5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

[お正月」の思い出

1 :大人になった名無しさん:2006/12/17(日) 15:48:54
ちょっと前、昭和も30,40年代はもっと正月って寒いけど何か胸躍るたのしいものだったのではないでしょうか。お正月にどんな思い出がありますか。

2 :大人になった名無しさん:2006/12/17(日) 16:16:47
さいきん門松をたてるのがめっきりなくなりましたね。

3 :大人になった名無しさん:2006/12/17(日) 18:24:12
小学生の頃、何故か門松に憧れた。
年賀状に門松の絵を描きまくってた。

4 :大人になった名無しさん:2006/12/18(月) 19:02:52
何もやる気がなくて、テレビを見ながら手首を切っていた。
おまけに大晦日にはいいちこをたっぷりとやけ酒をやって二日酔いできもちわりゅい!!何度も吐いた。

5 :大人になった名無しさん:2006/12/18(月) 21:50:47
大晦日には大掃除をして、その間に父が門松を立て、もちをついて、元旦にはお雑煮をみんなで食べて、テレビをつけるとお琴が正月らしい曲を流していて本当にお正月って言う気分になったのですが、今は区切りがないみたいですね。

6 :大人になった名無しさん:2006/12/21(木) 21:51:11
お雑煮は食べますか?、どんなお雑煮ですか?。

7 :大人になった名無しさん:2006/12/22(金) 23:38:24
実家の雑煮は白菜と餅だけ。シンプルで好き。

8 :大人になった名無しさん:2006/12/23(土) 15:55:39
実家が千葉県ですが、正月は男衆が子供を含めて暗いうちに起きて雑煮を作る習慣がありました。雑煮は、サトイモでしょうゆ味、
それに別に茹でたモチを入れて、はば海苔をかけて全員で食べます。食べる前にそろって、
あけましておめでとうと挨拶します。やはり正月の早起きは眠たいが気持ちよかった。

9 :大人になった名無しさん:2006/12/23(土) 16:07:24
お年玉を貰うやいなや、親戚の家から帰りたがる

10 :大人になった名無しさん:2006/12/23(土) 20:01:47
大学一年の時父親が何故かお年玉を八万くれた。

今後の家計を心配した。

11 :大人になった名無しさん:2006/12/24(日) 18:39:16
お年玉で剃刀を買った。
家に帰るなり、自分の部屋で手首を傷付けまくった。
血がどんどん出て素敵だった。長袖だから傷口を隠せた。

夏にリスカをしていることが親にばれた。親は悲しんでいたし。

12 :大人になった名無しさん:2006/12/26(火) 21:16:00
>>10
いいお父さんですね、げんきですか?

13 :大人になった名無しさん:2006/12/27(水) 12:05:35
正月の思い出は小2ん時にお年玉もらってすぐに無くしてオヤジにゲンコツくらったことかな

14 :大人になった名無しさん:2006/12/30(土) 07:17:24
お年玉もらい、すぐ中身チェックしようとすると
姉から手をつねられた・・

15 :大人になった名無しさん:2006/12/30(土) 08:24:11
その後、私は姉とケンカし、剃刀で姉に怪我をさせました。
だって、剃刀はいつもポッケの中に隠し持っているし。

16 :大人になった名無しさん:2007/01/01(月) 04:57:11
おまいら、あけおめ

17 :大人になった名無しさん:2007/01/01(月) 23:13:55
あけおめー
雑煮うま

18 :大人になった名無しさん:2007/01/03(水) 15:24:05
あなたの地方はどんな雑煮ですか?

19 :大人になった名無しさん:2007/01/05(金) 21:12:33
仕事初め会社に行く途中ちょっとしたビルの入り口に門松が立っていました。もっと阿智ことにあればと感じました。

20 :大人になった名無しさん:2007/01/05(金) 21:13:18
訂正;阿智ことにあればと・・あちこちにあればと

21 :大人になった名無しさん:2007/01/24(水) 20:15:24
お正月
「正」には、「ただしくする、改める、きちんとする、ちょうど」などの意味があり、「あらたまの年のはじめ」というように、「たましいが若返り、新しくなる」一年のはじめの月の意味があります。昭和20年頃間では、日本人が歳をとるのは誕生日ではなく、
元日でした。家中がみんな一緒に歳をとって、正月を祝うのでした。そのため正月は、新しい一年がうまくいきますように、ご先祖様であり、農耕神である「年神さま」を迎えて、新しい年を祈り様々な行事で決心をかためる大切なときでした。このご先祖様が、
春になると田の神になり、秋になると山に帰って山の神になり、正月には年神さまとして子孫の繁栄を見守ってくれると考えられているのです。
門松は、正月の年神さまをお迎えし、お祭りする場所を示すもので、年神さまは門松を目印の来臨するといわれています。古くから松に限らず常緑樹を飾ったといわれ、平安後期から松を立てるようになり、竹を添えるのは鎌倉時代以降のことといわれています。
鏡餅は、神さまのお供え物でもあり、元日に新しい年の神さまが宿るところ、ご神体でもあるのです。そのため、神聖なものとして安置しなければなりませんでした

お雑煮は年神さまにお供えしたダイコンやニンジンなどの野菜と、やはりお供えした餅を年神さまを家に迎えた後、神さまと共にいただく食べ物です。これは、神事が終わってお供えをいただく行事「直会(なおらい)」からきています。

このお年玉の始まりは、神前に供えたまる餅でした。新しい年の神さまの魂のこもった餅を下げて人々に分配したものを「年玉」と呼んでいました。江戸時代に入って、商家の主人が奉公人に餅の代わりに金銭を与えたことが、今のお年玉の形となったのです。
目上のものから目下の者へ、年神さまの魂と力を分け与え、「さあ、今年も頑張るんだよ!」という願いと励ましの意味が込められているのです。
         http://www5a.biglobe.ne.jp/~taji/other/know/syougatu.htm

http://hirotony.cocolog-nifty.com/hiro/2007/01/post_22ab.html
http://www5a.biglobe.ne.jp/~hsonoda/essey-2000-1.htm
http://www5d.biglobe.ne.jp/~ganngudo/osyougatu.htm



22 :大人になった名無しさん:2007/02/04(日) 08:10:05
駄菓子やなんかで昔、正月にクジがあって楽しみだったが、そんな思い出あるかたいますか?、








23 :大人になった名無しさん:2007/02/10(土) 17:23:25
みなさん今年どんな正月をすごしましたか?。

24 :大人になった名無しさん:2007/02/10(土) 20:25:10
一日中リストカットをした。剃刀で手首に100本の傷を作った。
数日間、服と擦れて痛かったぜ。

痛いのに何故かやめられん。切って血を見るとすごく楽になるので癖になっちゃいます。

25 :大人になった名無しさん:2007/02/11(日) 06:39:15
今年は市内で評判の和菓子屋さん聞いてたから、そこでおいしいお餅買った。
初めてちっこい門松を飾った。
あと初詣でおみくじひいたら大吉だった。
静かでまったりしたお正月でした。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)