間的評価を落とすことは無かったと思うよ。
もちろん「アイドル」として考えてもね。

オレはどちらかと言うと「野蛮人のように」(オレは大好きな作品)から「紳士同盟」(これは許せない)の作品選びで失敗したんだと思う。
あと、主演(トップクレジット)に拘ったことかな?
ま「瀕死の大手映画会社」の状態では出れる映画なんて無かったんだろうけど。


54 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/11(金) 08:12:13 ID:YurB8zJ3
http://blogs.yahoo.co.jp/pocopocopocopo/32581939.html

55 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/11(金) 11:09:01 ID:2yiwKW0P
>処女喪失シーンで三田村邦彦が「初めてだったのか!」と驚くのだが、
>あそこは「初めてだったのか、ふ〜ん」くらいに演出すべきだろう。


これは当時マキノさんも言ってたね。
世良の臭い演技とかもう駄目駄目だったなー。

56 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/21(月) 20:09:47 ID:Y0s4qcxF
メインテーマ最低

57 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/21(月) 23:22:39 ID:4UB3tyww
>>56は薬師丸本人

58 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 00:40:23 ID:wH250z6w
Wの悲劇とメイン・テーマは普通に映画だけど、探偵物語は普通は2時間ドラマ。
当時の薬師丸ひろ子と、松田優作が出たから映画として公開できた。

59 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 01:03:22 ID:Ff1O7nrC
>>55
マキノはトータルでは誉めてるけどな。澤井さんが可愛かったんだろうけど。

>>58
ちなみに、「探偵物語」は、脚本=鎌田敏夫 となっているが、実際は名前が
出ていない荒井晴彦が書いている。なぜ春樹が鎌田敏夫の名前を欲しがったのかは謎。
売れっ子ではあるが、本編で名前だけ借りるほどの巨匠かこの人?
(スレ違いだが、鎌田敏夫は他人やお弟子さんを使う人で、自分独りでは書けなくなって久しいとも聞くな)

60 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 01:43:52 ID:g1M3oO7o
49 ひろ子より原田のほうが自己主張してるんだね。ひろ子には意志がないみたい。君のスレ何か過信気味。
自意識過剰。名評論家だな。

61 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 03:20:36 ID:g1M3oO7o
52 オタ以外に話題になったんじゃないの?三田佳子の比重の大きさとか?
がに股は仕方ないわ。本人治す気なさそうだし忠告する人もいなさそうだし。
努力しない人ってイメージになるわ。

62 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 10:34:26 ID:W8Yv2Bni
>>59
>澤井さんが可愛かったんだろうけど。
まさにそれだと思う。「どうしてもっと楽しくやれんのかねえ」の方がホンネ。
>>61
お前さあ、あのシーンで、がに股が演出だってのは常識だよ?
澤井監督が「玉子ひとつ、挟まってる気持ちで」と言ったんだよ(本人に聞いた)。

63 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 12:13:19 ID:ycbzWoq8
そのがに股演出に
ピロ子が「分かってねーなジジイ」と
内心大笑いしていたという話が。。。

・・・・・・・・談:春樹

64 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 21:09:26 ID:W8Yv2Bni
>>63
ネタにマジレスもなんだけど、自分もああいう澤井演出がイイと思ってるわけじゃない。

65 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/22(火) 23:20:59 ID:g1M3oO7o
あのシーンの後はがに股というのは演出?ひろ子自身普段からがに股で歩いてるイメージがあって、、


66 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/23(水) 00:12:18 ID:rXlWr0nl
>>65 恥の上塗りするなよ。

67 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/23(水) 02:47:24 ID:oRu+wpSb
脚本を担当した荒井晴彦は「澤井監督はリアルさではなく、リアルっぽさを追求する人」と言っている。
「処女をなくしたらどうしてガニマタになるの? そんな女、見たことないよ」と抗議したが、
「映画的表現とは、そういうことなんだよ」と押し切られたそうな。

68 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/23(水) 10:57:35 ID:UtIUltNr
だから駄目なんだよ >澤井

「事件」のラストシーン
大竹しのぶの後ろ姿でも見て勉強し直せ

69 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/23(水) 13:57:44 ID:hZy7HZfq
映画的表現 あのシーンの後がに股で歩く。 沢井監督にとったら2作品目?なのに、、


70 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/23(水) 14:40:37 ID:iZhMMZ1P
>>69
監督作品は二作目でも、長いこと東映で助監督をやっている。
さらにマキノ雅弘の弟子なのでマキノに引っ付いて現場を廻っていたらしい。

71 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/23(水) 17:37:28 ID:rXlWr0nl
マキノの映画で実際は澤井が撮っているシーンがたくさんあるらしいね。
例えば「新・網走番外地」の冒頭の北海道のエピソードは、丸々澤井演出だと聞いた。
マキノの任侠映画の代表作といわれる「死んで貰います」でさえ、けっこう撮ってるらしい。
演出業では既にベテランの域でしょ。

72 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/23(水) 18:38:11 ID:QF7dyehC
澤井が監督に昇給しなかったのは
組合活動をメインに考えていた本人の意向。
会社から鼻薬を嗅がされるのを嫌った。


73 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/24(木) 03:29:26 ID:Bpm0BWsA
>>49
 >とくに三田佳子のノリに付いていくのがベスト!

そうそう!劇団の女優っていうより、まさに映画スタアのセルフ・パロディ。

74 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/25(金) 00:57:50 ID:VvDrITh/
処女喪失→ガニ股とか
全編ギャグだと思ってみると最高!

世良の臭い演技も一種のパロディ!

75 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/25(金) 10:38:24 ID:yt1HXs+E
さらに追い討ちをかける三田佳子の重鎮。

76 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/25(金) 13:05:44 ID:9cjxJYhn
別に特にこの映画を褒める気はしないが……。
>>74
>全編ギャグだと思ってみると最高!
こういう悪い意味で映画秘宝っぽい意見はつまらんし、
もはや古くさすぎる。

77 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/25(金) 19:11:15 ID:VvDrITh/
悔しそうな人が現れました

78 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/25(金) 19:20:43 ID:9cjxJYhn
>>77 自分が悔しいから、そう書くんでしょ? >>74 ちゃん。
つか、何でおれが悔しがるの? 理由は?

79 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/25(金) 21:42:44 ID:VvDrITh/
悔しそうな人がまた現れました

80 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 02:30:01 ID:uIk22smQ
まぁ、所詮はアイドル映画なんだからあまり目くじらを立てなくても。
薬師丸本人も、昔はこの映画を嫌いだったが、今では代表作にしているようだし。

81 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 04:44:03 ID:NqXkifym
>>71
マキノは澤井に「現場ではおまえは働くな。俺やみんなが何をしとるかだけ見とれ
(見て勉強しろ)」とか言っていたらしいから、将来、監督にしようと思って期待し
ていたのは間違いない。まあ、往年の撮影所では、激務の中で適当にサボり上手な人ほど
結果的にはいい監督になったようだが・・・。
チーフなんか準備が忙しいのか遊んでいるのか現場に現れないとか、その下のクラスの助監督でも
サボっていつのまにかいなくなるとか、よくあったらしいし・・・。

でも、今の役者だとマキノ的な指示をこなせないということもあるのかも
しれないが、そんなにマキノは継いでないんじゃないの?
様々な独特のテクニックがあったという、目配せや立ち位置や動かし方
の原理などは参考にしているかな?

82 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 04:50:07 ID:NqXkifym
>>76
澤井さんは映画的・演劇的にデフォルメしたメリハリのある演技をつけたい人なのに、
なぜか芝居の出来ない、発声等の基礎すら怪しいこともあるタレント主演の企画
をやたらに引き受けるという謎。
なまじの俳優だと演技論だの言い出したり自分の指示を聞かないのがわずらわしいのかもしれない。
それよりは芝居のできない俳優をイジめる方が楽しいのかも。

>>80
澤井さんも相当な意地悪ジジいらしいから、いまだに根に持ってるんじゃないの?
単にシゴクだけではなく、結構キツい人らしいしね。相米や榎戸もそうらしいけど。

83 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 09:48:45 ID:zQ+PqVC8
>>79
なんだ、ただの馬鹿かw
>>81
澤井を語るのにマキノをやたら引き合いに出すのはシネフィル的で嫌われそうだけど、
やっぱり彷彿とさせるところ、すごくあるよ。
例えば、引きの長回しで複数の人物を芝居させるとき、やや俯瞰目にカメラを置いて、
セリフを言ってる人物が相手を見ずに歩いたりして、言ってない方がずっと見てるなど、
その歩き出しのタイミングなど含めて、今では他の映画で見られないマキノ調。
あるシーンに入るときの説明的なカットのさりげない示し方、
それにこれは演出の基本の部類かも知れないけど
やや離れた人物の切り返しの時、カメラでの距離感と目線と発声のメリハリの合わせ方の
呼吸など、やっぱりマキノを思わせます。

84 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 10:43:11 ID:8MJbHA9M
>>81
> でも、今の役者だとマキノ的な指示をこなせないということもあるのかも

マキノは自ら舞うので、素人役者を育てる手腕も評価されていたわけでしょ?

>>80
薬師丸ひろ子や山口百恵の映画は、
ちょっとアイドル映画の範疇を飛び出していると思う。
澤井のアイドル起用映画も。

85 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 13:04:37 ID:G3oJa9N9
>>49 >>73-74

激しく同意。

86 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 17:59:03 ID:mpbXk/M0
澤井や深作は薬師丸の個性をまるで理解してないしー。

相米で始まり相米で終わったよ。

87 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/30(水) 22:55:26 ID:M1zOY72i
音楽はよかったわ。久石譲よね。撮影は探偵物語の人でしょう。監督の事は出てる
けど、美術?セットもいいなと思うが?蜷川さんとか?

88 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/31(木) 00:08:25 ID:WL4paQVI
舞台監修 ................  蜷川幸雄
舞台美術 ................  妹尾河童
http://www.jmdb.ne.jp/1984/dh004220.htm

89 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 03:25:10 ID:rCleu91t
メインテーマは何気によかったね。
主役二人の演技は痛すぎだけど。
メインテーマは曲がよかった。
昔なんかの音楽番組で、薬師丸と小沢健二が一緒になったとき、
オザケンがこの曲の歌詞の素晴らしさについて述べていた。
まあ他に褒めるところがなかっただけなのかもしれないけど。
個人的にはWの悲劇のほうが歌は好き。
カラオケで歌うととても歌いやすい。


90 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 16:04:14 ID:5Fl/efMO
「メインテーマ」はラストに流れる主題曲より薬師丸が
飛行機で沖縄に向かうシーンのバックで流れてた
「スローバラード」のほうが切なげでよかったな

91 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/15(金) 02:55:10 ID:CyNg4YZD
age

92 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/15(金) 10:44:08 ID:K05JRAXv
この映画好きだけどなぁ、こんなに世間じゃ糞呼ばわりされてんのか(´・ω・`)
最後の
「もう1人の自分が泣いちゃいけないって。ここは笑った方がいいって。」
という台詞がぐっと来た。

93 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/15(金) 11:00:14 ID:f9lVpNvm
別に糞呼ばわりなんかしてないよ。
すっかり忘れ去られてるだけw
どうでもいいんだよ、こんな過去の映画。

覚えてるとしたら
「顔をぶたないで!私女優なんだから!」だけだろ。

94 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/16(土) 01:39:48 ID:hK0k6Sgz
>>92
おれも好きな映画じゃないが、世間じゃむしろ誉められてるよ。
その年のキネ旬ベストテンじゃ堂々の2位。読者選出でも2位。
角川映画の代表作、薬師丸ひろ子の代表作とされてるでしょ。

95 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/26(火) 11:25:11 ID:ONOvUldK
根本的にこの映画を批判することになってしまうけど
この手のストーリーを日本で作ると、すごく嘘臭い。
外国の翻案物を見てる感じがして入り込めない。

まぁノリで楽しめって意見があったからそうすればいいんだろうがw


96 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/26(火) 11:36:40 ID:5g0Ylx3j
>>95
ちょっと興味ある意見。「この手のストーリー」って、どういうものを指して言ってるの?
日本映画では、他にどういう例がある?

97 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/26(火) 19:47:53 ID:KQk18VCH
日本人はこんな風に絶叫し合わない。
はっきり言葉で言わない。

98 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/26(火) 22:58:48 ID:5g0Ylx3j
>>97
それって、>>96の答え?
うーん、どう「ストーリー」なのか分からないけど…
じゃ、増村保造の映画とか、絶対駄目ですよね。黒澤も駄目そう。

99 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/28(木) 23:48:23 ID:gHWFHTI3
>>44

「スロー・バラード」は「メイン・テーマ」のB面の曲。

南よしたかの歌うタイトル違いは「スタンダード・ナンバー」ですから!

100 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/29(金) 21:47:15 ID:kbFY64EE
外国の翻訳物を、日本人がやるとこの手のストーリーって事?


101 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/30(土) 08:50:13 ID:4CoSpDTw
黒沢で翻訳物でこの手のストーリーで、ノリで見られる作品
教えてほしい。難しいイメージがあるし、とっつきにくいので。。


102 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/30(土) 10:40:09 ID:zcm/I8ih
未だに「この手のストーリー」っていう意味が分からないけど、
「登場人物が声高に話す翻案もの」ってことなら、『天国と地獄』とか、どうか。

103 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/30(土) 11:53:59 ID:kR5Cc3ib
「五人の犯罪者」でいいと思うよ。
舞台は舞台でもストリップだけど。
http://www.jmdb.ne.jp/1957/cg004380.htm

104 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/30(土) 11:57:05 ID:zcm/I8ih
黒澤じゃないけど。

105 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/01(日) 08:17:56 ID:XcvgzoXX
>>102 アリガトウ。

106 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/01(日) 22:31:01 ID:XcvgzoXX
この手のストーリーって、バックステージもの?翻訳物ではないけど
イブの総てとか?他の作品は分からないが。

107 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/15(日) 23:54:02 ID:oIv9Uj2M
沖縄帰りで改めて「メインテーマ」見るとも少し楽しめる
約20年前の国際通りや商店街に感動
「三越あった、あった」みたいな

108 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/26(木) 08:39:25 ID:uEj47MWT
初期のりんけんバンドも映ってたよね、たしか


109 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/26(木) 23:37:41 ID:H7lmDjST
絶対出ると思ってた生理ネタ、やっぱり出たw
生理ネタを使えば「女」が描けていると思うのか?
自分は、あぁまたか・・ぐらいにしか思わんが。

110 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/27(金) 03:01:32 ID:YyK8HSf1
おしりはぶたないで!
わたし、女優なんだから!

111 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/27(金) 16:30:25 ID:GN2GjeQi
顔はぶたないで!
わたし、女優なんだから!
のセリフで思わず笑ってしまうんだよね...致命的


112 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/27(金) 17:26:12 ID:Vvt8V5C4
そんなにおかしいかな?嫌いじゃないんだが・・・

世良の「これが俺たちの千秋楽か?」はそりゃないよって感じだが。

113 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/28(土) 01:53:11 ID:XajHegML
これが公開された当時、ラストシーンで薬師丸が着ていたような
“スカートがフワッと広がるチェックのワンピース”が欲しかった。
あちこち探したけど何故か見つからなかった…懐かしい思い出です。

114 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/18(土) 11:23:32 ID:qS48AqKr
堂原良造さんがお亡くなりになりました。
羽鳥翔さんの腹上だったのでしょうか?

115 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/19(日) 22:01:26 ID:vY43TtEI
(瞼を閉じてやったのに)また開いちゃって…
みたいな羽鳥翔(三田)のセリフがあったと思うが
そうか臨終直後の死体というのはそうゆうふうになるのか、と
一つ勉強になったような気がしたもんです。
堂原良造=仲谷昇さんのご冥福をお祈りいたします。


116 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/20(月) 00:32:20 ID:PaQEMGUx
>>15

117 :この子の名無しのお祝いに:2006/11/24(金) 16:00:08 ID:9/sBpRMs
ラストシーンが好き

118 :この子の名無しのお祝いに:2006/12/31(日) 18:25:25 ID:s2aZTfUP
翻訳物で天国と地国をあげてたが、63年の作品だったんだな。ニューシネマの前に
こんな映画あったんだな。比べても仕方ないけど悲劇の方が陳腐だな。


119 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/03(土) 18:09:23 ID:wS+LV1s9
新劇の世界が大々的に取り上げられているのが
子供には新鮮だった。
他に劇団を大きく取り上げた邦画、何かありますか?

120 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/03(土) 19:39:08 ID:ISOtPmh+
「旅役者」とかw

121 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/03(土) 21:01:55 ID:yCLQoxXD
邦画版「フラッシュダンス」を彷彿とさせるトコもあるしな。
劇団といえば、蒲田行進曲も劇団(というか撮影所?)を
扱った内容だったような・・・。

122 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/03(土) 21:18:00 ID:dpr2rxnf
「蜜月」(1984)は、ちょっと出てくるだけだし
「ロケーション」(1984)は調べなおしてみたらピンク映画の撮影隊だったし…

123 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/03(土) 21:31:33 ID:yCLQoxXD
そういえば同じ角川モノで劇団が舞台となる
「リング0 バースデイ」がある。

かなり毛色は違いますが一応ww

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)