5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

生涯独身生活【男】【女】どっちが得か

1 :サンガー夫人:2006/09/28(木) 10:16:13
一応人口の男女比が、ほぼ同一だとすると(実際は若年では男が、高齢では女が多い)
独身男と同じくらいの独身女が存在することになる。

独身生活を自分の意志で選び、一生独身のままの場合、
独身の男と、女は、どっちが【得】なのだろうか?

男は家族を養わなくてすむので、金銭的に楽とか、
女は自立して好きなキャリアの道を選べるとか、
いろいろな観点があると思う。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 10:17:30
どっちも同じくらい得 終了

3 :サンガー夫人:2006/09/28(木) 12:01:46

非正規社員、フリーターなど、実際は女の方が多い。
若いうちは、親と同居で寡聞所得も多いだろうが、
30代を超えると、フリーターでは賃金は増えず、
親が退職でもすると、家計の負担ものしかかる。

男は、家族の扶養が無ければ、自由になるカネ、時間も飛躍的増える。
仕事に熱中したければ、いくらでも時間をつぎ込める。

だから、どっちの道を選ぶにせよ、男の方が得なのではないか。



4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 12:09:54
男の方が得なら結婚スレが乱立することもないだろうな

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 12:21:27
男女板でやれば?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 12:54:25
精神的な問題だろうな
結婚願望は現実やや男の方が上だったりする
実際正社員同士で同じくらいの収入なら女の方が得なんじゃないかな

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 12:58:45
女の方が向いてるとは思うけどな
以前テレビで独身が増えてるとかいうのをやっていて
独身男女の貯蓄額平均をみたら女の方が圧倒的に多かった
男の多くは30過ぎて生涯独身を決めていても100万程度しかないのに対し
女は500万だの1000万だの溜めてる割合が多かった
多分、将来的なことを見越して溜めてるんだと思うが、女の方が腹座ってる気がする

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 13:12:21
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ∧_∧   < どの道両方とも年老いて孤独死なんだからどっちが得もクソもねえよ
     ( ´_ゝ`)   \________     
    /     \
   / /\   / ̄\
 _| ̄ ̄ \ /  ヽ \_
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__)、
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||          .||

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 01:00:56
人に夜。以上

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 01:10:24
打算的なスレだなおいw
人生を勝ち組負け組とか損得で語るやつは一生その価値観の奴隷でしかないと知れ。
果てることのない戦いをどーぞ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 01:18:29
>>7
将来のない職種(派遣とか)の奴が、必死こいて貯蓄してんじゃねえの?
将来の見通しがあるなら、何十年というスパンで考えればいいんだから。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 01:47:40
>>11
公務員でもない限り、安定した将来を見越すなんて無理だと思うが
いや、公務員でも危険だよな…郵政民営化だもんなぁ
俺の義兄も某一流企業に勤めてたのにあっさりリストラされてたし
当然、何十年というスパンで考えて、家を購入して30年ローンなんて組んでたのに
そういうの見てるから俺も貯蓄だけはちゃんとしてるぞ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 02:08:50
まあ、少なくともローンなんていうのは論外だな。
アホの買い物の典型。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 02:15:20
>>13はクレジットカード持たないオールキャッシュ買いか。
誘拐されんなよw

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 03:00:22
>>13は凄いな
車も家もキャッシュで買うのかw

いや、でも真面目な話。
老後のこと考えたら持ち家のほうがいいよ。
少し前から問題になってるけど、年とって保証人(子供)がいない場合
大家がアパートやマンションの契約を更新してくれないということが増えているらしい。
万が一のとき大家の負担が大きいので避けられてるんだね。
60や70過ぎて住み慣れたアパートを追い出され、市役所に駆け込んでも何もしてくれない
所得が低ければ市営住宅なんかに住ませてくれる場合もあるけど、対象にならないと動けないからね。
何とか不動産屋を巡ってやっとみつけたボロ屋に住む…なんて老人が増えてるんだってさ。
そうならないために、家は持ち家にしたほうがいいよ。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 03:06:52
ローンを組んでまで焦って早く買う必要性を感じないね > 持ち家。
無論、老後に突入する前までに買えるだけのお金を準備する必要はあるだろうが。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 03:07:15
>>14
13じゃないけど、俺もオールキャッシュ買いですが??
車は、、電車とタクシー使うから要らない。
家は、、、既にある。なくても、たぶん買わないし、欲しいところには一軒家まず買えないだろうし。
持ち家ない人の場合、流行らない別荘地や田舎なら900万とかで余裕で買えるから、貯金してキャッシュで買えばいいんじゃね?

それどころか、、カードすら持ってません、これはちょっと不便に感じることもある。
トラベラーズチェックを換金すんのが面倒だし、ネットバンク決済できないオンラインショップもあるし。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 05:00:05
>>15
ボロ屋だったら家賃安いからいいじゃん

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 13:05:23
異動が多いので家を買う気がしない。
あせって高いローンくんじゃうと、借金だけたまって身動き取れなくなるからなあ。
結婚して子供ができたら一戸建て考えるけど、
ずっと独身ならマンションで十分、それどころかマンションの方がいい。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 22:48:13
これから急激に出生率が上がるとも思えない。
だとしたら、今後日本人の人口は減る傾向。
そうなると、現在ある住宅は供給過剰になる可能性が大で
家主も空家で遊ばせておくより、貸しておいた方が得だろうと
と言う事で、一人身でも住宅に不自由するとは思えない。

私は老人病院で働いてますが、老後がいい物になるか
悲惨なものになるか、それは結婚して家庭や子供があるか等より
その人がこれまで周りに対してどういう態度で生きてきていたかが
一番如実に反映するんじゃないか・・と思ってます。

私が決めている事は唯一つ。

親より先には死なない。

それは最大の親不孝だから、
それだけしないようにと思ってるだけです。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 22:51:24
ローンなんかやだよ

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 08:03:08
ローンローンってそんなおおげさなもんかよ?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 12:04:01
俺40歳だけど1億円貯金がある。
使い道が無いから貯まる一方。

当然のことながら結婚しなければ男は裕福になる。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 12:12:16
若いうちに十億稼いで隠居したい

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 14:17:41
>>23
使い道がない金持ってる人生なんてクソって感じ。
生きてる価値無いねぇ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 00:36:09
これから使うんだよ。

手始めに食べるものをだんだん高い物にしていっている。
それとマメにマッサージに行くようになった。
そのうちエステやら高い服やらに金をかけようかなと思っている。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 00:55:14
>>6
>結婚願望は現実やや男の方が上だったりする

とてもそうは思えないが?
結婚関連産業でカモになってるのは昔は男が多かったが、今は女から巻き上げる方向に
かなりシフトしてきているらしいし。
毒男で結婚願望強いのは、農家の後継みたいな事情を抱えた一部の連中だけじゃないかな。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 01:29:15
>>27
いや、現実として男の方が上だと思う。
女性の場合は「適齢期」があまりにも短い為、その年代のみなら女性の方が上だけど。
総数を比較するなら、圧倒的に男性の方が多いと思う。
俺はしたいとは思わないけどね。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 01:53:20
「圧倒的」か? ww

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 11:14:24
「若い柿ちゃん」と「くたびれたオサーン」では、[女]が得。
「ババァ」と「ジジィ」では、ソープの早朝割引のある[男]が得。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 22:43:45
柿?


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 00:01:58
>>27
御名答
独身一人娘を持つ家庭の跡継ぎとかね
どうしても婿がほしい場合
そういう女に限って適度に遊んでたりする


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 01:11:08
>>27
どうみても男が女を追いかける図を見ることが多い気がするのだが・・
もちろんちゃんとした証拠とかデータとかは知らないけど感覚的には20〜30代では
余ってる男の人口>>>>余ってる女の人口て感じで
女の方が相手見つけるのだいぶ簡単そう

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 01:15:05
>>33
それは恋愛であって、結婚ではないんでない?


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 01:17:06
確かに女はマタ開けば相手をすぐに作ることは出来る。
しかし、結婚に至らないだろ。なかなか。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 01:19:32
やりたい と やしないたい では天地の差があるからね。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 01:28:14
>>34
いや恋愛はもちろん、結婚でも。テレビの影響かな?
よくわからないけど、あのイケメン以外の男ゴミ扱いしてる
傲慢ギャルどもが相手がいなくて焦ってるのなんか想像できないな

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 01:40:01
>>37
傲慢ギャルでも可愛い子とかはいるもんね。
そういう子はタイミング間違えなければ良いかも。
でも現在、理想の結婚相手を必死で探してる女性も
Hしたい男にもてたのが原因で勘違いしちゃったのでは?
あとギャルってあんまり男受けしないと思うけど。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 02:39:10
スレタイが忘れられていく・・・

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 09:53:54
女はその気になれば相手はいくらでもいるからなぁ
極端な話、年齢・容姿・年収のどれか一つを妥協するだけで相手はみつかる
売れ残ってるババァはそれすら妥協できない馬鹿だけ
うちは叔父が結婚相談所をやっているけど、表向きは男性も女性もほとんど同じ会員数なんて言っているが
実際には男が8割以上
30過ぎたオバサンでも需要はある
40過ぎるとさすがになかなか難しいけど、これは男も同じ
男も女も成婚率が高いのは30代前半までで後半になるとかなり厳しい
男は40過ぎると中国人とのお見合いツアーに参加したりして、海外から嫁を買うって道もあるけどね

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:18:52
何でなんだろうね
男のほうがだおぶ人口多いのか?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:25:10
男の方が人口が多い&子供が欲しい場合女の年齢が限られるってことじゃないかな

例えば、男は40歳でも50歳でも子供が欲しけりゃつくれる
でも、女はまぁせいぜい30代で終了
当然、40代50代の金のある男は20代30代の女に群がる
20代30代の男も当然ながら20代30代の女に群がる
たとえば、男と女の割合が1:1だとしても
20代30代40代50代男が20代30代女を狙うわけだから、競争率は上がる
そのうえ実際には男の方が割合は多いからさらに競争率は上がる
そういうことだと思う

ただ、男も40過ぎるとなかなか結婚できないけどねー
30代前半の女でもせいぜい相手の希望は30代後半
自分より+5歳程度が上限らしい
年収1000万だの2000万だのあれば話は別だろうが、
普通程度の年収の男だと自分と同年代くらいしか相手にしてもらえんだろ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:32:36
>>41

>男のほうがだおぶ人口多いのか?

女の方が300万人多いよ。




44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:32:40
やっぱ男のほうが多いのか…
生涯独身でどっちが得かというより男のほうが余る可能性高いから
生涯独身に備えるべきなんだろうね
なんだかんだいっても女はほっといても相手寄ってくるし
自分からよっていけばナンボでも相手いるわけだしね

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:34:31
>>44
女の方が300万人多いよ。

男の総人口が、2005年から、初めて減少だってよ。


男性 6229万5千人
女性 6539万2千人

で,男性が戦後初めて減少


総務省 平成16年10月1日現在推計人口
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2004np/index.htm


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:34:32
>>43
何をどういう計算で女の方が300万人多いんだ?

もしかして総人口比較?
70だの80歳だのばあさんまでいれて「女の方が数が多い」とかいう奴か?


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:35:30
>>46

独身の男女は、1:1なんだから

焦る必要もないよ。


現在、結婚してる男女比率は一夫一妻なので、1:1だからな。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:36:28

母子家庭 が 激増 してるってさ

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:37:13
そのこころは?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:37:41
母子家庭

母子家庭は122万世帯
父子家庭17万世帯

→厚労省調査

過去最多である 

→ 28%の増加

http://www2.ocn.ne.jp/~norikazu/journalc8.htm



51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:38:24

日本の女は、未婚で産んで、母子家庭で育てる覚悟がないから少子化

欧米じゃ、未婚で産むのが当たり前

日本の女も1人で子供を育てましょう。


結婚していない母 からの出生の割合

スウェーデン 55.3%
デンマーク  44.6%
フランス    42.6%
イギリス    39.5%
アメリカ    33.2%
アイルランド  31.8%

日本       1.7%

http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1520.html


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:39:02
母子家庭 が 激増 

これからますます増えるだろうね。

欧米並みに。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:40:26
>>45

男の総人口が、5万人減ったってさ。

人口減少時代の到来

少子高齢化だからね。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:41:17
女は男より、寿命が8歳長いから

もう数年で、女も人口減少するよ。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:42:09
あくまで人口比だけど

(単位千人)
25〜29歳 男4461人 女4294人 (男が167人多い)
30〜34歳 男4960人 女4859人 (男が101人多い)
35〜39歳 男4359人 女4303人 (男が56人多い)
40〜44歳 男3976人 女3933人 (男が43人多い)
45〜49歳 男3936人 女3918人 (男が18人多い)

まああくまで「同世代比較」だし、既婚・未婚関係なしの比較だけどね。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:42:18

こういう統計もでている


女性の平均寿命

未婚女性 では 77.18歳

既婚女性 では 85.28歳

死別、離別に比べて最も短い。

http://www.blissful.jp/media23.htm


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:42:50
>>55
50歳から、男女比率が逆転するからな。



58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:43:28
現在、結婚してる男女比率は一夫一妻なので、1:1だからな。

男女同じじゃん



59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:44:18
>>58
現在、結婚してる男女比率が一対一ということは
統計的に男の方が多いので、独身の男が多いということになるのでは?


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:44:56
>>59

男100に対して、女95だからな。

微々たる誤差。



61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:45:27
>>58

同じだね。



62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:45:56
>>56

未婚女性の寿命は、既婚女性より、8歳も短いんだね



63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:46:43
>>62

独身女性は早死になんだ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:47:16
母子家庭 が 激増 してるってさ


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:47:18
そういや、独身男の自殺率のほうが高かったね

男もそういう関係から独身の方が寿命は短いんだろうか?

素朴な疑問

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:48:04

女性は男性の2倍うつ病になりやすい


グラフ
http://www.meiji.co.jp/etc/ishoku/200311/images/no1087_01.jpg

女性がうつ病になりやすい時期は、月経前、妊娠・出産の時期、子育て、更年期で、
ホルモンとも関係していますが、女性特有のストレスを感じやすい時期でもあります(図4)。

http://www.meiji.co.jp/etc/ishoku/200311/oa4.html



67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:48:33
>>60
5%は誤差ではないだろw

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:49:05
>>66

女は男より うつ病 になりやすいんだー

女貧弱w

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:49:08
男女板から出張してきたキチガイが紛れ込んでいる模様

もともとその手のスレだからしょうがないけど

人の話を聞かずに、自分の主張をひたすら続けていくのが特徴



70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:49:40
>>66

うつ病って甘えでしょう。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:49:41
>>68
自殺率は男の方が高かったんじゃなかったっけ?

男貧弱w

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:51:03
>>55
何気に凄いな
25〜49歳までで単純計算しても40万人ほど男の方が多いのか…
しかも40過ぎたババァなんて対象外だから、さらに競争が激化するのは理解できるな
俺は結婚しないけどなw

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:51:04
>>66
うつ病になりにくい男の人ってすごーい。



74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:51:39
>>72
3500万人中の40万だからなー



75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:52:16
現在、結婚してる男女比率は一夫一妻なので、1:1だからな。

男女同じじゃん


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:53:06
>>75

独身の男女は、ほぼ同じ 1:1

現在

細かく言えば、女が300万人多いが。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:53:24
>>74
だよなー

俺てっきり男女比って1対1だと思ってたよ

これだけ男が多いとは思わなかった・・・・

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:54:04
>>77

男100 : 女95

だからなー

微々たる誤差だよ。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:54:46
女の方が300万人多いよ。

男の総人口が、2005年から、初めて減少だってよ。


男性 6229万5千人
女性 6539万2千人

で,男性が戦後初めて減少


総務省 平成16年10月1日現在推計人口
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2004np/index.htm


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:54:47
平成15年自殺者数

総数32.109人
男23.396人
女8.713人
73%が男かぁ

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:55:31
>>80
そう、 うつ病という 病気は女が男の2倍なんだってー



女性は男性の2倍うつ病になりやすい


グラフ
http://www.meiji.co.jp/etc/ishoku/200311/images/no1087_01.jpg

女性がうつ病になりやすい時期は、月経前、妊娠・出産の時期、子育て、更年期で、
ホルモンとも関係していますが、女性特有のストレスを感じやすい時期でもあります(図4)。

http://www.meiji.co.jp/etc/ishoku/200311/oa4.html


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:56:48

女は男より うつ病 になりやすいんだー

男は精神的に強いから、女のよりもうつになる男は少ない。




83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:57:10
>>78

単純に試算しても21人に1人の男が結婚できない計算になるんだけど・・・

それでも「誤差」?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:57:30
>>79

女が300万人も多いんだー

すげー

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:57:52


男の方が精神的に強いんだー

だから男の方が鬱病にならないんだよねー


でも自殺率は男の方が圧倒的に高いのはなんでだろ?

男の方が精神的に強いのにねー

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:58:53
>>83

そんなの誤差だが、

50歳で男99.4:女100に逆転してるからな

49歳までいれると 男100 : 女98 ぐらいだろうね

誤差だよ。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:59:30
>>85

うつ病になった男が、うつ病になった女よりも

自殺しやすいだけだよー

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 12:59:59
>>86

49歳までいれると、ってこれのこと?

どうみても男の方が多いですが?

25〜29歳 男4461人 女4294人 (男が167人多い)
30〜34歳 男4960人 女4859人 (男が101人多い)
35〜39歳 男4359人 女4303人 (男が56人多い)
40〜44歳 男3976人 女3933人 (男が43人多い)
45〜49歳 男3936人 女3918人 (男が18人多い)

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:01:09
>>88
25歳から、49歳まで

トータルで、男女比率だしてみな

男100対 女98になるから


こんなの誤差でhしかないでしょう。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:01:16
>>87

あれー?

男の方が精神的に強いんじゃないのー?

なんで男の方が自殺しやすいのかなあ?

男の方が自殺しやすいのに、なんで男の方が精神的に強いとか言えちゃうのかなあ?

もしかして、そういうふうに思いたいだけで、実はそうじゃないかもよー?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:01:49

>>81

女は男より うつ病 になりやすいんだー

男は精神的に強いから、女のよりもうつになる男は少ない。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:02:40
>>89

1 0 0 対 9 8 !!!???


そんなに男が多いの!!?


100対100.1とか、100対100.5とかじゃなく
100対98!?

すごいね!!!

男あまりすぎ!!!

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:02:53

女は精神的に弱いから

男の2倍 うつ病になるんだね。

男は凄いね。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:04:21

男は精神的に弱いから

自殺者の7割以上が男なんだね。

男って精神的に弱いんだー

すぐしんじゃうんだー

よわすぎーーー

そりゃ女に相手にしてもらえないよー

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:04:35
現在、結婚してる男女比率は一夫一妻なので、1:1だからな。

男女同じじゃん

独身の男女は、ほぼ同じ 1:1


これは事実だから




96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:05:15

女弱いねー 精神的に弱いから、うつになっちゃうんだー


女性は男性の2倍うつ病になりやすい


グラフ
http://www.meiji.co.jp/etc/ishoku/200311/images/no1087_01.jpg

女性がうつ病になりやすい時期は、月経前、妊娠・出産の時期、子育て、更年期で、
ホルモンとも関係していますが、女性特有のストレスを感じやすい時期でもあります(図4)。

http://www.meiji.co.jp/etc/ishoku/200311/oa4.html


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:05:35
女の平均所得があがってきて

女の方が結婚世代の人数は少なくて

男はすぐ死んじゃうような弱い精神状態で

犯罪者の9割も男なんだよね

女が男と結婚したがらない理由もわかるなー

男のレベルが、どんどん下がってるんだよね

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:05:53
>>96

男は、精神的に強いから、うつ病にはならんからな

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:06:35
>>95
「ほぼ」一対一と実際の一対一は違うからねー

単純計算で21人に一人の男が余っちゃうという「現実」があるわけだし

これを「誤差」として誤魔化そうとしている人もいるけど

21人に一人ってねぇ・・・・多いよねぇ・・・

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:07:23
>>96

弱い人間がなる病気

男はなりにくい


>>99
全然少ない。誤差だよ。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:08:19
現在、結婚してる男女比率は一夫一妻なので、1:1だからな。

男女同じじゃん

独身の男女は、ほぼ同じ 1:1


なんだ、議論のしようがないな。 男と女同じだもの。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:08:53

男はうつ病になりにくい

女のうつ病、男の2倍

やったー



103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:10:06
うつ病になりにくい男の人ってすごーい。


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:11:55
現在、結婚してる男女比率は一夫一妻なので、1:1だからな。

独身者もほぼ同じ

どうするよ?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:14:44
一夫一妻だからしょうがないね



106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:18:04
>>105

国際結婚が男の方が多いから

既婚者は男が多いな。


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:18:34
国際結婚  平成15年度

男27 881人      日本の男は外国人女性にモテモテ

女8 158人      日本の女ってもてないね。

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii03/marr2.html



108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:20:05
>>99
ブスとバカはどうせ相手にされないからあなたには影響ないでしょ?w
そんな事ではしゃぎなさんな

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:22:21
現在、結婚してる男女比率は一夫一妻なので、1:1だからな。

独身者もほぼ同じ

どうするよ?


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:22:29
俺も結婚したくない
だって自由なお金が無くなるし
時間だってない独身ってなかなか憧れるよ
おれ18だけど


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:23:29

女は男より うつ病 になりやすいんだー

男は精神的に強いから、女のよりもうつになる男は少ない。


女性は男性の2倍うつ病になりやすい


グラフ
http://www.meiji.co.jp/etc/ishoku/200311/images/no1087_01.jpg

女性がうつ病になりやすい時期は、月経前、妊娠・出産の時期、子育て、更年期で、
ホルモンとも関係していますが、女性特有のストレスを感じやすい時期でもあります(図4)。

http://www.meiji.co.jp/etc/ishoku/200311/oa4.html



112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:25:20
>>111
精神的に強ければ、うつ病にはならない。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:25:59
俺もそんな気がする


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:25:59

自殺手段 男・致命的 女・致命的にはなりにくい

自殺未遂は圧倒的に女性に多く、そのピークは、15−24歳である。
1974、Weissmanの報告によると、インドとポーランドを除くほぼ全ての国において、
女性のほうが自殺未遂の頻度が高いという結果であった。


女性は、男性に比べて致命的にはなりにくい手段を用いることが多い。
とりわけ、服毒に関して、女性は自殺手段の26%であったのに対して、
男性では6%にとどまっている(1996年アメリカ)。

一方、男性は、より致命的となるような銃器(63%)や首吊り(17%)を手段としてよく用いている。
それゆえ、男性は、自殺を試みた場合に完遂することが多く、
必然的に自殺者において頻回の自殺未遂歴を有するものは少ないと考えられる。


http://ohtc.med.uoeh-u.ac.jp/suicide/review0600.html


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:26:35
>>114

女は自殺すようとするのが男よりも多いが

未遂で終わってると。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:27:07
>>111
>>114

これらをみるように、女は精神的に弱いね。



117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:28:01
>女性は、男性に比べて致命的にはなりにくい手段を用いることが多い。

女は怖がりだな

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:28:51
独身の男女は、ほぼ同じ 1:1

まあ、焦る必要もないよな



119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:31:28

こういう統計もでている


女性の平均寿命

未婚女性 では 77.18歳

既婚女性 では 85.28歳

死別、離別に比べて最も短い。

http://www.blissful.jp/media23.htm


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:32:12
>>119
独身女性は早死になんだ。


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 13:43:30
女には、処女膜があるからな

中古と新品ということになる



122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 23:27:26
>>55
男が多いったって、ほとんど誤差に近かったんだな
意外だったわ

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 01:26:09
男が30過ぎて預金100万は大げさだけれども、女の方が老後を睨んで計画性があるのは事実だな
度が過ぎてケチなぐらいだ
でも、今の生活にもある程度お金使って、生活に潤いは欲しいよね。


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 11:35:25
>110 そうだ。その気持ちを忘れるな。決して寄生目的の糞女に騙されるな。愛だの好きだの甘い言葉で近寄ってきて、結婚したとたん寄生虫にかわるぞ。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 10:29:05
男が得かも 女いたら余計な出費で大赤字だぜ 
デート、クリスマス、バレンタインのお返しとか大変だぜ
いろいろトラブルとかも厄介だし 
俺は生涯独身で童貞暦を貫き通す
彼女いない暦、風俗童貞=年齢は失われてしまったが
これから彼女いない暦、童貞期間の記録を作る。
ギネスにでもチャレンジするかな
22歳 
夜勤から帰って来て眠いから寝ます。
今晩は夜勤最終日で明けで帰って来る日と土日休みだぜ
3連休みたいな感じだな

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 10:34:59
女1人ぐらいなら居た方が安上がり、結婚はべつだが。
風俗行くぐらいなら、彼女抱いた方が安い。


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 20:58:52
男性の皆さんへお知らせです。

最近、独身男性をターゲットに「結婚して詐欺」が横行しています。

結婚して詐欺とは?
大好きよ、愛してるわ、あなたでないと駄目なの、などと女性が言葉巧みに独身男性へ近寄ってきます。
そして、高学歴で稼ぎが良くてお金をもっていそうな男性だと分かると、その男性を寄生先候補と決めて
言葉巧みに入籍を勧めてきたり、妊娠しちゃった作戦で何が何でも逃さずに結婚しようと画策するのです。
そして妻となった寄生妻は、夫にその正体を欺き続けて寄生生活を続けて浪費する生活をします。
そして、資産が底を尽き始めたり定年を迎えた途端に突然離婚話を突き付けてくるのです。
夫の反論も法律の加護のもとに黙殺されてしまい、莫大な慰謝料と年金の半分を夫から搾取するのです。
その様な人生を賭けた詐欺を働くという人としては考えられない悪質極まりない寄生虫達なのです。

被害に遭った男性たちは口々にこう申しております。

入籍後、妻がまるで人が変わったように急に金遣いが荒くなってしまった。
結婚した途端にあの優しかった彼女が私への接する態度がとても冷たくなってしまった。
共働きの約束なのに、妻は突然会社を辞めて主婦となって働かなくなってしまった。
子供が幼稚園に通える程に大きくなったのに妻は全く会社復帰する素振りも感じられない。
私に内緒で通販で全く必要のない高額商品の買い物をする頻度が増えた。
遅く帰った時には晩御飯のおかずが品数が少なかったり子供の食べ残しとかが出る様になった。
妻は毎日仕事もせずに家でテレビを見ながら食っちゃ寝の生活を続けている。
家事に専念すると言いつつも、いつも部屋は散らかしっ放しである。
専業主婦なのに昼間家に電話すると家に居ないことが多いし、携帯の電源が切ってある事が多い。
スリム体型だった美しい妻が見る見るうちに醜い肥満体型へと変わっていった。
夢見ていた生活とはまったくの正反対じゃないか!!こんな筈じゃなかった。

人生取り返しのつかなくなる悪質極まりない詐欺なので独身男性の皆さんは結婚して詐欺に
騙されない様にくれぐれも注意して下さい。
人生、やり直しは利きません。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 00:12:11
男女比は100対98位かもしれんが
外国人との結婚とか同性愛者の存在(男性のほうが多い)
とかを加味すればほぼ1対1位でしょ

129 :サンガー夫人:2006/10/18(水) 14:29:50
>>109 は一夫一婦制で同じと言うが、
>>107 のように、国際結婚は男が多い(外人女性が日本に住む)とすると、
独身では、女の方が多くなるのではないか。

国際結婚は、20組に1組という。
そのうち3/4が男が日本人、女が外人だとすると、
約4%程度は、独身者で女の方が多くなるだろう。

>>125>>127のように、女は若いときは、男に貢がれて楽ができるが、
結婚の対象にならない年齢以後は、男よりも大変になる。

同じ独身の老後でも、ある程度仕事をして年金などもある男より、
定職なしで、いずれ主婦になるつもりで、結局相手がいなかった女の方が、
生活設計の面で、苦しくなるんじゃないかな。

130 :サンガー夫人:2006/10/18(水) 14:35:50
>>128
単純に「結婚の可能性のある男女比」でいえば、女が過剰になると思う。

(1) 男の方が先天性異常や死亡率が高い
幼児死亡率も、男子の方が多く、障害者も同じ。

(2) パートナーに同性を選ぶ同性愛者は、レズよりゲイの方が多い。
正確な統計は分からないが、おそらくゲイの方がレズの10倍以上いるのではないか。

(3) 国際結婚で流入する外人は、女性の方が圧倒的に多く、増加している。
「奥様は外国人」という番組は成り立っても、「旦那さんは外国人」は少なく、難しい。

以上の理由により、女性が過剰になる。
したがって、需要供給関係から見れば、男の方が有利w


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 16:02:34
>>130
そうかぁ…?
まず(1)だが、障害者率は男が高いといっても微差で大して変わりない
次に(2)、ゲイは「そういう一面も持っている」というだけで
表面的には女と結婚している人も多い(いわゆるどっちもおk)
対してレズは女しか愛せない
(3)そんなことはないんじゃない??外国に行きたがるのは女が多いし
外国人パートナーを持つ女も多い(欧米・白人への憧れ?)
ま、データ的には奥様は外国人が多いかもしれんが、
外国人と実際付き合ってるのは女のが圧倒的に多い

また、もし>>130が正しかったとしてもいずれも結婚市場に影響を与えるほどの
規模の数字ではないだろう。それを補って余るくらい男が多い(ちょっとやだけど)




132 :131:2006/10/21(土) 16:17:14
それに、そもそもモテル男は一人で何人もの女を独占する。
結婚はしなくても女が「そいつに夢中で他の人との結婚は不可能」状態
になってる場合も多い。余裕のある既婚男は外に浮気相手がいる
さらに、少子化が続き比較的上の世代が多くなっているため、その上の世代で
あぶれた男、もしくは年下好みの男が下の世代の女をもらいにくる
男は若い女を好むので、数少ない下の世代は引く手数多となる。
えてして「結婚の可能性ある男女比」でも女有利になるわけだが、
この上「結婚したがる男女比」も、2ちゃんでいわれてるほど女不利ではない
女は「よっぽど気に入る相手がいればしよう」というのが多い
に対して男は「最低限〜できれば、〜があれば」という感じ。
男の方が現実的だがより確実に結婚して子孫を残したいという本能からだろう

そもそも、出会い系サイトや結婚相談所の男女比や、結婚相手に対する
要求の大きさ(自分の方が価値があり出会いに恵まれているから女の方が大きい)
からも結婚市場における需要が女>>>>>>>男になってるのは否めない
ま、結婚する気ないんなら関係ないけどね
もししたいなら早めに手打っとくことをすすめるよ

133 :サンガー夫人:2006/10/25(水) 10:38:10
>>122さん

....★理論
おれは、前どこかの板で、「★理論]wwという板をあげたことがある。
これは、男女を学歴収入職業家庭など、世間的な「条件」で分けると、
男女別で、相手の選び方が違ってくるというもの。

「良い条件」を★★★、「悪い条件」を★とする。
(1) 高条件男は、自分より下の条件の女を選ぶ傾向がある。
(2) 高条件女は、自分より上の条件の男を選ぶ傾向がある。
(3) 低条件男女は、自分で選択権はなく、相手に選ばれる。
(4) 高条件は絶対数が少なく、低条件は多い。
   ★★★×1、★★×2、★×3のプラミッド型の構成。
(5) 男は複数の女を求め、女は一人の男を求める傾向がある。

以上の前提で、以下のような結論となる。
○結婚の場合(一対一結合)
★★★男=★★女
★★男 =★女
★男  =なし

★★★女=なし
★★女 =★★★男
★女  =★★男

○恋愛の場合。((5)原則適応)
★★★男=★★★女、★★女×2、★女
★★男 =★女×2
★男  =なし

★★★女=★★★男
★★女 =★★★男
★女  =★★男

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 10:55:45
カラフルだけど共だちから言わせるとからくりバカホーダイ加入扱いされるらしいよ(*⌒▽⌒*)

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:34:05
割り切った大人の出会いを探してる方限定!

http://www17.ocn.ne.jp/~iideai/newpage53.htm

136 :ケ簀・><input TYPE=hidden NAME= value=:2006/12/11(月) 05:59:50
。。ソヘエヨ、ホテヒスネ讀マ。「ス」ア」ー」ーソヘ、ヒツミ、キ、ニテヒ、ホタク、゙、・・、マ」ア」ー」カソヘ。」。ハイセ、ヒテヒ
、ネス、」アソヘ、コ、ト、ッ、テ、ト、ア、・ネ、キ、ニ、篥ヒ、マ」ア」ー」ーソヘナ、ソ、熙ヒ」カソヘ、筅「、ヨ、・ニ、キ、゙
、ヲ、ネ、、、ヲ、ウ、ネ。ヒ
ニ・ワ、ヌ、マ。「キ・ァナャホエ・ホフ、コァ、ホテヒ、ホソ、ャス、ホソ、」イ」ー」ーヒ・ヘーハセ螟篝蟯、テ、ニ、、
、・」、ウ、・マ。「ス、ホネユコァイス、莵・ァ、キ、ソ、ャ、鬢ハ、、ス、ャチ、ィ、ソサ、ャクカー、ヌ。「テヒ、ホキ・ァ
ニ、マ、ネ、、ヌ、筅ハ、ッソシケ・ハセツヨ、ヒ・キ・ユ・ネ、キ、ニ、キ、゙、テ、ソ、ホ、ヌ、ケ。」
コヌカ皃ホケタェトエココ、ヌ」ウ」ーツ蟶衒セ、ホテヒ、ホフ、コァホィ、マ、ト、、、ヒ」オ」ー。、トカ、ィ、ソ、ホ、ヌ、ケ。ェ
。。、゙、オ、ヒカチータ荳螟ヌスタュ、ャキ・ァサヤセ・ヒ、ェ、、、ニネセアハオラナェ、ハシ酥ウク「、ウヘニタ、キ、ニ、キ
、゙、テ、ソ、ホ、ヌ、ケ。」
。。カ筝フ、ャヘセ、・皃ョ、ニイ皃ョ、ヌ・ス。シ・ラ、茹リ・・ケ、マハソニ・ホトォ、ォ、鯆鄲ケカキ。ヲ。ヲ・筵ニ、ハ
、、テヒテ」、マ、ト、鬢、、・









137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 06:41:56
悲惨なスレだ

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 09:15:01
独身でも女遊びは慎んで、修行僧のように暮らせよ。
エイズで氏ぬぞ。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 09:19:30
HIVサロンって新板いつのまにかできているのな
なんか怖かった

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 02:58:48
>>139
なんか怖そうだな

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 22:52:14
>>133さん

実に論理的に俺が結婚は愚か彼女さえできない理由を
教えてくれてありがとう。(^^)

ってオイっ!

142 :女神☆:2006/12/17(日) 11:26:11
エイズこわいね。



143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 12:26:42
結婚は男にとって損、女にとって得なんだから
その逆考えれば答えは出るだろ

144 :名無し:2006/12/17(日) 13:53:12
得かなぁ

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 00:29:20
>>1
釣れますか?

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 12:42:25
年をとって強いのは女性だと思う。
女性は、女通しつるみやすいし、楽しみも見つけやすいと思うから、
男性の独身の年寄りは見た目もつらい。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 19:30:34
まるで女の年寄りの見た目がマトモだとでも言いたいような口ぶりですね

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 21:11:06
来年から‘家族の日‘が制定されるので独身は肩身狭いですよ

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 23:53:41
俺はマジ結婚したくねえ
理由はうぜえから
老後は一人でネットとゲームですごしてえ


今の世の中は、結婚してない男は
結婚できないからという感じで哀れまれるので俺にとっては気が楽だな〜


結婚しない理由が一人でゲームでもやってたいからなんて理由絶対とおらねえしなw

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 04:13:50
お前は俺かwww

正確にはちょっと違うけど。

老後の楽しみにネットゲームと取っておきたいぜ。
そのときになって廃人プレイをしようとして邪魔されるとウザそう。

今はそれを楽しみに、悠々自適な生活をするために、
リアルをがんばるしかないと思ってるが。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 03:52:35
>>149
そうだよな
遊びほうけたいなんて理由は
この国じゃ絶対認めてもらえねぇだろうしw


152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 20:19:56
>>151
悠々自適に生活したいと言えばいいんだよ。


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 21:08:03
僕はベートーヴェンとかモーツァルトとか
有名作曲家が多いから男の方が得だと思う

154 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:44:04

女性が卵子を排卵することが可能なのは15歳から45歳くらいまでなのに対し、
男性は15歳から75歳くらいまで精子を製産することが可能である。
つまり、女性は男性より約30年、生殖可能期間が終わるのが早いということだ。


女が40歳くらいになると、ほぼ閉経しかかりババア、別名生殖可能期間終了くされマンコババア
になるため、40歳前後の女が結婚をすることは、40歳前後の男が結婚をするよりも
はるかに難しいと思われます。
さらに女は40歳くらいになると、ほぼ閉経しかかりババア、別名生殖可能期間終了くされマンコババア
になるため、もう歳取るのが怖くて怖くて、早く結婚したくてしたくてたまらなくなります。
(平均的に男の生殖可能期間は75歳まで、女の生殖可能期間は45歳までと言われている)

だから必死に童貞童貞!結婚できない男ぉ!とか言って男を焦らせて結婚させようとしますが
離婚した時、なぜか無条件で慰謝料は男が払うものみたいな感じもありますし、
主にマスゴミですが、熟年離婚だとか鬼嫁だとか男は夫は父親はああだこうしろどうのこうのとうっさいですし
まあマスゴミは本当何がやりたいのか、まあ男の結婚する気を無くさせてるとしか思えませんね。
で、そういう風潮に嫌気がさした男や、
現実の女より二次元の女の方が良いと思ってる、いわゆるキモオタさん達や
AVや風俗で性欲を満たしてりゃ、めんどくさくなくて良いやと思ってる人などは結婚しようとしません。

するとどうでしょう。少なくとも30を越えたあたりから、女は焦りだしてくれます。
40近くにもなりゃあもう必死でしょう。
なんてったってほぼ閉経しかかりババア、別名生殖可能期間終了くされマンコババアになっちゃうんですから。
焦りだしてヒステリックにさらに童貞童貞!結婚できない男ぉ!とか言い出す女もいれば
結婚するにはどうしたらいいか、真剣に考え出す女もいるでしょう。
結婚を諦める女もいるかもしれませんね。
晩婚化が言われてますが、女が焦りだすのを待つのも作戦ですね。
花が綺麗に咲き誇る時期は短いですからね☆

155 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:45:07

世界の一番の資産家がビルゲイツと2番目は忘れたけど男。ほとんど男。
世界企業のTOP1000に入る企業の社長はほとんど男。
歴史上の人物はほとんど男。歴史上の芸術家もほとんど男。
テレビや電話や電化製品、車や飛行機やコンピューターを作ったのは男。
科学を発達させ、文明を発達させたのは男。
芸術、宗教、哲学、物理学、数学、発明などの分野はほぼ男の独壇場。
この長い歴史の間、女が革命を起こしたり、革新的なものを発明したことなど極わずかしかない。
女は時には男同士の権力や縄張り争いにより起こる戦争に巻き込まれ
それを止めるだけの力も権力も無く、
女性の社会進出も、結局は今まで、男が飽きるほどしてきたことを
今やっと女ができるようになっただけであり、男が作り上げたものの上でいい気になっているだけ。

女が女の能力で普通に暮らしてられるのは、女だから。
男が女程度の能力や功績しか持っていなかったら
まともに暮らしてなんかいられない。クズ扱いされる。

女は子供が産めるから、普通に暮らしていられる。
女は男の性欲が強いからこそ、普通に暮らしていられる。
男に性欲がなくなったとしたら、女なんてまともに暮らしていけないから。
もしくは、男の性欲が女並みになったとしてもね。

実際、男は射精をすると、一気に性欲が無くなる。
そして、性欲が無くなると同時に女への興味も一気に失われる。
男にとって性欲と、女を好きだ、という感情は密接に関係している。
つまり女は、男の性欲でもっているようなものだな。

裸でマンコおっぴろげておっぱい丸出しにしてライオンに近づいて、顔におっぱいでも押しつけてみ。
噛み殺されるだけだから。

女が美しいから男が目をくらますのではない。
男は自分自身が持つ刹那的な性欲によって盲目になるのだ。

156 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:46:37

出産なんて、サルだろうがブタだろうができることだ。
排尿とか睡眠とかと同じレベルの原始的な機能。
文明をつくり、自身を客観視し、論理的に思考する能力は人間の男性にだけ許された崇高な能力。
哺乳類ならば出産なんて、どんな下等生物だろうができること。





卵子だけで生命を作れることを発見したのは男。
そして、人工子宮の研究も進んでる。
いつ完成するのかは分からないが、現時点でも科学的には可能であることが分かってる。
ただ技術的な問題よりも、道徳的な問題があると思われる。
おそらく、それを開発するのも男になるだろうね。

人工子宮が出来たら女の価値は本気でなくなるね。

157 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:49:38

恋愛というのは男と女のパワーゲームだ。
多くの場合初期段階に於いては、刹那的な性欲によって男は不利な立場にある。
その為男は釣り餌を惜しまない。 が、それはあくまでも初期段階。
恋愛初期段階に於いての性欲によるMotivatonを男は維持できない。なぜか。

男 は 同 じ 女 に は 飽 き る か ら だ

本来ヒト科の雄は多くの雌に種をばら蒔く本能を持っている。
当然といえば当然の事なのだ。
付き合いが長くなれば(短ければ一度のSexで)男と女の関係は、多くの場合同等、或いは逆転する。
そして女は不満を垂れる。
『男って釣った魚に餌やらないって言うけどホントよね!』
『男が優しいのって最初だけよね!』 と。

ずっと刺激的な関係でいたい、
結婚した後もずっと恋愛をしてる時と同じ気持ちでいたい、と言う女がいるが
そんなの無理に決まってる。

結婚をするということは、一生をともにするということだ。
妻を女として見ていたとしたら、同じ女と一生をともに暮らすなんて絶対できない。
つまり、初期段階の
「好きだ!好きだ!優しくするし、なんでもするし、なんでも買うからセックスさせて下さい」から
「誰よりも君が好きだ愛してる。優しくするしホテル予約したからセックスしようよ」から
「誰よりも君を愛してるよ。だからセックスしよう」から
「愛してる。そろそろセックスして寝るよ」から
「(ねえ?私のこと愛してるの?)ああ愛してるからさっさとセックスでもして寝るぞ」から
「(ねえあなた、たまにはセックスしましょうよ)いや今日はいいわ。チンコ立たん。」から
「オナニーの方が気持ちい」
といった感じに、恋から愛へ、そして愛情へと女に対する感情を変換させる必要があるのだ。
女に対する気持ちが愛情に変換された時、すでに男にとって女は家族の一員でしかない。

158 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:50:38

女は議論に弱い。     
言葉数を多くまくしたてても、結局男に、矛盾点や非論理性を指摘されて敗退する。  
実はこれは女の脳が左右の機能分化が遅れている理由による。        
男は言語を左脳に担当させることにより、右脳における高度な空間認識能力   
をはじめとする非言語的思考を獲得した。                 
議論においては各概念を頭の中で、あたかも将棋の駒を配置するがごとくに   
配置して、各概念を関係づけるのである。          
空間認識能力に劣る女はこの作業ができないため、正しく各概念の関係を  
把握することができないのである。               
このため、自分の非論理性や矛盾に気がつかないのである。    
これが、男の目からみて女の議論が稚拙で幼稚に思える理由であり、  
女が議論に弱い理由である


女は言葉数が多い。
実はこれは女の脳が男の脳と比較して左右の脳の機能分業が、未発達であることと関係している。
男の脳は、言語的思考を左脳に担当させることにより、右脳における
高度な空間認識能力や、抽象的思考力を獲得した。
これが、芸術、宗教、哲学、数学、発明などの分野が男の独壇場である理由である。
さらに左右の脳の協調を要する物理学において男が優位にたつという
事実は、誰もが認めるところである。

ところで右脳が発達した者同士の会話では言葉の数を減らしても、
高度なコミュニケーションが可能である。
例えば、赤を表現するのに言葉で説明すると膨大な言葉をもってしても、
なお伝達できないのに、実際にイメージできれば説明は不用になるのと同じ原理である。
左右の機能分化が遅れている女の脳では、右脳による高度な空間認識、抽象的認識の
能力を得ることができなかったため、必然的に脳全体を使って言語を駆使しなければならない。
これ故女は言葉数は多くなるが、背景に高度な抽象的意味内容を持つ言葉 になると、
右脳の高度な働きが必要となるため、ここでも男が優位にたつ。
つまり女が得意とするのは、言葉数勝負の口喧嘩と日常会話にすぎない。

159 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:51:28

女は繊細でパニックになりやすい。
女はうつ病やパニック障害になりやすい。
精神障害であるうつ病や感情障害の発症は、女性は男性の1.6倍である。
代表的な不安障害であるパニック障害の発症頻度は、実に女性は男性の3倍に達する。

女性が情緒的に細やかなのは、右脳と左脳を繋ぐ脳梁が太く
右脳と左脳の情報の受け渡しが活発で脳梁の後ろの方にある膨大部が
男性よりも大きいためで、情緒的に繊細で感受性が強く、
膨大部の情報交換が過剰になると、情緒的なパニックに陥りやすい。
女性が泣きやすいのも、このためだ。
精神障害であるうつ病やパニック障害は、女性は男性の3倍近くなりやすい。

不安障害の生涯有病率は男性では19.2%、女性では30.5%であり
感情障害のそれは男性では14.7%、女性では23.9%と両障害とも
女性の発症は男性の1.6倍である。
男女それぞれ2000人についての全国的な健康調査によれば、
代表的な不安障害であるパニック障害の発症頻度は
男性1.7%、女性5.1%で実に女性の発症頻度は男性の3倍に達した
参照
http://www.fuanclinic.com/ronbun2/r_28.htm
http://www.fuanclinic.com/ronbun2/r_28f1.htm
http://www.fuanclinic.com/ronbun2/r_28t1.htm

160 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:52:38

<情緒的に繊細な女性の方が運転中にパニックに陥りやすい>

女性が情緒的に細やかなのは、脳梁の後ろの方にある膨大部が男性よりも大きいためで、
その部分の情報交換が過剰になると、情緒的なパニックに陥りやすいとも言える。
逆に危険や不安に対する反応が強ければスピードも控えめに運転して当然だ。
以上のような脳の性差を知っておけば、運転に男女間の食い違いがあっても
腹が立たなくなるかもしれない。
http://web.archive.org/web/20030308012141/http://www.urban.ne.jp/home/nasucpao/tokutoku/toku11-20/toku+no.17-d.html

161 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:53:24

自殺で実際に死に至る割合は男性の方が高い。
が、自殺を試みる割合自体は(自殺未遂も含めると)、女性は男性の2〜3倍である。
(自殺未遂者は自殺死亡者のおよそ10倍はいると言われている)

銃や首つり、飛び降りなどの方法を用いるとほぼ確実に死に至るため
自殺未遂に占める割合はあまり多くは無い。
米国における自殺既遂者の中では、銃による自殺が最もよく用いられる方法で
圧倒的に男性に多い手段である。
女性の場合は、服毒、服薬、入水などの、暴力的でない方法を選ぶ傾向がみられる。
男性は銃や首吊り、飛び降りなど、より暴力的な自殺を試みる傾向が強いため
死にいたる割合が高くなる。
自殺未遂とは、自殺行為を行ったが死には至らなかった場合をいう。
自殺行為で死に至る可能性があるとは思われない場合は、自殺演技という。
このような行動(たとえば、アセトアミノフェンを6錠服用するなど)を取る人は
本気で死のうと考えているのではなく、助けを求め自分に注意を向けさせようとしている。
(自殺演技も含めたら、女の割合は3倍以上になるだろうと言われている。)
参照
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch102/ch102a.html
つまり女は、精神的に追い込まれ自殺したがる人は多いが
結局死にきる度胸も無く、どっちつかずってことですね。


女には度胸が無い。

男性ホルモンであるテストステロンは興奮作用のあるドーパミンの分泌を増加させ
新奇追求性を強める。英語ではNovelty-seekingである。
新し物好きでスリルを求める性質といってもよい。
そのためテストステロンは、度胸を高める。

162 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:54:09

男に比べ、女の方が圧倒的に自殺経験者自体は多い。
が、女は大半が未遂で終わる。
その訳として、男は首吊りなど、自殺を完遂させる方法を用いることが多い一方で
度胸がない女性達は薬物を用い、痛みも無く、体を傷つけるようなこともない方法を試みようとするからだ。
自殺未遂者は自殺死亡者のおよそ10倍いると言われ
自殺未遂者において女性は男性の三倍以上にもなる。
つまり女というのは、都合の悪いことがあればすぐに死にたがるが、
死ぬにしても死にきれない大変デリケートな生き物だったんですね。

163 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:55:14

うつ病の生涯有病率は男性15%、女性25%と言われている。
(感情(気分)障害全体での生涯有病率は男性で14.7%、女性では23.9%)
代表的な不安障害であるパニック発作やパニック障害は女性に多く、
男性の2〜3倍の割合で発症します。
(不安障害全体での生涯有病率は男性では19.2%、女性では30.5%)

【精神障害の生涯発症率】
大うつ病       男性12.7% 女性21.3%
躁エピソード    男性1.6% 女性1.7%
気分変調症     男性4.8% 女性8.0%   
全般性不安障害  男性3.6% 女性6.6%
社会不安障害   男性11.1% 女性15.5%
広場恐怖症     男性3.5% 女性7.0%
特定の恐怖症 男性6.7% 女性15.7%
http://www.fuanclinic.com/ronbun2/r_28t1.htm
http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?url=15/s189.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch100/ch100d.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85
尚その他代表的な精神疾患である、心気症、総合失調症(精神分裂症)の発症率に男女差は見られない。
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07.html

明らかに女の方が社会的に保護されてるのは明確。
女は男ほど、競争社会を生き抜く必要も無く
義務や責任を男ほど背負う必要も無く、男みたいに家族を養うことを義務付けられてるわけでも無く
男のクセに、男なんだからと我慢をしいられることも無い。
男は、女の子には優しくしなきゃダメと、子供のころから言われながら育ち
男が女に攻撃的、暴力的な態度を取ることは許されない。
逆に女が男に攻撃的、暴力的になることは、男が女に対してよりもかなり肯定される。

それにも関わらず、女は精神病になりやすいんだよ。
どんだけ精神弱いんだ。

164 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:56:43

全般性不安障害とは、さまざまな活動や出来事について過剰な不安や心配が生じることで、
女性の発症率は男性の約2倍となっています。

特定の恐怖症とは、特別な対象または状況に対する広範かつ持続的で、そして不合理な恐怖感です。
恐怖の対象は大きく4つに分けられています。
状況型では、高所恐怖症や暗所恐怖症、閉所恐怖症などがあります。
動物型は、蛇やクモなどの虫、さまざまな動物に対する恐怖、
血液・注射・外傷型は人体に関する恐怖です。
自然環境型は、嵐、風、雷などが恐怖の対象となります。
特定の恐怖症をもつ人は、その恐怖感が非現実的であることに気づいていますが、
大部分の人は日常生活のなかでそれに接触しないように行動しています。
最近の調査では恐怖症をもつ人は、全人口の約4割前後であることが報告されています。
女性のほうが男性の2〜3倍多いこともわかっています。

ただし、ほとんどの不安障害や恐怖症は、女性の方が男性の2〜3倍多いことが分かっていますが、
社会恐怖症(対人恐怖症)に関してだけは、他の恐怖症に比べ男女での差が極めて少ない。
社会恐怖症は任意の12カ月の間、女性で約9%、男性で約7%に生じそれでも若干女性の方が高いが
社会恐怖症の中で最も重症度が高いと言われる回避性人格障害になる割合は、
男性の方が女性よりも高いことが示されています。
社会恐怖症とは、特定の社会的状況や人前に出る状況に対して著しい不安を抱くことを特徴とし、
そうした状況をしばしば避けようとします。
全体的に不安障害や恐怖症は明らかに女性に強く表れるが、
社会恐怖症に男女で大きな差が見られないのは、
女性の方が言語能力やコミュニケーション能力に優れていることが影響していると考えられます。
http://www.fuanclinic.com/byouki/sukoyaka.htm
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch100/ch100b.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch100/ch100e.html

165 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:57:26

うつ病の危険因子である女性は,ホルモンの問題,
女性のより密接な関係をもちたがる性質,依存的性質,
および男性志向社会において自分の宿命をコントロールする際の無力さによって通常説明される。
しかし,生物学的に傷つきやすいことも関係している。

2つのX染色体を保有することは,優性X連鎖が関与している場合は,双極性障害において重要となる。
男性と比較すると,女性は高レベルのモノアミン酸化酵素を有している。
(モノアミン酸化酵素とは、気分にとって重要であると考えられる神経伝達物質を分解する酵素。)
甲状腺機能は,女性でより多くの調整障害がみられる。
女性は抑うつ薬の1つと考えられているプロゲステロンを含有する経口避妊薬を使用することがあり,
月経前および月経後の内分泌系の変化を受ける。
抑うつ的な女性は,うつ病に典型的な,内向的で,くよくよし/抑制的な性格スタイルを示すことが多い。
その一方で,抑うつ的な男性は、躁病に典型的な外向的で,
行動志向的な性格スタイルを示すことが多い。
http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?url=15/s189.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%81%E7%97%85
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch101/ch101b.html

166 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:58:14

【人格障害】
人格障害の原因のほとんどは、自我の形成期における乱れた家庭内環境によるもので、
母親の過保護、父親の不在、もしくは親による虐待などによって、
生まれ持った気質と相俟って一般には思春期以降に表面化する。

演技性人格障害の9割は女性、反社会性人格障害の9割は男性であり、
生涯有病率が同程度であり、似たような病象も見受けられることから、
同じ疾患が性差として現れた物であるという解釈もある。
他に境界性人格障害や依存性人格障害は女性に多く、
自己愛性人格障害はどちらかといえば男性に多いとされる。

ただし、全ての人格障害の中で最も多いのは境界性人格障害であり、
精神科を受診する患者で「人格障害」と診断された患者のうちの半数が、
境界性人格障害であると言われている。
つまり人格障害患者の約5割を境界性人格障害が占めているということだ。

境界性人格障害は明らかに女性に多く約75%を占め、入院患者ではさらに男性の4倍に達する。
また、境界性人格障害の回復期には、一過性の自己愛性人格障害を経るケースが多い
という報告もあり、逆に、自己愛型防衛に失敗した自己愛性人格障害の患者が、
境界性人格障害の状態を呈した例も報告されているため、
自己愛性人格障害は境界性人格障害が安定した状態であるとも考えられている。
境界性人格障害の原因としては「幼少期のトラウマ体験」か「生理学的な脳の脆弱性」
の二つの原因が重視されている。
http://akatan.cool.ne.jp/jinkaku.htm
http://www.deborder.com/
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch105/ch105a.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%94%E6%8A%80%E6%80%A7%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E9%9A%9C%E5%AE%B3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%83%E7%95%8C%E6%80%A7%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E9%9A%9C%E5%AE%B3

167 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:59:06

【人格障害】
人格障害の原因のほとんどは、自我の形成期における乱れた家庭内環境によるもので、
母親の過保護、父親の不在、もしくは親による虐待などによって、
生まれ持った気質と相俟って一般には思春期以降に表面化する。

演技性人格障害の9割は女性、反社会性人格障害の9割は男性であり、
生涯有病率が同程度であり、似たような病象も見受けられることから、
同じ疾患が性差として現れた物であるという解釈もある。
他に境界性人格障害や依存性人格障害は女性に多く、
自己愛性人格障害はどちらかといえば男性に多いとされる。

ただし、全ての人格障害の中で最も多いのは境界性人格障害であり、
精神科を受診する患者で「人格障害」と診断された患者のうちの半数が、
境界性人格障害であると言われている。
つまり人格障害患者の約5割を境界性人格障害が占めているということだ。

境界性人格障害は明らかに女性に多く約75%を占め、入院患者ではさらに男性の4倍に達する。
また、境界性人格障害の回復期には、一過性の自己愛性人格障害を経るケースが多い
という報告もあり、逆に、自己愛型防衛に失敗した自己愛性人格障害の患者が、
境界性人格障害の状態を呈した例も報告されているため、
自己愛性人格障害は境界性人格障害が安定した状態であるとも考えられている。
境界性人格障害の原因としては「幼少期のトラウマ体験」か「生理学的な脳の脆弱性」
の二つの原因が重視されている。
http://akatan.cool.ne.jp/jinkaku.htm
http://www.deborder.com/
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch105/ch105a.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%94%E6%8A%80%E6%80%A7%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E9%9A%9C%E5%AE%B3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%83%E7%95%8C%E6%80%A7%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E9%9A%9C%E5%AE%B3

168 :女は弱い:2007/02/24(土) 14:59:42

(9割が男性である 「反社会性人格障害」

その通り、犯罪者に多いとされるのがこの人格です。
この人格の特徴は、良心の呵責を感じることなく、冷静に凶悪犯罪を行えることです。
こういうことだから人を愛する能力を欠いていたり、人の気持ちが分かる優しさが足りません。
しかし、人の顔色をうかがいながら、戦略を立て、うそをついたり、だましたりする能力は抜群です。
人の心理をよんで操作するのがうまく、表面的には魅力的さえあります。
この人格者は犯罪的な行動を繰り返すものの、良心に乏しいのでほとんど罪悪感を感じることはありません。
不安やうつ気分におそわれることもありません。
http://akatan.cool.ne.jp/jinkaku.htm)

169 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:00:49

身体表現性障害である身体化障害、転換性障害も女に多く見られる。

「身体化障害」は重度の慢性障害で、さまざまな身体症状(主に痛み、胃腸症状、性的症状、
神経症状など複数の症状)が繰り返し発生し、原因となる体の異常が見あたらないのが特徴。
この障害で見れれる特徴的な性格としては、依存的で自己中心的。賞賛や賛美を渇望している。
身体化障害の患者には、人格障害や他者への極端な依存も多くみられる。
身体化障害の患者にみられる身体症状は、助けてほしい、気にかけてほしいと訴える
コミュニケーション手段と考えられる。
また、大人としての責任から逃れたいなど、その他の目的から症状が現れることもある。
不快な症状が続くため、患者は楽しいことへ目が向かず、
自分には価値がないと思ったり、罪悪感に苦しんだりする。

「転換性障害」はヒステリーと呼ばれていたもので、精神的心理的なストレスや葛藤が原因で起こる。
内的な葛藤の抑圧により、不安が身体症状へと転換したものである。
患者はそうしたストレスや葛藤を、無意識のうちに身体症状へ転換する。
転換性障害は青年期から成人期初期にかけて起こる傾向にあるが、初回の発症はどの年齢でも起こることがある。

症状は多くの場合、社会的または精神的につらい出来事が引き金になって発症する。
転換性障害とはいわゆるヒステリーのことであるが、現在ではヒステリーという言葉は使われない。
昔ヒステリーと言われていた言葉には3つの意味があり、
ヒステリー性格、ヒステリー症状、ヒステリー神経症と言うものです。
ヒステリー性格とは、小児的、未熟的、自己中心的、強い依存心、感情不安的、
虚栄心、虚言傾向、非暗示的、演劇的、誇張的、自己顕示的などの性格をさすものである。
転換性障害で最もよく見られる症状として、突然動けなくなる、手が動かない、
声が出ないなどの「運動麻痺」そして、手足や顔の感覚がなくなるという「感覚麻痺」です。
尚、身体醜形障害の発症率には男女差は見られない。
http://akatan.cool.ne.jp/neurose.htm
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch099/ch099b.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch099/ch099c.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch099/ch099e.html

170 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:02:11

解離性障害とは、何かしらの強いショックやストレスを受けた時に、記憶が飛んでしまったり、
普通のままでいたのではとうてい耐えられず、かつ強い恐怖のために、
自分の心を防衛しようとして別人格が生まれてしまったりするものです。
解離性障害には、解離性健忘、解離性とん走、解離性同一性障害、離人症などがあります。

通常、解離性障害は極度のストレスが引き金となって突発的に発症します。
ストレスは、衝撃的な出来事、事故、災害などを体験したり目撃することで
引き起こされることがあります。あるいは、あまりにも耐えがたい心理的な葛藤から、
相いれない情報や受け入れがたい感情を意識的な思考から
切り離さざるをえなくなったため発症する場合もあります。

解離性同一性障害とは、俗に言う「多重人格」のことです。
離人症の女性の発症率は男性の約2倍と言われ、
解離性同一性障害の女性の発症率に至っては、男性の5倍にもなります。
参照
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/4875/bunrui/kairi.htm
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch106/ch106a.html
http://akatan.cool.ne.jp/neurose.htm    http://www2.wind.ne.jp/Akagi-kohgen-HP/DID.htm

解離反応を起こしやすくする上で性の違いが仮にあるとしても、これを評価するのは難しい。
解離性同一性障害の症例集はどれも女性の有病率の懸命な高さを示しています。
この差は報告例が多くなるにつれて着実に減少しています。
しかし、「女性対男性の比は8対1ないし9対1」と見られてきました。
経験の豊富な何人かの治療者は「4対1から2対1」というずっと低い比率を報告するものもあります。
女性の解離性障害の有病率が高く現れる理由は、これまで多くの臨床家が憶測しているけれども、
理由が少なくとも一部はサンプルのとり方に優位の偏りがあるせいでしょう。
女性の解離性同一性障害疾患者は自殺企図や自傷行為のように
自分に暴力を向ける傾向があるので、精神保健の場に現れることが男性に比べて多く、
男性の解離性同一性障害疾患者は暴力を外部に向ける傾向があるため、
刑事裁判所の場で出会う事が多くあります。
http://dissociation.xrea.jp/disorder/dissociation/index.html

171 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:02:54

大きくわけて5つある神経症のうち、

様々な行動や状況の中で強い不安や恐怖心を感じる「不安障害」

ある対象に対して強い恐怖心を感じる「恐怖症」

依存的で自己中心的な人に多く見られ、助けてほしいと訴える手段や、大人としての責任から
逃れたいなどの目的から症状が現れたり、精神的心理的なストレスや
内的な葛藤の抑圧により、不安が身体症状へと転換する「身体表現性障害」

何かしらの強いショックやストレスを受けた時に、記憶が飛んでしまったり、
普通のままでいたのではとうてい耐えられず、かつ強い恐怖のために、
自分の心を防衛しようとして別人格が生まれてしまったりする「解離性障害」

の4つは女性に多く見られる。

強迫神経症(強迫性障害)は男女同等か、思春期では男性の方が若干発生しやすいと言われている。
ただ、強迫症状には自分で確認している「自己完結型」と、
確認のために他人も巻き込む「他者巻き込み型」の二つのタイプに分けられ
他者巻き込み型は女性に多く、より重症感があります。
http://akatan.cool.ne.jp/neurose.htm   http://dissociation.xrea.jp/disorder/dissociation/index.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch106/ch106a.html    http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/4875/bunrui/kairi.htm
http://www2.wind.ne.jp/Akagi-kohgen-HP/DID.htm   http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch099/ch099b.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch099/ch099c.html      http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch099/ch099e.html



結局女は子供と同じってことだな。
自己中で自分の利益しか考えず感情で動き、依存心が強い。
女子供と言われるわけだ。

172 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:04:02

神経症は、心の病気の中では最もポピュラーなものです。
不安障害や身体表現性障害を総称したものを「神経症」と言います。
神経症またの名を「ノイローゼ」とも言いますが、もともとは「末梢神経の病気」
と言う意味で使われていました。
昔の精神科の大きな疾患のひとつに「ヒステリー」というものがありました。
ヒステリーというのは「突然歩けなくなる」「声が出ない」「手の感覚がおかしい」などの
末梢の神経がやられたのではないのか??と思わせるような症状となることが多く、
この病気を「神経症」と命名したのです。

しかし、実際に麻痺を起こす本当の原因は「心の中の不安」なのです。
つまり、末梢神経の病気ではないのです。
そこで、最近は医学的には神経症という言葉自体が使われにくくなってきています。
神経症とは「主に心因性に起きる心身の機能障害」と定義されます。
「主に」とあるのは、心因(心理的要因)以外にも、その人の素質や性格も関与してくるからです。
「機能障害」とは、身体の形が変わってしまうような形態的変化のある器質障害ではなく、
元に戻ることのできる病態という意味です。

神経症には大人に見られる普通の神経症によく出現する神経質傾向と、
ヒステリー傾向があり、

『子供の神経症はヒステリーの形をとることが多く、
女性の神経症も男性に比べてヒステリー性格が強い。』

なぜ女性に多いのかというと、物事を解決するのに男性は理性や理屈で
解決しようとするのに対して、女性は感情的に対処しようとする傾向が強いからである。
ヒステリー性格とは、小児的、未熟的、自己中心的、強い依存心、感情不安的、
虚栄心、虚言傾向、非暗示的、演劇的、誇張的、自己顕示的などの性格をさすものである。
これらの個体側の準備状態に心因が加わって生じるのが神経症です。
そして、その根底には「不安」というものがあります。

・・・続く

173 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:04:52

・・・続き

神経症は、表面にでてくる症状(前景症状)によってさらにタイプが分けられます。
不安が前景に立つ不安障害、対象に対する不安が前提に立つ恐怖症、
身体症状が前景に立つ身体表現性障害、離人症状が前景に立つ解離性障害、
強迫観念が前景に立つ強迫性障害などです。
ただし神経症は不安障害に限らず「不安が症状の中心」になることに変わりありません。
特に不安障害ではその度合いが大きいということです。
また、精神病(特に精神分裂病)でないことを確認することも必要となってきます。

神経症の発生要因には、個体側の要因(性格や素質)と、
環境側の要因(ストレス状況)の二つを考えないといけません。

一つは「心理的ショック」が原因のときです。ストレスといってもよいでしょう。
これには、大惨事に出会うといった圧倒的ショックから、
きわめて個人的な、失恋とか社会的名誉を失うといったショックまで、いろいろあります。
もう一つの場合は、遺伝的な脆弱性が、家族生活、社会生活、
または職場における何らかのストレス要因と相互作用することにより、
精神疾患の発作が引き起こされることがよくあります。
http://akatan.cool.ne.jp/neurose.htm  http://www.mental-health.org/mh13-20.html#sinkeisho
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch098/ch098b.html

多くのこころの病気では何らかのストレスが引き金となって、発症することが多いようです。
逆にストレスがまったく影響しないこころの病気もありません。
多くの精神科関連病が「ストレスと素質」によって発症することが分かっています。
素質とはその人の遺伝や性格などです。 ストレスに強い人もいればそうでない方もいます。
ストレスによって発症する人もいればそうでない人もいます。
http://akatan.cool.ne.jp/stress.htm

174 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:05:30

男女の脳の構造で大きく違うのは、「脳梁」という左右の脳をつなぐ連絡橋の太さである。
女性の脳は脳梁の膨大部が太く左右の脳の連絡がいい。
このため言語情報をはじめ、多くの情報を次から次へと流すことが可能になる。
女性がおしゃべりなのもこの脳梁の太さが原因。

ストレスを促進させるのは、脳の扁桃体という場所である。
ここは「好き・嫌い」「安心・不安」「うれしい・悲しい」「つらい」「怖い」といった
情動を判断するところで、特にマイナス面の考えをふくらませやすい。
女性はこの部分の感受性が男性の2倍あるといわれている。
したがって些細なことでも不安を覚えて自信をなくしてしまう傾向にある。

脳梁が太い女性は、男性と同じものを見ても一気に大量の情報が流れてしまうので
いろんなことを考えすぎてしまう。
そのため、優柔不断になりやすい。

決断するということは何かを捨てることである。
つまり、Aという方法が成功する可能性が8割だったとき
2割の可能性を捨てることが決断するということだ。
しかし、女性はその2割がなかなか捨てられない。
その2割を捨てたために起こりうるデメリットにまで目が向いてしまうからだ。
洋服やメニューをなかなか決められないのも同じ理由。
http://www.president.co.jp/pre/20060703/003.html

175 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:06:31

男女の脳の構造で大きく違うのは、「脳梁」という左右の脳をつなぐ連絡橋の太さである。
女性の脳は脳梁の膨大部が太く左右の脳の連絡がいい。
このため言語情報をはじめ、多くの情報を次から次へと流すことが可能になる。
女性がおしゃべりなのもこの脳梁の太さが原因。

ストレスを促進させるのは、脳の扁桃体という場所である。
ここは「好き・嫌い」「安心・不安」「うれしい・悲しい」「つらい」「怖い」といった
情動を判断するところで、特にマイナス面の考えをふくらませやすい。
女性はこの部分の感受性が男性の2倍あるといわれている。
したがって些細なことでも不安を覚えて自信をなくしてしまう傾向にある。

脳梁が太い女性は、男性と同じものを見ても一気に大量の情報が流れてしまうので
いろんなことを考えすぎてしまう。
そのため、優柔不断になりやすい。

決断するということは何かを捨てることである。
つまり、Aという方法が成功する可能性が8割だったとき
2割の可能性を捨てることが決断するということだ。
しかし、女性はその2割がなかなか捨てられない。
その2割を捨てたために起こりうるデメリットにまで目が向いてしまうからだ。
洋服やメニューをなかなか決められないのも同じ理由。
http://www.president.co.jp/pre/20060703/003.html

176 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:07:20

扁桃体は外から入ってくる情報に対して、快、不快、恐れ、警戒、好き、嫌い、などの
判断を下すことに関係している部位である。女性の場合、この扁桃体を含む大脳辺縁系で
処理される情動情報が、男性よりも前交連という連絡回路で交換される度合いが多い。
「前交連の繊維が左右に連結している部位の中に、情動反応に関連する
臭内野や扁桃体などが含まれていることである。女性が男性に比べて情動的細やかなのは
前交連による情報交換の度合いが多いからかもしれない」と述べている。
http://www.weddingsbeautifuljapan.com/special_4.html

事故や災害が起こった時の映像なんかを見ても
いざとなった時にキャーキャーピーピー言ったり泣いたりしているのは
圧倒的に女のほうが多い。
事故現場災害現場で活躍してるのはほとんど男。

映画とかでキャーキャーいって、パニくる役は女の方が多い。
これはきちんとした科学的根拠に基づかれているものである。


阪神大震災の時、父親が留守の家庭の死亡率は父親が在宅の家庭の二倍。
http://51kanojo.com/backnumber07.html
この前の列車事故、女は被害者意識丸出しで座り込んでいたが
男は自分が怪我をしていても、他の人を救助していたのが印象的だった。
パニックになったときこそ、男女差がはっきりと分かれる瞬間だ。
消防士に女が少ないとニューヨークでフェミニストが叫び女性消防士が増えたが、
9.11の時に危険な救助を一切行わず、結局誰1人女性消防士は犠牲にならなかった。
役に立たない女の救助隊員ではなく、男の救助隊員の数を増やしていればもっと人が助かった事だろう。
安全便利な世界になった今、女は権利を叫ぶが、結局その安全が乱れた時に脆さを露呈する。


女はパニックに陥りやすいが、危険や不安に対する反応は強いため、
男よりも早く危険に気付ける。
どちらの方が良いのかは、その状況による。

177 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:08:04

カリフォルニア大学ロスアンゼルス学校のL・Sアレンらは
左右の大脳半球をつなぐ神経組織の脳梁が、女性を丸みを帯びて大きく
男性が筒状で細い傾向を発見した。
それによる男女の思考法の違い
男性は「集中的、区画的、積み上げ的なステップ思考」
女性は「網の目のようなたくさんの情報を一度に処理し、全文の文脈の中で意味を把握するウェブ思考」
女性が「ウェブ思考」を得意とするのは、前頭葉の一部が女性のほうが大きいことと
脳梁の違いを上げている。
http://www.weddingsbeautifuljapan.com/special_3.html
何か一つのことに集中する、没頭する、極める、ということは男に分がある場合が多い。

女は周りに何らかの雑音や障害があると集中出来なくなってしまう。
男は周りの状況に関係なく集中して物事に打ち込むことが出来る。

仕事ばっかりして家庭を疎かにする、というようなことが起こるのは
この男性特有の思考法によるものが大きいと思われる。

男っていうのは、例えば野球が好きな人ならば、その野球に多くの時間を費やし
野球の中に様々な楽しみや情熱を見出していこうとする
集中的、区画的、積み上げ的なステップ思考の生き物である。

178 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:08:38

仕事をすぐに止めてしまうのは女の方が多い。
これは別に結婚退社とかだけでは無く、
仕事が嫌になった、他のことがやりたいということが理由でもだ。
女性の社会進出が言われてはいるが、結局は生涯を同じ会社に勤め、
一生家族を養っていこうというだけの覚悟を持った女はほとんどいない。


女性は先を見越して判断することが苦手だ。
男は長いスパンで物事を考えることを得意とするため、嫌なことがあっても
先のことを考えて踏み止まるが、女性は嫌なことがあるとすぐに辞めてしまうケースが多い。
http://www.president.co.jp/pre/20060703/003.html


女は空間的に何かを組み立てたり何かを構成したり、長いスパンで物事を考えることを不得意とする。
例えば、将棋や囲碁など高度な戦略や組み立てを必要とされるものは男の方が強い。
これは戦の上での戦略、兵の配置などに役立つと考えられる。
女は男の脳と比較して、左右の脳の機能分業が未発達である(脳梁が太い) 。
したがって、右脳における高度な空間認識能力や、抽象的思考力を得ることができなかったため
空間的に何かを組み立てたり構成する能力が極めて低い。

囲碁は女子でもそれなりに男子とやりあえるため、公式の対局でも男女合同で行なわれるが
将棋となると、たまに女流が男に勝つことはあっても、トータルで見れば女子は男子に全く敵わないため
男女別で行なわれている。
空間認識能力が必要とされる物事では、どうしても男に分があるのは仕方ない。

179 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:09:53

男は長期的視点で物事を考える。
遠くにある目標に向かって動くことで、困難や嫌なこと、他にやりたいことがあっても
妥協や我慢をしたり、計画を立てて行動する事が出来る。

対して、女は「今、目の前にある」事しか見る事が出来ない。
遠くにある目標や利益はピンと来ないため、計画を立てて自制することが苦手だし、
短期的快楽を求めて刹那的な行動に出たりする。
(男には刹那的な性欲があり、それによって冷静さを失うケースは除く)

女が男の語る「夢」を理解できないのはそれが原因だともいえる。
男「俺はこういう夢がある、それはまだ遠いから達成のために頑張るぞ!」
女「ふーん・・・それはいいけど、今、目の前にある現実を見なよ」
一見冷静な意見に見えるが、これは女が遠くにある目標に向かって動く視点を
持てないがための意見だろう。

女が言う「男はバカ」にも通じる部分がある。
今その時点で考えれば「バカ」でも、最終的な結果に繋がることがあるが、
これを女は理解できない。
本当のバカ男もいるが、それは計画性がなく刹那的な男。
女の言う「バカ」とはちょっと違う。

たとえば将棋やチェスや囲碁などが得意な人は女ではなく男に多い。
これらは相手の手を読んだり、数手先まで局面を想像して進めなければいけないゲームだから、
長期的思考に優れた男の方が有利。
現実でも、男は何か物事を始める時に綿密に計画を立ててそれに臨む。
(何時までに何をし、その後何時にどうする、など。)

180 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:10:36

女は客観的に物事を見ることを好まない。
また論理的に物事を見ることも苦手とする。
たいへん素晴らしい能力である。子供を育てる上においては。
客観的に見てどうか、ではなく自分がどう感じるかという主観、感情で
論理ではなくただ子供がかわいいという感情、愛情で、子育てをする。
大事なことだろう。子供を育てる際の、母性というのはこういう女性の接し方を言うのだろう。

ただ、社会は逆だ。
お前がどう感じるかより、客観的に見てどうなのか。数字は?データは?
人を説得させるのも、事実を論理的に並べる必要がある。
女性は理解を好まず、共感を好むという言い方もされる。
社会という雑多な人間と生きていくには、共感という特定の相手としか通用しないコミュニケーションは
はっきり言って無用である。
万人が好き嫌い関係なく理解できるある種数学的な論理、理論と云うコミュニケーションが必要だ。

181 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:11:28

女は家事や育児などたくさんのことを、同時にこなす必要があったため
右脳と左脳を繋ぐ脳梁が太く、同時にたくさんの情報を取り入れることができ
同時にたくさんのことをこなせるような脳の作りになっている。
さらに右脳と左脳の情報の受け渡しが活発で、脳梁の後ろにある膨大部が男よりも大きいため
感受性が豊かで、些細な変化に気付き直感に優れる。

その反面、右脳と左脳の情報の受け渡しが活発で、脳梁の後ろの方にある膨大部が
男よりも大きいため、情動的に細やか、情緒的に繊細で情緒不安定になりやすく、感受性が強く
膨大部の情報交換が過剰になると、情緒的なパニックに陥りやすく
もともと女は、右脳と左脳の情報の受け渡しが活発なため、情報の受け渡しが
過剰になりやすく情報を上手くまとめて把握できずにパニックになりやすい。
女は、周りに何らかの雑音や障害があると集中出来なくなってしまう。
これらは、女により子供がかわいい、かわいそうという感情を強めさせ
子供の心配をさせたり子供が病気だ、子供がお腹空いてる
そういうことに敏感に気付かせるため。

それに対し狩りに適した男は、右脳と左脳を繋ぐ脳梁が細く
同時にたくさんの情報を取り入れることができないため
何かに没頭すると、その他のことが疎かになりやすい。
が、何か1つのことをこなす場合の集中力に優れ、
周りの状況に関係なく集中して物事に打ち込むことが出来る。
つまり、大抵なにかに集中してるときは、それ以外のことは無視し
できる限りひとつのことに集中できるような構造になっている。
男は膨大部が小さいため鈍感だが
膨大部が小さく感受性や情緒的に鈍い男の方が動じにくく、脳梁が細く
情報の受け渡しが過剰になりすぎない男の方が、情報を上手くまとめて
把握することができるため、いざとなった時でも集中力や判断力を失いにくい。

182 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:12:16

女は家事や育児などたくさんのことを、同時にこなす必要があったため
右脳と左脳を繋ぐ脳梁が太く、同時にたくさんの情報を取り入れることができ
同時にたくさんのことをこなせるような脳の作りになっている。
さらに右脳と左脳の情報の受け渡しが活発で、脳梁の後ろにある膨大部が男よりも大きいため
感受性が豊かで、些細な変化に気付き直感に優れる。

その反面、右脳と左脳の情報の受け渡しが活発で、脳梁の後ろの方にある膨大部が
男よりも大きいため、情動的に細やか、情緒的に繊細で情緒不安定になりやすく、感受性が強く
膨大部の情報交換が過剰になると、情緒的なパニックに陥りやすく
もともと女は、右脳と左脳の情報の受け渡しが活発なため、情報の受け渡しが
過剰になりやすく情報を上手くまとめて把握できずにパニックになりやすい。
女は、周りに何らかの雑音や障害があると集中出来なくなってしまう。
これらは、女により子供がかわいい、かわいそうという感情を強めさせ
子供の心配をさせたり子供が病気だ、子供がお腹空いてる
そういうことに敏感に気付かせるため。

それに対し狩りに適した男は、右脳と左脳を繋ぐ脳梁が細く
同時にたくさんの情報を取り入れることができないため
何かに没頭すると、その他のことが疎かになりやすい。
が、何か1つのことをこなす場合の集中力に優れ、
周りの状況に関係なく集中して物事に打ち込むことが出来る。
つまり、大抵なにかに集中してるときは、それ以外のことは無視し
できる限りひとつのことに集中できるような構造になっている。
男は膨大部が小さいため鈍感だが
膨大部が小さく感受性や情緒的に鈍い男の方が動じにくく、脳梁が細く
情報の受け渡しが過剰になりすぎない男の方が、情報を上手くまとめて
把握することができるため、いざとなった時でも集中力や判断力を失いにくい。

183 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:13:04

女は自立心に欠け、依存心が強い


何百万年の原始時代のころから、男と女には仕事の役割分担があり男は狩りに行って食料を調達する、
女は近くの人との調和をはかりながら木の実を採ったり、自分たちの子供を育てる。
人間はこのような生活が長い間続いたため、さまざまな違いを持つようになった。
例えば、男の場合は獲物を狩るために自分と獲物の距離と、自分の持つ
スピードを駆使して空間能力が発達した。それに対して、女は自分の子供が
何か訴えているとき、その微妙な表情により、何を訴えているのか判断できるようになった。
また男は、獲物を待って、何時間も自問自答を繰り返し、効果的な方法で獲物をしとめようと
工夫するのに対し、女はコミュニケーションを大切にしてよりよい生活環境を築こうとした。
だから、問題が起きたとき、男は何時間もひとつのことを無言で考えて解決策を
模索することができるのに対し、女は誰かとコミュニケーションをはかり口に出して解決しようとする。
http://www.weddingsbeautifuljapan.com/special_2.html



男は、獲物を待って、何時間も自問自答を繰り返し、効果的な方法で獲物をしとめようと
工夫するのに対し、女はコミュニケーションを大切にしてよりよい生活環境を築こうとした。
だから、問題が起きたとき、男は何時間もひとつのことを無言で考えて
解決策を模索することができるのに対し、女は誰かとコミュニケーションをはかり
口に出して解決しようとする。
男は一人でじっくり考え、行動するのに長け
女は他人と話し合ってみんなで結論を出し、行動するのに長ける。

184 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:13:59

買い物に現われる男と女の違い

男脳は買い物行動を人よりうまくこなしたいし、女脳は買い物行動自体を楽しみたい。
男脳はまず仕様、性能ありきで、女脳はまずイメージありき。
男脳は自分をも説得にかかり、女脳は瞬時に納得する。
男脳は衝動買いを失敗とし、女脳はブランドなどの衝動買いは良しとします。
「自分にごほうび」「多幸感」
男脳は「売り場でじっくり比較吟味したい」「自分で決断したい」「アドバイス不要」
「店頭に行く前にインターネットやパンフで調べている」「自分でとことんいじりたい」
店舗を窓口機能として考える。
女脳は従業員の態度や店の雰囲気ましてや売り場でのコミニュケーションを通して
買物と考える。
「店員さんに背中を一押ししてもらいたい」「私を理解してくれる人から買いたい」
男脳は売り場と格闘し、男脳はモノを征服したい。
「君じゃなくて価格の決定権のある責任者はいるかい」
女脳は仲良しを維持したい、みんなで一緒に楽しみたい、家族の和を考えて!
http://www.weddingsbeautifuljapan.com/special_1.html


女は打算的だが、詐欺にひっかかりやすい。
女は打算的だが、周りに流されやすい。周囲の意見を鵜呑みにしやすい。(依存性、集団性)
例として、女性は全体的に占いに弱いことが挙げられる。
占いというのは、自分の意思や意見が弱い人がはまりやすい。
自分のことを自分で決めきれない、自分1人で決断や判断をしきれない傾向を示す。
女性は男性よりも何か問題が起きた時、友達や家族などにすぐ相談しようとする傾向があるが
これも同じ事が言えるだろう。

185 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:14:35
詐欺師は男の方が多い。その詐欺師にひっかかるのは女が多い。
基本的に女の方が騙されやすい。

男が女に騙されるのは、性欲によって冷静さを欠いてる時だ。
男が欲を満たしている状態では、女には何もできない。
例えば、男が一番性欲が無くなるのは射精をした直後だが
射精をした直後に女に騙される男なんか、皆無に近い。
女が男を騙すというのは、あくまで男の性欲を利用しているだけに過ぎない。
男に性欲がなくなったとしたら、女なんて何もできない。
もしくは、男の性欲が女並みになったとしても、女はへにゃへにゃだろうね。
詐欺やぼったくりに合いやすいのは圧倒的に女。


男性ホルモンであるテストステロンは孤独願望を強める。
テストステロンの精神作用には「プライベートに関わられるのを極力嫌がるようにさせる」
というものがある。これは男性に縄張り意識をもたせるため。
これが、干渉されたくない、一人になりたいといった心理的効果を与える。
この精神作用のためにテストステロンが多い男性ほど、プライベートを侵す者に
対して牙を剥くようになる。
おもしろいことに、時にこの牙はつき合っている彼女に対しても向けられる。
というのも、つき合っている女性ほど、男性のプライベートに入っていこうとするからだ。
男性が、女性よりも孤独を好むというのはホルモンの影響からきている。
女性が甘えまくるのに対して(いつも一緒にいたい、毎日電話しないと嫌だ)
男性がCoolにいたり、電話が嫌いだったりするのはこのせいである。
一人になりたいと思っているときに、かまってくれないとあまりにブーブー文句をたれていると
男性はうっとしくなって機嫌が悪くなったり、突き放したくなったりする。


女はマザコンだろうがファザコンだろうが批判されない。
男ほど自立することを求められていないから。
女は別に親から仕送りを貰ってようが、親と一緒に住んでいようが、
一緒に手を繋ぎながら買い物していようがたいして問題にされない。
少なくとも、男と比べれば歴然の差だ。そもそも、女は男(夫)に依存できる。

186 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:16:09

女は闘争心に欠ける。


女性は「他者に勝ちたい」という欲求を強くする男性ホルモン、テストステロンが
男性の10分の1〜20分の1と少ない
http://www.president.co.jp/pre/20060703/003.html


テストステロンは男性ホルモンの中の一種であるが
その中で最も活性の高いホルモンである。
テストステロンは精神に作用するホルモンとしては最上ランクといえる。
男性は思春期になるとテストステロンがどんどん生産されるようになり
25歳から28歳でピークを迎え、以降徐々に低下していく。

ただし、男女での生産量の格差は相当なものがある。
成人男性の正常範囲が250から1100ng/dl、成人女性が10から60ng/dlで
男性は女性の4から110倍ものテストステロン漬けにされていることがわかる。
いかに男性がテストステロンの影響を強く受け
テストステロンに支配されている生き物であるかが予想される。

このテストステロンが多く分泌されると、男でも女でも闘争的になり、性欲も上昇し
やる気や自信が高まり、興奮しやすく攻撃的になり無謀さを高める。
人間の脳をエンジンに例えると、テストステロンとはガソリンの中にたらす
ニトログリセリンのようなもの。
男はこのホルモンが多いからこそ人と闘って勝ち抜こうという意志が強く芽生え
争いを好むようになる。

187 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:17:17

スポーツなどで使用を禁じられているドーピングというのは
主に生体から分泌される男性ホルモンの代表である、テストステロンの構造を模して合成したものである。
例えばドーピングを多量に投与すると、体内より自然分泌されるテストステロンなどの
男性ホルモンの分泌能が低下し、逆に女性化するという副作用が起こることがある。

したがって、精神神経系への影響(意欲低下、うつ状態、気分の女性化)
性的能力の低下(意欲低下、勃起障害、精子の数の減少や変形、精液の正常変化)
精巣の萎縮や亀頭の退縮など外性器の変化、女性化乳房を起こす。

ただ基本的にはこの薬物は、「筋肉増強だけでなく、やる気や自信が高まり興奮しやすく攻撃的、
闘争的になるという心理的変化をもたらす」競技能力の向上と共に、このような心理的効果をもつため
アスリートに人気がある。本来、ステロイドは貧血治療や手術後の回復促進剤として用いられ
このたんぱく質の合成を促進すると言う効果を利用して筋肉を増強しようとする狙いである。

「ドーピング使用による女性の男性化」
東ドイツ・スポーツ医学研究所のドーピング研究室では、ドーピングの効果人体に与える
影響とともにドーピング・コントロールの網をくぐり抜けるトリックも研究されているといわれ、
さらにミュンヘン・オリンピック以降東ドイツ女子選手の男性的な体型が問題にされたが
いかに女性の体型や声質の変化なしにドーピングを行うかの研究もなされているといわれる。
http://www.reco.co.jp/doping/sid01.html
http://www.volleyball.gr.jp/dop.htm
http://www.sc.gp.u-tokai.ac.jp/kuboken/SP/drug/sp-drug-3.html

ただ、体内で自然に分泌される男性ホルモン及びテストステロンと
外部から体内に取り入れるドーピングとでは、副作用に大きな違いがある。
ドーピングは自然分泌されるテストステロンと比べ、副作用が強く
天然に存在しない合成物質を、長期間にわたり過剰投与することで
肝臓や腎臓、心臓に異常を来たすもので、大変危険なものである。
http://www.daito-p.co.jp/reference/testosterone_action.htm
つまり、男は副作用が極めて少ない天然のドーピングを、体内で多く分泌している、と言える。

188 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:18:24

テストステロン(Testosterone)は、 男性ホルモンの一種。

胎生期、妊娠6週目から24週目にかけて精巣から大量のテストステロンが分泌される時期があり
これに曝されること(アンドロゲン・シャワーと呼ばれる)によって、脳は女性的特徴を失い、男性化する。
なお、男性外生殖器の形成に関係するのは、ジヒドロテストステロン(en:Dihydrotestosterone)という
別の男性ホルモンによるものと言われている。

女性の男性ホルモン分泌は副腎からのみで、分泌量は男性の20分の1と言われており
陰毛の発毛に関与する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%B3

男の子が乳幼児のころの死亡率が高いのは、このアンドロゲン・シャワーの影響によるものである。
アンドロゲンシャワーも、あまりに多いと暴力的な性格になり、少なければ少ないで男らしさに欠け
男の子というのは、きわめて不安定な状態で生まれてくるものである。
精巣から大量に分泌される「テストステロン」とは簡単に言えばドーピングだ。
アスリートが使い問題にされることがあるドーピングというのは
主に、生体から分泌される男性ホルモンの代表であるテストステロンの構造を
模して合成して作るものである。
アスリートが使い問題にされるドーピングに、男の子は胎生期や乳幼児のころに
晒されているようなものなのだから、死亡率が高くなるのは当たり前。
男の方が寿命が短いのも、この男性ホルモンの影響である。

189 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:19:09

基本的に晩成型の動物は、体が大きく知能の高い傾向があるが
成熟するまでが非常にひ弱で、成熟に時間がかかるという弱点がある。
例えば1才くらいであれば、人間より犬のほうが知能は高いと言われてる。
犬と人間ほどの差は無いとしても、結局そういうことだ。
類人猿やクジラなど高度な動物になるほど、成熟に時間がかかり
離乳や親離れの時期が遅くなる傾向がある。

女は二次性徴が男より約2年早く始まり成長が早く早熟だ。
人は二次性徴を終えると共に、急激な成長もほぼ終わりを迎える。
つまり二次性徴の訪れる時期の遅い男の方が、それだけ成長期間が長いということにもなる。

190 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:20:09

食料が豊富になった今の時代、脂肪の価値など皆無に近い。
脂肪なんて付けようと思えばいくらでも付けれるし
現代の人のほとんどが、どちらかといえば脂肪を落とすことに必死だろう。
どんなに太りにくい体質の人でも、プロテインでも飲みまくって運動しなかったら
あっという間に見事な脂肪だらけのデブになれる。
筋肉量が多くなると、脂肪が燃えやすくなる為(新陳代謝が良くなる為)、脂肪が付きにくくなるが
付けようと思えば、筋肉質な体の上にでも脂肪を付けることが可能だからね。



皮下脂肪を減らしてエネルギー消費量を極小化する

ランニング効率に最も即効的な影響を与えるのは体重の適正化、すなわち減量です。
皮下脂肪を減らし、エネルギー消費量を極小化することが、
ランニング効率を高める最も有効な手段です。
現在の一流男子マラソンランナーの体脂肪率は体重の約5〜6%、女子では10〜11%
平均的日本人では男子が14〜15%、女子が20〜21%です。
アメリカのかつての名マラソンランナー、フランク・ショーター選手の体脂肪率は1.7%と
これまで測定された中でも最も少ない値を記録しています。
http://www.seiko-pgt.or.jp/what/guide4.html
何が言いたいかというと、42kmを走る人が1.7%の体脂肪率でも大丈夫なんだよ。
どれだけ体脂肪というものが、人間にとって少なくても大丈夫なものなのか、
ということがお分かり頂けるだろう。

191 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:20:46

骨粗鬆症患者の約7〜8割は女性です。
女性の最大骨量は男性より低く、また閉経後の数年間は
女性ホルモンの急速な低下に伴ない急激に骨量が減少します。
そのため、女性は男性より骨粗鬆症になる危険性が高く、より若い年齢から骨粗鬆症が見られます。
(男性では、女性ホルモンと同様、男性ホルモンが骨形成を進めています。
しかし、男性ホルモンは女性ホルモンほど加齢によって減少しません)。
女性は男性に比べてもともと骨量が少ないため、形成・吸収のバランスが崩れたときに
症状が表面化しやすい。
http://www.med.or.jp/chishiki/kotu/001.html
http://www.med.or.jp/chishiki/kotu/002.html#anchor864232
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AA%A8%E7%B2%97%E9%AC%86%E7%97%87



女性は男性に比べ骨格の作りが華奢で脆く、骨も水分と脂肪の含有量が
多く無機質に乏しいため、同じようなサイズでも男性より強度がどうしても劣る。
戦場や訓練で女兵士が男の兵士より負傷しやすいのは、運動能力や体力的な問題だけじゃない。


英国メディアの30日の報道によると、英国軍は身体機能を理由に
女性兵士を前線での戦闘任務に投入しないことを決めたという。
英国国防部の研究によると、一般男性兵士の身体機能と同等レベルにある女性兵士は2%。
部隊で女性兵士が負傷する割合は男性兵士の8倍にあたるという研究結果もある。
報道は、この決定は女性兵士を直接の戦闘へ投入しないだけで
戦争勃発時には部隊内での勤務をさせるとしている。
一方、内閣閣僚の多くが女性兵士の前線への投入を望んでおり
一部にはこの決定が人権侵害にあたると批判する声もある。
http://j.people.com.cn/2002/03/31/jp20020331_15748.html

192 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:21:38

血液は酸素を運ぶわけで、筋肉量が多くなれば
それだけ酸素が多く必要となるため、基本的には血液を多く必要とするようになる。
だからその原理で見れば、女よりも男の方が基本的には血液を多く必要とするだろう。
ただしそれは心肺機能など個人の体力にもよる。
酸素の運搬能力が発達してるなら、常人より少ない血液でも効率よく酸素を供給できる。
出血に馴れてるとショック症状を起しにくく出血も止まりやすい。

最大酸素摂取量、肺活量ともに男の方が上だ。
(最大酸素摂取量は男性の場合、一般成人で約40ml、
マラソン選手で80ml程度が平均だと言われ、女性は男性の7〜8割程度である。
一流のマラソンランナーの最大酸素摂取量は
男子では80〜85ml/kg・分、女子では70〜75ml/kg・分である。
http://twv.edisc.jp/guide/stamina.html    http://www.seiko-pgt.or.jp/what/guide4.html)

さらに血液の中でも、肺より酸素を取り込み、酸素を体中に運搬する役割を持つのが赤血球である。
赤血球は血球中最も多く、約96%を占めている。
赤血球の数は、1立方mm中に男性で約500万個/mm³、女性で約450万個/mm³であり男の方が多い。
(ヘモグロビン量の正常値は、男性で、1dlあたり13.5〜17.6g、女性で11.3〜15.2g)
血液中に含まれる赤血球の量が多くなると、より多くの酸素を運搬することが可能であり
赤血球が少ないと貧血の状態になり、運べる酸素が少なくなるため有酸素運動の能力は低下する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E8%A1%80%E7%90%83
http://contest.thinkquest.jp/tqj2001/40495/seki.htm
http://www.drakahige.com/FAMILY/SPECIAL/HEALTH/2001/2001082001.shtml
http://www.necsoft-okinawa.co.jp/social_c/blood_donation/kekkyuu.htm  http://www.motodoc.jp/qualify/kiso6_1.html
大抵の手術の際の血漿量や収縮・拡張期血圧の目安は男の方が上に設定されてある。
つまり医学的に見ると、出血に耐する能力も
男性>女性はほぼ証明されてるし戦場などの現場でも実際にそうだ。

年間献血回数も女が4回以内であるのに対し、男は6回以内に設定されてある。
年間で献血をできる量は、女が800mL以内であるのに対し男は1200ml以内だ。
http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/terms/index2.html

193 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:22:44

最近の学説では、男の方が痛みに強いということは定説になってきてる。


最近の研究で男性ホルモンであるテストステロンが
痛みを鈍感にするということが分かっている。
例えば興奮している時、闘いにのぞんでいるとき、スポーツや喧嘩をしてる時などになると
テストステロンのレベルが高まるため、痛みをあまり感じなくなる。
これは男性が狩りや闘いにのぞむ時に、テストステロンのレベルが高まることで
痛みを鈍らせ、気力を維持させるためのものだと言われている。
これがスポーツなどをしている時に、痛みがあまり感じなくなる原因。

それから男の脳は、右脳と左脳を繋ぐ脳梁という部分が細い。
そのため男は、同時にたくさんの情報を取り入れることができず
同時にたくさんのことをこなすことはできないが、何か1つのことに対する集中力に優れる。
つまり、大抵なにかに集中してるときは、それ以外のことは無視し
できる限りひとつのことに集中できるような構造になっている。
男は何かに集中している時、より痛みを忘れやすいといえる。

さらに女性の脳は脳梁の後ろの方にある膨大部が大きく、
扁桃体は外から入ってくる情報に対して、快、不快、恐れ、警戒、好き、嫌い、
などの判断を下すことに関係している部位であり、
女性の場合、この扁桃体を含む大脳辺縁系で処理される情動情報が、
男性よりも前交連という連絡回路で交換される度合いが多いため、情緒的に繊細で感受性が強い。
ストレスを促進させるのは、脳の扁桃体という場所である。
ここは「好き・嫌い」「安心・不安」「うれしい・悲しい」「つらい」「怖い」といった
情動を判断するところで、特にマイナス面の考えをふくらませやすい。
女性はこの部分の感受性が男性の2倍あるといわれている。

194 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:23:25

女が出産する時というのは、脳内麻薬が大量に分泌される。
この脳内麻薬は痛みを和らげるだけではなく、痛みを忘れさせる効果がある。
つまり、女は「出産の痛みに極端に強い」だけ。

そんなこと少し考えれば分かることだろ。
女が、出産以外の痛みに強くある必要が全く無いから。
人類起源以来、男の役割は、女より重い物を持ち上げ、戦になれば女子供を守るため
痛いのもガマンして相手を防ぎ、倒すのが役目だったんだから。
力仕事の経験がある男なら誰でも、仕事の後知らぬ間に手の皮がむけたり、血が出て
いたり、シャツに血が付いていたりはよくある事だろ。


男性のほうが痛みに鈍感である 
Testosterone reduces responsiveness to nociceptive stimuli in a wild bird.Hau et. al, Horm Behav. 2004 Aug;46(2):165-70. [Science Direct]関連1
男性ホルモンのテストステロンが痛みを鈍らせることを発見した。
これは男性が闘いにのぞんでいるときなど、テストステロンのレベルが高いとき
痛みを鈍らせる効果が気力の維持に役立っているのかもしれない。
オスのスズメの片方の脚を湯を入れたビーカーにつけ、湯の温度を変えて
通常の痛みの閾値を決定した。
テストステロンが入ったシリコンゴム容器をスズメの背中に移植してテストステロンを与えた。
52度Cの湯では、テストステロンを投与されたスズメは、投与されていないスズメよりも
3倍長い時間、脚を湯の中につけたままにしていた。
こうして、テストステロンを投与されたスズメは痛みに対する耐性が高まったことが示された。
テストステロンの効果を妨げる薬の効果を試した。
この薬を与えられたスズメは、48度Cの湯に脚をつけている時間が半分足らずになった。
薬を投与されていないスズメは、48度Cではほとんど痛みを示さなかった。

195 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:24:12

「男は痛みに鈍感」を実証

この事実を別段驚くこととは思わない人も少なくないだろう。
男性は女性よりも鈍感である。少なくとも痛みに関しては。
米国とベルギーの研究者たちは、男性ホルモンのテストステロンが
痛みを鈍らせることを発見した。
男性が闘いにのぞんでいるときなど、テストステロンのレベルが高いとき、
痛みを鈍らせる効果が気力の維持に役立っているのかもしれないと
研究者たちは考えている。

この研究論文の主著者である、プリンストン大学(米国ニュージャージー州)の
動物生理学・行動学者Michaela Hauは
「もし、男性が痛みに鈍感であれば、何かと闘う意欲や、
さらに次の闘いに加わろうとする意欲が高くなるはずだ」と話す。
自然の鎮痛剤
フロリダ大学(同州ゲインズビル)で人間の痛みを研究しているRoger Fillingimは
「人間においても痛みの感度にテストステロンが
何らかの影響をおよぼしていることは間違いないと思う」と言う。
慢性的に痛みを感じている男性に、テストステロンを補充してやると
効果があるかもしれないとFillingimは考えている。
慢性的な痛みを持つ男性は、テストステロンのレベルを下げる薬を使っていることが多く
テストステロンが持つ、苦痛を和らげる効果が妨げられているとみられるからだ。
http://www.natureasia.com/japan/sciencenews/bionews/article.php?ID=1295
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=15256306&query_hl=1

196 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:25:05

女は痛みに弱い。
女が痛みに強いのは、出産の時だけ。
科学的に仕組みはわかってる。

強い痛みやストレスを受けると、人間の脳からは、
エンケファリンやエンドルフィンといった、
麻薬と同じ作用を持つ物質が、脳下垂体から出てくるのです。
出産時の妊婦の人にも脳内麻薬は分泌されます。
分娩中には、血液中のエンドルフィンの濃度は
通常の2倍〜3倍と増加していき、ついには6倍ぐらいになるそうです。
出産の痛みもある程度は脳内麻薬物質で和らげることができるのです。
http://www1.ocn.ne.jp/~seizan/seizan/fmt/p16.htm


男女の脳の構造で大きく違うのは、「脳梁」という左右の脳をつなぐ連絡橋の太さである。
女性の脳は脳梁の膨大部が太く左右の脳の連絡がいい。
このため言語情報をはじめ、多くの情報を次から次へと流すことが可能になる。
女性がおしゃべりなのもこの脳梁の太さが原因。

ストレスを促進させるのは、脳の扁桃体という場所である。
ここは「好き・嫌い」「安心・不安」「うれしい・悲しい」「つらい」「怖い」といった
情動を判断するところで、特にマイナス面の考えをふくらませやすい。
女性はこの部分の感受性が男性の2倍あるといわれている。
したがって些細なことでも不安を覚えて自信をなくしてしまう傾向にある。
http://www.president.co.jp/pre/20060703/003.html

197 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:26:33

出産なんて、サルだろうがブタだろうができることだ。
排尿とか睡眠とかと同じレベルの原始的な機能。
文明をつくり、自身を客観視し、論理的に思考する能力は人間の男性にだけ許された崇高な能力。
哺乳類ならば出産なんて、どんな下等生物だろうができること。





卵子だけで生命を作れることを発見したのは男。
そして、人工子宮の研究も進んでる。
いつ完成するのかは分からないが、現時点でも科学的には可能であることが分かってる。
ただ技術的な問題よりも、道徳的な問題があると思われる。
おそらく、それを開発するのも男になるだろうね。

人工子宮が出来たら女の価値は本気でなくなるね。

198 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:27:50

テストステロン(Testosterone)は、男性ホルモン(アンドロゲン)の一種。
天然に存在する物質の中では、最も生理活性の強力な男性ホルモンと言われている。

男性は女性の約20倍のテストステロンを持っている。
女性も副腎や卵巣でテストステロンを分泌しています。
血中テストステロンで比べると、男性の5〜10%
http://www.daito-p.co.jp/reference/testosterone_of_female.htm

【脳や精神面への影響】
胎児から生後6ヶ月の間にかけて、テストステロンは大脳の性差に影響を
及ぼすと言われています。
その結果、例えば、ある種の男性的な攻撃性や気の短さ、怒りっぽさをはじめ
「物事のとらえ方」や「思考パターン」、「決断力」などの「男らしい考え方」
に影響すると言われています。

テストステロンが精神面に及ぼす影響については様々な文献で解説されていますが
これらをまとめて表現すると、「粗っぽくてデリカシーが無いし
短気で怒りっぽい面もあるけれど明るく前向きでたくましく、ワイルドでセクシー」
な傾向に導くものだそうです。まるで娯楽映画に出て来るヒーローです。

しかし、何と言ってもテストステロンには「生きる活力」「生気」「気持ちの張り」
といったバイタリティを高める作用があると言われています。
そのような観点で、男女の性差にかかわらず、テストステロンは人として
前向きに生きるために必要なホルモンと言えましょう。

前述の通り、女性も男性ホルモンを分泌していますが、大きな社会的責任を
厭わず行動的に生きる女性の「心の基礎化粧品」として
今後多くの女性がテストステロン補充を,当たり前のように行う日が来るかも知れません。
実際、有効性の根拠となる事実に基づく提唱が、一部の研究者で盛んになっているようです。
(でもそんなことになったら、当然男も というか男の方がテストステロンを補充したがるに決まってるけどな)
http://www.daito-p.co.jp/reference/testosterone_action.htm

199 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:28:37

女性ホルモンは主に卵包ホルモンと黄体ホルモンの2つでできている。
卵包ホルモンが多いほど可愛さやか弱さを強め
黄体ホルモンが多いと力強くたくましく、おばさんに近くなる。
卵包ホルモンと黄体ホルモンがどちらも少ない人は、おばあさんに近い。
妊娠中はその黄体ホルモンが大量に分泌され、出産が終わると分泌は減少する。
が、 経産婦(出産を経験している女性)も黄体ホルモンの分泌量は多い傾向がある。

力強さと性欲と乳発育のためには黄体ホルモンが必要になる。
逆に卵包ホルモンが多いと、か弱くなりすぎる恐れもある。
中年になると卵包ホルモンの分泌量が減少するため、力強さは増す傾向がある。
これは黄体ホルモンは、ほぼ男性ホルモンであると言って良く
実際に体内に残った黄体ホルモンは、男性ホルモンに変化する。

黄体ホルモンの男性ホルモン化は卵包ホルモンによって抑えることができるが
中年になると卵包ホルモンの分泌量が減少するため、より男性化しやすくなる。
女でも生まれつき男性ホルモンの分泌量が多い人はいるし
経産婦(出産を経験している女性、つまり母親)やおばさんは
通常の女よりも男性ホルモンの分泌量が多く、実質的に男よりも
男性ホルモン濃度が高い女も結構いる。

200 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:29:24

自殺で実際に死に至る割合は男性の方が高い。
が、自殺を試みる割合自体は(自殺未遂も含めると)、女性は男性の2〜3倍である。
(自殺未遂者は自殺死亡者のおよそ10倍はいると言われている)

銃や首つり、飛び降りなどの方法を用いるとほぼ確実に死に至るため
自殺未遂に占める割合はあまり多くは無い。
米国における自殺既遂者の中では、銃による自殺が最もよく用いられる方法で
圧倒的に男性に多い手段である。
女性の場合は、服毒、服薬、入水などの、暴力的でない方法を選ぶ傾向がみられる。
男性は銃や首吊り、飛び降りなど、より暴力的な自殺を試みる傾向が強いため
死にいたる割合が高くなる。
自殺未遂とは、自殺行為を行ったが死には至らなかった場合をいう。
自殺行為で死に至る可能性があるとは思われない場合は、自殺演技という。
このような行動(たとえば、アセトアミノフェンを6錠服用するなど)を取る人は
本気で死のうと考えているのではなく、助けを求め自分に注意を向けさせようとしている。
(自殺演技も含めたら、女の割合は3倍以上になるだろうと言われている。)
参照
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch102/ch102a.html
つまり女は、精神的に追い込まれ自殺したがる人は多いが
結局死にきる度胸も無く、どっちつかずってことですね。


男に比べ、女の方が圧倒的に自殺経験者自体は多い。
が、女は大半が未遂で終わる。
その訳として、男は首吊りなど、自殺を完遂させる方法を用いることが多い一方で
度胸がない女性達は薬物を用い、痛みも無く、体を傷つけるようなこともない方法を試みようとするからだ。
自殺未遂者は自殺死亡者のおよそ10倍いると言われ
自殺未遂者において女性は男性の三倍以上にもなる。
つまり女というのは、都合の悪いことがあればすぐに死にたがるが、
死ぬにしても死にきれない大変デリケートな生き物だったんですね。

201 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:30:19

うつ病の生涯有病率は男性15%、女性25%と言われている。
(感情(気分)障害全体での生涯有病率は男性で14.7%、女性では23.9%)
代表的な不安障害であるパニック発作やパニック障害は女性に多く、男性の2〜3倍の割合で発症します。
(不安障害全体での生涯有病率は男性では19.2%、女性では30.5%)

【精神障害の生涯発症率】
大うつ病       男性12.7% 女性21.3%
躁エピソード    男性1.6% 女性1.7%
気分変調症     男性4.8% 女性8.0%   
全般性不安障害  男性3.6% 女性6.6%
社会不安障害   男性11.1% 女性15.5%
広場恐怖症     男性3.5% 女性7.0%
特定の恐怖症 男性6.7% 女性15.7%
http://www.fuanclinic.com/ronbun2/r_28t1.htm
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch100/ch100d.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85
尚その他代表的な精神疾患である、心気症、総合失調症(精神分裂症)の発症率に男女差は見られない。
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07.html

うつ病の危険因子である女性は,ホルモンの問題,女性のより密接な関係をもちたがる性質,依存的性質,
および男性志向社会において自分の宿命をコントロールする際の無力さによって通常説明される。
しかし,生物学的に傷つきやすいことも関係している。

2つのX染色体を保有することは,優性X連鎖が関与している場合は,双極性障害において重要となる。
男性と比較すると,女性は高レベルのモノアミン酸化酵素を有している。
(モノアミン酸化酵素とは、気分にとって重要であると考えられる神経伝達物質を分解する酵素。)
甲状腺機能は,女性でより多くの調整障害がみられる。
抑うつ的な女性は,うつ病に典型的な,内向的で,くよくよし/抑制的な性格スタイルを示すことが多い。
その一方で,抑うつ的な男性は、躁病に典型的な外向的で,行動志向的な性格スタイルを示すことが多い。
http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?url=15/s189.html

202 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:31:00

全般性不安障害とは、様々な活動や出来事について過剰な不安や心配が生じることで、
女性の発症率は男性の約2倍となっています。

特定の恐怖症とは、特別な対象または状況に対する広範かつ持続的で、そして不合理な恐怖感です。
恐怖の対象は大きく4つに分けられ、状況型では、高所恐怖症や暗所恐怖症、閉所恐怖症、
動物型は蛇やクモなどの虫、様々な動物に対する恐怖、血液・注射・外傷型は人体に関する恐怖、
自然環境型は嵐、風、雷などが恐怖の対象となります。最近の調査では恐怖症をもつ人は、
全人口の約4割前後であることが報告されていれ、女性のほうが男性の2〜3倍多いこともわかっています。

ただし、ほとんどの不安障害や恐怖症は、女性の方が男性の2〜3倍多いことが分かっているが、
社会恐怖症(対人恐怖症)に関してだけは、他の恐怖症に比べ男女での差が極めて少ない。
社会恐怖は任意の12カ月の間、女性で約9%、男性で約7%に生じそれでも若干女性の方が高いが、
社会恐怖の中で最も重症度が高いと言われる回避性人格障害になる割合は、男性の方が女性よりも
高いことが示されている。全体的に不安障害や恐怖症は明らかに女性に強く表れるが、社会恐怖に男女で
大きな差が見られないのは、女性の方が言語能力やコミュニケーション能力に優れていることが影響していると考えらる。
http://www.fuanclinic.com/byouki/sukoyaka.htm  http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch100/ch100b.html
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch100/ch100e.html


明らかに女の方が社会的に保護されてるのは明確。
女は男ほど、競争社会を生き抜く必要も無く
義務や責任を男ほど背負う必要も無く、男みたいに家族を養うことを義務付けられてるわけでも無く
男のクセに、男なんだからと我慢をしいられることも無い。
男は、女の子には優しくしなきゃダメと、子供のころから言われながら育ち
男が女に攻撃的、暴力的な態度を取ることは許されない。
逆に女が男に攻撃的、暴力的になることは、男が女に対してよりもかなり肯定される。

それにも関わらず、女は精神病になりやすいんだよ。
どんだけ精神弱いんだ。

203 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:31:50

<情緒的に繊細な女性の方が運転中にパニックに陥りやすい>

女性が情緒的に細やかなのは、脳梁の後ろの方にある膨大部が男性よりも大きいためで、
その部分の情報交換が過剰になると、情緒的なパニックに陥りやすいとも言える。
逆に危険や不安に対する反応が強ければスピードも控えめに運転して当然だ。
以上のような脳の性差を知っておけば、運転に男女間の食い違いがあっても腹が立たなくなるかもしれない。
http://web.archive.org/web/20030308012141/http://www.urban.ne.jp/home/nasucpao/tokutoku/toku11-20/toku+no.17-d.html


男女の脳の構造で大きく違うのは、「脳梁」という左右の脳をつなぐ連絡橋の太さである。
女性の脳は脳梁の膨大部が太く左右の脳の連絡がいい。
このため言語情報をはじめ、多くの情報を次から次へと流すことが可能になる。
女性がおしゃべりなのもこの脳梁の太さが原因。

ストレスを促進させるのは、脳の扁桃体という場所である。
ここは「好き・嫌い」「安心・不安」「うれしい・悲しい」「つらい」「怖い」といった
情動を判断するところで、特にマイナス面の考えをふくらませやすい。
女性はこの部分の感受性が男性の2倍あるといわれている。
したがって些細なことでも不安を覚えて自信をなくしてしまう傾向にある。

脳梁が太い女性は、男性と同じものを見ても一気に大量の情報が流れてしまうので
いろんなことを考えすぎてしまう。そのため、優柔不断になりやすい。

決断するということは何かを捨てることである。
つまり、Aという方法が成功する可能性が8割だったとき
2割の可能性を捨てることが決断するということだ。
しかし、女性はその2割がなかなか捨てられない。
その2割を捨てたために起こりうるデメリットにまで目が向いてしまうからだ。
洋服やメニューをなかなか決められないのも同じ理由。
http://www.president.co.jp/pre/20060703/003.html

204 :女は弱い:2007/02/24(土) 15:35:36

>>154-203

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 18:05:18
人類学的に考えて、女の存在価値って男の性欲処理と子供を産む事だけだろ。今の文明や科学で女が造り上げた物など何一つとしてない。全て男が作ってきた。論理的に考えて、女は男の性欲処理をする代わりに男に養われてきたと言える。異論はあるまい

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 18:35:08
貼ってる本人は楽しいだろうが、
この大量のコピペの内容について話が弾むか?
少しは考えろよ。

118 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)